香水Bizブログ

日本の香水メーカー武蔵野ワークス
香水創りのブログ (誤字脱字多し、気になる方は近づかないで欲しい)

香水 Summer リリース
限定商品から定番へ (2020/04/01)

フレグランス summer
( 香水 Summer )





夏の限定企画としてスタートしたSummer


香水「サマー(Summer)」は、数年前に夏限定でリリースした香り。

好評だったので、翌年も夏限定でリリース。

そして、今年、2020年の新作として、レギュラーアイテムに昇格しました。


ユズ香水、開発の話


この香りは、ユズの精油が特徴的に使われている。

ユズは、この数年、人気の精油で、コスメ業界では、ややブームとなっていた。

香水やフレグランスへの応用というより、ハンドクリームやリップクリーム、お風呂でのバスコスメ・入浴剤などの製品がショップの棚を賑わせていたことは記憶の方もおられるかも。

Summer は、そんなユズ人気にあやかろうと企画された製品ではない。

よいユズ精油を入手できたから企画された。

四国・高知県の四万十川中流域でユズ精油を生産している精油所さんに取材に行き、品質が良いユズ精油を拝見してから、ユズ香水を創りたいと考えていた。

あれは2014年のことだから、もう6年も前の話。

その後、先に話した穏やかなユズブームが来で、逆にこのタイミングでユズ香水ってのも、ブームに乗りたいだけのように思われるのも悔しくて、製品化は前向きでなかった。


ユズブームも安定期へ


ここにきて、ユズブームも安定した雰囲気となってきた。で、静かにユズ香水のリリースとなった。

ユズは、一口で言えば、シトラス・柑橘系。まったく珍しくはない香りだが、ユズは、同じシトラスでも日本的な印象が特徴。

ユズの原産は、これまた、中国らしいが、四万十のユズ精油工場さんの話では、中国では、ユズという柑橘類の植物自体があまりなく、認知もされていないとか。

逆に中国や韓国からユズ精油の買付が来るという話だった。

ユズ精油買付の目的は、もちろん、香水ではなく、食品への応用。

和的な高級食材のイメージではないだろうか。


Summer の香り


ユズの香りが最初に来る。単一のユズでなく、ハーブとスパイスが一緒に来る。

ユズの爽やかさ、とともに果皮の苦味やクローブのようなスパイスの軽いパンチが心地よい。

甘さはない、逆に土っぽさが、ナチュラル感・現実感として大人の雰囲気である。

そして、「シュワッとする感覚」というスタッフもいる。

一人のスタッフはスメリングで、「ショウガを食べたときのようなホットさ」を感じると言っていた。

私にはホット感はないけが、スパイスの軽いパンチが心地よいのではないかと理解した。


ユズ・ラベンダー・白檀のアコード


香りの特徴として、ユズの香りにプラスして、ラベンダーの微かな甘みが優しい。

そして、重要な成分としてのサンダルウッド(白檀)精油。

サンダルウッドは、前面にこそ出てこないが、香り全体を下支えしている。

作者のパフューマーは、Summer は「ユズ・ラベンダー・白檀のアコード」を想定して制作したとのこと、なるほど納得する。

ナチュラルなのに、現代的で都会的なオシャレ感がある香りだ。

昔のおしろい系の香りがお好きな方には、共感が少ないと思われるが、現代風のナチュラルな爽やかさを好む人には好まれるかもしれません。

フレグランス summer
( ユズ&シトラスの香り )


当社の既存の香りでは「花火」に近いだろう。

違いは、シトラスが直線的に香る「花火」に対して、天然素材だけで制作されたかのような自然な香りの「Summer」。

当社のことをご存知の方には言うまでもないが、当社に "天然信仰" はない、"天然100%香水"も、あまり制作しない。

Summer も天然100%ではない、それでもこのナチュラル感、半端でない。

Summer は男性に使いやすいメンズグループに入れたいが、当社の製品らしく女性にも使いやすいと思う。甘くないので、自分をキリリとさせたい女性にもオススメする。

なお、この製品も当社の香水らしく、飛びやすく、とことん残るタイプの香りでない。

いつまでも香りを残したい持続性と残香性を好む方には、おすすめしない。



オードパルファム「Summer」(サマー・夏)
・リリース:2020年4月1日
・25mLフルボトル(3,800円)
・4mLキューブボトル(880円)
・1mLキューブボトル(183円)


(2020-04-01)
<コロナの影響:在庫切れ予想 | 5月の贈り物「芍薬」>
page top:▲