香水Bizブログ

日本の香水メーカー武蔵野ワークス
香水創りのブログ

スノーミントの再開プラン
一年以上デッドロックしていた原料が、少量ながら入ってきた、スノーミントを再開できる! (2019/02/04)

start
( スノーミントの再開、気持ち的にはこんな感じで準備中 )


本格生産ではないが


このブログでも何度か取り上げてきた例の香料「Iso E Super」が、前触れもなく、突然入手できることになった。

ムンバイの工場が再建され、本格的な生産再開という話は、まだ聞こえてこない。

今回はスポットとして出てきた原料で、取引先の香料会社さんから、その一部を分けてもらえた。

「スポット」とは、安定した供給体制から仕入れたモノではなく、一回きりの取引という意味。

だから、次回はどうなるかわらないが、信用あるルートから出てきた原料、感謝して、分けてもらえるだけの最大限量を譲ってもらった。

最大といっても少量だが、しかし、とりあえず一定量の「スノーミント」やその他の製品を再開できるめどがたった。


調達の事情


今回は、おそらく取引先香料会社さんの "情け" だったのではないかと空想している。

というのは、この原料は、世界中で品薄、香水メーカーなら、どこも絶対に手放したくないし、余裕がある企業でも備蓄しておきたい。

当社のような、極東のローカルブランドまでは、なかなか行き渡りにくい。

それを考えれば、本当に感謝しかない。


3月1日、スノーミントの販売再開


全原料がそろったので、数日前から香料の仕込みをはじめた。

調合後、2週間程度の熟成期間を経て、ボトルへの充填となる。

工場のラインの混み具合だが、緊急にラインを開けてもらえる。

2月末までに生産、3月1日、販売再開というスケジュールを組んだ。

在庫切れの全アイテムが再開されるわけではないが、少なくとも「スノーミント」は一番長くお待たせしたので優先したい。

その他のアイテムは、スケジュールが確定したら、ブログや News に随時アップしていきたい。


ミニボトル、練り香水は生産されない


入手できた香料が少量なので、残念ながら、練り香水のスノーミントは生産見送りとなった。

ミニボトルは、現在、全般的に縮小傾向なので、こちらも製造を断念した。

申し訳ございません。





(2019-02-04)
<2019年新作「ヘルシンキ空港」 | 香りで「頑張る力」はもらえるか?>
page top:▲
search
Blog2(72), ブルガリアンローズ(24), ローズジェル(21), 花の香り(21), 香水セミナー(18), moved(18), 香水ボトル(17), 人生(17), ベタガード(16), 白檀香水(15), 練り香水(12), メンズ香水(12), ムスク(11), 香りの話題(11), 香水ビジネス(11), 銀の抗菌防臭(10), 精油(10), モテ香水(10), 『香る生活』(10), アイテム(9), ローズウォーター(7), 香水ニュース(7), 体臭(6), ベチバー(6), 香りと無関係な話題(5), スキンケア(5), 香りと健康(4), 企画・イベント(4), 調香師(パフューマー)(4), ネイルケアこまめ(4), アンチエイジング(4), アロマテラピー(4), お茶(4), 廃盤&復刻(4), 使い方(3), 店舗(3), 香水の悩み(3), 香水カグー(3), 香辛料(3), OEM(3), コスメ名言(3), メルマガ(3), 安眠と香り(3), 感想(3), 化粧品原料(3), お客さま投書(3), ブランド(2), 使用期限(2), 動画(2), 5月の贈り物(2), Amazon(2), 香料(2), sns(2), スモカワ(2), ローズ香水(2), 香水の販促(2), エコ・プロジェクト(1), 香水「摩天楼」(1), スリーピングミスト(1), 沈香(1), 香水月桃(1), 悪臭(1), モバイル(1), ローズマリー(1), ろうばい(1), 犯罪(1), ローズの贈り物(1), 香水の取り方(1), ユリ(1), ハニーサックル(1), プチギフト(1), フェロモン香水(1), 商品開発(1), 社内風景(1), 香水展示会(1), 香水市場(1), 検索ワード(1), スピリチュアル(1), 香水の落とし方(1), お酒と香水(1), 嗅覚(きゅうかく)(1), ジャスミン(1), シャワージェル(1), マスコミ(1), 香木系の香り(1),