香水Bizブログ

日本の香水メーカー武蔵野ワークス
香水創りのブログ (誤字脱字多し、気になる方は近づかないで欲しい)

マスク・デュー 作ります
「デュー」は「しずく」の意味 (2020/04/28)

マスク・デュー
( マスク・デュー )


マスクのニオイ対策、マスク・デュー


マスクのニオイが気になるとき、精油をちょちょいと付ける、と、あらふしぎ、ニオイがなくなる!気がする。

実際、テストしてもらった全員が OK サイン。

精油の殺菌効果のためだと思う。

それに心癒される香りがいい。

マスク・デューを制作し、お配りしたいと思っております。


ネーミングは?・・マスク・デュー


最初は、「マスク・スプレー」というネーミングにした。

しかし、スプレー容器が、品薄でなかなか入手しにくい状況で、一滴・二滴と落とせる容器を採用することに。

となると「マスク・スプレー」ではマズイ。

滴(しずく)という意味では「ドロップ」でいいのではと考えた。

しかし、「マスク・ドロップ」にしたら、どうもキャンディをイメージする人が多い。

昭和の子どもたち御用達、サクマドロップと重なる。

うーん、それは年齢やや高めの人だけではないか、と思いきや、『火垂るの墓』の影響は大きかった、全世代型のイメージとの意見も。

畏敬の念を感じずにはおれない映画『火垂るの墓』には近寄れない、ドロップは止めて、同じ滴(しずく)で、もう少し小粒なイメージの「デュー」となった。


成分は、完全植物由来


今回制作するマスク・デューは、ラベンダー精油とオレンジ精油をエタノールで10%に希釈しただけのシンプルな処方。

当社が使用するエタノールや、食品として使用されるエタノールは、通常トウモロコシやサトウキビ絞り汁を発酵して作られる。

精油をよく溶かしてくれるし、自身は植物由来なので、基材として使いやすいが、欠点はズバリ、「アルコールのニオイ = お酒のニオイ」。

アルコールが強く感じられる場合は、アルコールが飛ぶまで、数分、待ってほしい。


マスク・デュー(マスクのしずく)


【タイトル】
・(植物精油による) 気になるマスクのニオイ対策・・Mask Dew (マスク・デュー)

【使用方法】
・マスク外側の下の方に数滴、ちょこんとお付けください

【注意】
・付け過ぎたり、鼻の近くに付けると香りが強すぎて酔いますので、おやめください
・マスク・デューを付けた直後、エタノールが強く香る場合は、落ち着くまで少しお待ち下さい

【成分】
・植物精油 (ラベンダー精油、オレンジ精油など)
・植物由来エタノール



配布開始は6月から?


突貫でもいいから早く作りたいが、工場のラインを開けてもらう必要があるので、手作りのように今日明日、というわけにはいかない。

お許し頂きたい。

詳しい配布日程・配布条件は、詳細決まり次第、本ブログに再アップいたします。


【関連記事】
・販売ページ:(数量限定) マスクデュー5mLボトル
(2020/05/16) マスクデューの配布プラン
[本記事](2020/04/28) マスクデュー 作ります
(2020/04/22) 手作りマスク・スプレー

(2020-04-28)
<5月の贈り物 (芍薬) ミニ、終了しました | ラブ・ラベンダー が復活する?>
page top:▲