香水biz ブログ

( 香水工場の日常 )

年ごとに変化するローズオイルの香り

香りのブレを少なくするためのブレンド


私のような平均的な鼻の持ち主だとその差はあまり感じませんが、当社のお客様は違いがわかる方が多い。

初期の「ローズ・エッセンス コンシンのジェル」は、その年のブルガリアンローズで作ることを標榜しておりました。しかし、ダマスクローズの出来映えは毎年異なります。天然だから当然です。

ブルガリア最大のローズオイル供給組織であるブルガリアバラ研究所では香りのブレを少なくするためブルガリア中のオイルを集めてブレンドを行い出荷しています。

それでもブレはありますし、まして、個別の蒸留所さんから購入するとブレも大きくなります。

ブレを少なくするには、何年分かを保存し自社でブレンドすることです。


銀行の金庫で保管されるローズオイル?


ローズオイルは変質しないことが有名で正しく保管すれば数年程度は問題ありません。

一説に100年変化しないという人もいますし、ブルガリアでは資産的な価値が認められているため、銀行に担保や資産として何年も金庫保管されていたりします。


香りのブレも楽しむ


当初掲げた「その年のブルガリアンローズだけで作る」は香りのブレが大きく、昨年ついに断念することになりました。代わりに過去数年のブレンドオイルを使用する方針に変更しました。

まだ1年目でローズオイルの安定したブレンドを確保できない状況ですが、時間とともに香りは今よりは安定していくと思われます。

多少の香りのブレも生産地の事情を知ることになり、さらに畑に咲いていたバラの姿を空想しながら香りを確かめるのも、ローズオイルのまた違った楽しみ方です。ワイン通が生産年のブドウをウンヌンする姿に近いでしょうか。


コンシンのジェルのローズオイル


現在販売中の「コンシンのジェル」は、100mlコンテナとその他(アルミパウチ、チューブ)で使用しているローズオイルは、どちらもブルガリアンローズ(ダマスクローズ)ですが、下記のような違いがあります:

・100mlコンテナ->2009年産(2009年産のローズオイルは香りがパワフルで力強い香り)
・その他(アルミパウチ、チューブ)->過去数年のブレンドオイル(マイルドな香り立ち)

コンシンのジェルをご検討いただいている方は、好みの違いでお選びください。


ローズオイルの香りは年ごとに変化する、それも魅力
敬虔な気持ちになれるローズオイルの香り


(2011-12-19)
search
月一メルマガ

TOP