香水Bizブログ

日本の香水メーカー武蔵野ワークス
香水創りのブログ (誤字脱字多し、気になる方は近づかないで欲しい)

5月の贈り物「芍薬」
香水のテーマになりやすい花シャクヤク、5月の贈り物でお目見え・・ (2020/03/09)

芍薬の花
( ピンクのシャクヤク、豪華ですね。シャクヤクは一重もあるが、やはり八重のイメージが強い )


今年の「5月の贈り物」は?


今年のテーマが決まりました。

「芍薬」

花のシャクヤクをテーマにした香り。

当社の年中行事に慣れないお客様は「5月の贈り物」って、なんだ?と思われるでしょう。

すみません、毎年、5月に新作の香りを「5月の贈り物」というネーミングでリリースしているものです。

原則、毎年違った香りですが、評判が良いものは、それが後日、レギュラーの製品になるケースがあります。


ボタンとセットで語られがちなシャクヤク


シャクヤクを語るときに必ず出ることわざ:

「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」

シャクヤクとボタンは花が似ているので、私は区別が、今ひとつつかない。

英語では、シャクヤクは「ピオニー」(peony) だが、ボタンも英語では「ピオニー」(peony)。

ほら、海外の人も区別がつかないようだ。

ただ、ボタンは低木性の植物で、草花であるシャクヤクとはガタイが違う。

中国の古い古書などではボタンのことを「木芍薬」と書いてあるそうで(wikipedia 牡丹)、花の見た目が似ていることは、古今東西同じ印象を与え続けているようだ。

シャクヤクは垂直に伸びる傾向があり、ボタンは横に枝を出すとか書いている人がいて、なるほど、シャクヤクは立っている姿、ボタンは座っている姿に見えるのか、と納得した。

で、歩く姿がユリってのはどうかは、ここでは問わない。


シャクヤクの香りは?


シャクヤクは、一重もあれば、八重もある。

赤い花もあれば、白もピンクも紫もあってバリエーション豊富。

で、香りはというと・・ボタンと違っていろいろある。

ただし、香りがしない個体もある。

そして、その香りも、これまたバリエーションありあり。

シャクヤクの香りに感動した話は去年も書いた → 綺麗すぎるシャクヤクの香り

しかし、これはあくまでもシャクヤクの一つの香りである。

土壌やによっても違った香りになるようで、キンモクセイやジンチョウゲのように「これがシャクヤクの香り」という香りはないと思う。

芍薬の花
( 2015年、神代植物公園 )



欧米の香水ブランドが好む花シャクヤク


実は、香水のテーマとしてシャクヤクは、香水ブランドさんに、とっても好まれる傾向がある。

あなたがお好きな香水ブランドさんに「ピオニー」という製品ありませんか?

ローズ同様、香水のテーマになりやすい。

なぜ?

ローズは、有史以前から憧れの香りだったし、香料が採取できるので、香水になる理由が手にとるようにわかる。

しかし、シャクヤクは、「これがシャクヤク」という香りがはっきりしない。

香料も採れない。

(たぶん。シャクヤクの根は漢方薬として流通しているが、香料は聞かない)

しかも、中国原産のシャクヤクは、欧米で普及してまだ歴史は浅い。

中国では、ボタンは、別名「花王」や「百花の王」と呼ばれる。

圧倒的な存在感と優雅さゆえだろう。

欧米の人々も、シャクヤクやボタンの優雅さ・美しさ・存在感に魅了されているに違いない。

香水にすれば、ポジティブなイメージ、明るく楽しいイメージが、ネーミングだけで、先行的に伝えることができる。

欧米のパフューマーさんは、お花の香りをそのまま再現する調香をやりたがらない傾向がある。

だから、特徴がない香りのピオニーは、イメージ香水として、どんな香りにでもできる。

花の豪華なイメージと、自由な創作性が可能なピオニーは、パフューマーの制作意欲を刺激するのだろう。

当社は、今回はじめてピオニーに参入することになった。


(2020-03-09)
<香水 Summer リリース | ローズマリーを収穫してきた>
page top:▲