香水Bizブログ

日本の香水メーカー武蔵野ワークス
香水創りのブログ (誤字脱字多し、気になる方は近づかないで欲しい)

敬虔な気持ちになるローズオイルの香り

女性のハートを鷲づかみするローズオイル


バラの花びらから採れるローズオイルは、ご存じでしょうか?

バラの花の香りとは少し違います。パワーのある香りでゴージャスですが、ふしぎなことに敬虔な気持ちになります。

この本物の香りは世界中の女性をとりこにしますが、しかし、好き嫌いがあります。


誤解されやすい本物


さらに誤解もあります。ローズオイルの香りをかいで「これは本物ではない」と答える人は案外多いのです。

今まで一番ショックだった反応は「プラスチックのようなケミカルな臭い」や「血の臭い」、そして「農薬の臭い」と、まあ何でもありの世界です。

たしかにローズオイルの香りは、ちょっとふしぎな香りで人を欺きます。

これがローズオイルの本物の香りをそのまま生かした製品(香水やスキンケア)が非常に少ない理由ではないかと思われます。

ローズオイルを配合した製品でも原型をとどめないくらい香り付けされた製品が多いようです。本物を知る人には、まさにローズではない製品が氾濫することになります。


本物のローズオイルの香りで勝負


これが本物のローズオイルの香りだ、という製品を作りたかったのです。

そしてできたスキンケアが、コンシンのジェル

できた翌年だったと思います。その製品をハンドキャリーでブルガリアまで持っていきバラ精油工場のオーナーに見てもらいました。

フタを開けて鼻を近づけ、にっこり「This is it (間違いない) 」というオーナーの返事はうれしかったですね。

本物を愛するみなさまにご利用いただきたいと願っています。



ローズオイルの香りは年ごとに変化する、それも魅力
敬虔な気持ちになれるローズオイルの香り


(2011-12-25)
<新春香水「香りの紅白花合戦」 | 年ごとに変化するローズオイルの香り>
page top:▲