香水biz ブログ

日本の香水、国産香水・・武蔵野ワークス
香水創りと香水ビジネスの日常

12月、師走の配送は遅延も
ヤマト運輸、12月の配送量は通常の2倍 (2018/12/04)

セミナー
( ヤマト運輸のWEBサイト。「全員で届け」てくれても、配送は遅れることもある )


師走はなぜ荷物量が増える?


ズバリ、お歳暮と贈り物の季節だから。

お歳暮の習慣も、以前よりは廃れ気味ですが、その分、クリスマスギフトのような新種の習慣もでてきましたし、忘年会・クリスマス・お正月と国民的イベントが多くて、配送荷物は、自然と増えますよね。

街を走る自動車の量も最大とか。

であれば、交通事故も多いのか?と疑問をいだく読者のみなさまは、さすがに頭の回転が速い。

警察庁によると、交通事故が最も頻発する月は、12月。

(一番少ないのは、2月)


ヤマト運輸の荷物も遅れがち


上のイラストは、ヤマト運輸さんのサイトからコピーした。

キャッチコピーは「全員で届ける」。

文字通り信じる人はいないだろうが、結局、こういうスローガンは自社の従業員を苦しめることにならないかと心配になる。

(サービス産業に従事するすべての人のためにも、大企業さんがきれい事を大ボラする風潮はなくなってほしいと願う)

仮にスタッフ全員で届けてくれても、12月の配送には遅延はつきもの。

だから、日時指定可能な「宅急便」も、もしかしたら指定通りには届かないことがあります。

日時指定ができない「ネコポス」も通常より多めの日数がかかるかもしれません。

「師走」とは、師匠のような人々さえ走らせる慌ただしさ、ヤマトさんも遅れ気味なこと、ご了承願います。


トラブルになった昨年


昨年12月、ある一人のお客様から、指定日に荷物が到着しなかったと激しいクレームがあった。

遅延の原因をヤマト運輸に問い合わたが「調べて電話する」という返事のみで、ついに電話は来なかった。

この問い合わせ、コールセンターへの電話及び本社へのメールにて2回行ったが、ヤマト運輸では「それどころではない」忙しさだったのでしょう。

宅急便の日時指定は、努力目標であり保証はない、遅れることもある、がヤマトさんの無言の返事のような印象を受けた。

(はっきり、そう言ってってくれればいいのに)

今年も指定通りにお届けできないトラブルがあるかもしれない。

お客様には、このような事情をご了解いただきたく願うばかりだ。


(2018-12-04)
<ベタガードの普及度をちょっとだけ実感 | 「スノーミント」はなぜ止まった?>
page top:▲