香水Bizブログ

日本の香水メーカー武蔵野ワークス
香水創りのブログ (誤字脱字多し、気になる方は近づかないで欲しい)

新作香水「摩天楼」、 香りのテーマ

「摩天楼」とパチュリ


今日からパチュリについて書き綴ります。パチュリは、2011年新作香水「摩天楼」(スカイスクレイパー、都会のクールなローズ&パリュリ)の特徴的な成分です。

「摩天楼」のテーマは(都会のクールなローズ&パリュリ)ですが、ローズはあまりにも語り尽くされた感がありますので、今回はパチュリにスポットライトを当てます。

私が最初にパチュリについて聞きかじったとき「パチュリ」と覚えたので、パチュリと呼んでいますが、改めてインターネットを検索すると「パチョリ」と表記される方が多いようです。


パチュリの表記


英語は「Patchouli」。英語の発音は「パチュリ」が近いようです(アクセントが後ろにあり日本語の発音とは雰囲気が違いますが)。フランス語もどちらかというと「パチュリ」に近いようです。

パチュリの語源は、wikiさんによるとインドのタミル語で「パチャイエライ(緑の葉)」という意味らしいです。その発音は知り由もありません。

パチュリ、パチュリー、パチョリ、パチャイといろいろありますが、とりあえず、この記事では「パチュリ」で統一したいと思います。


似た香りのパチュリとベチバー


パチュリが新作香水「摩天楼」の特徴的な成分なら、一昨日まで書いていた「ブラックベチベル」の特徴的成分はベチバーです。

パチュリ(シソ科)とベチバー(イネ科)では、まったく違う植物ながら、何かと共通点があるところがおもしろいです。

何が似ているか?

まずニオイです。ベチバーの香りの「土臭い」独特な芳香について繰り返し書いてきましたが、パチュリも一言で言えば「土臭い」です。

パチュリ&ベチバーを並べて嗅ぎ比べれば違いはわかりますが、地と場所を置いて香りを嗅ぐと、パチュリを「えーとこれはベチバー」、ベチバーを「これはパチュリにそっくり」と言うかもしれません。香り初心者には案外同じ香りと認識されることもあるでしょう。

同じウッディ系統の香りですのでありえます。

どちらも、樹木(ウッディ)でないのに香水業界では、ウッディな香料に分類される点も。パチュリとベチバーの似たもの同士のゆえんです。

パチュリは「土臭い」というより「墨汁」の香りと表現されること多いようです。ほかに「カンファー」の香り、「仁丹」の香り、「龍角散」の香りという表現もインターネットで見つけました。

【製品販売サイト】
2011新作香水「摩天楼」Skyscraper(都会のクールなローズ&パリュリ)

※この記事は「香りのテーマ」
新作香水「摩天楼」、 ローズ&パチュリの力
新作香水「摩天楼」、 パチュリとは?
新作香水「摩天楼」、 パチュリの印象
新作香水「摩天楼」、 香りのテーマ

(2011-05-06)
<新作香水「摩天楼」、 パチュリの印象 | 新作香水「ブラックベチベル」#6 おすすめの使い方>
page top:▲