香水Bizブログ

日本の香水メーカー武蔵野ワークス
香水創りのブログ (誤字脱字多し、気になる方は近づかないで欲しい)

マスクだけでない、品薄時代
むしろ、今までが少し異常たった? (2020/05/10)

売切れ
( 10年通うコーヒー屋さんで売切れ続出、こんなのはじめて )


納豆がない!?


数日前、スーパーに買い物に行くと、あれ、買いたかった納豆がない。

3月に納豆が「コロナに効く」というデマが回って以来、棚からなくなりがちなのだとか。

ニュースでは、バナナが品薄または価格高騰だとか、こちらは航空便の減便の影響だろうか。

キッチンペーパーもない、体温計もない、エタノールもない・・

在庫切れや品薄はマスクだけでなく、いろいろなものに飛び火している。


コーヒーも売切れ?


スーパーの後は、10年以上通う雑貨屋さんにコーヒー豆を買いに行く。

いつも買っているブレンドのケースには「SOLD OUT」のステッカーが貼られていた。

この豆だけでなくショーケースは「SOLD OUT」のステッカーだらけ、10年通ってもこの光景ははじめて。

店員さんに聞くと、こちらはテレワークの影響らしい。

ただし、「数日で再入荷します」と言われた。

おお、そういえば、私はビールを箱買いしているが、いつも積み上がっていた箱が、最近はまったくないこともある。

お酒もコーヒーも家飲みが増えているようだ。


商品は時々なくなる、も自然な姿


日本ではスーパーの棚は、あふれんばかりの商品で埋め尽くされているものだが、海外に行けば、そうでもない国も多い。

しかし、そういう日本も、スーパーの棚がいつもすずなり商品であふれる光景は、わずかここ半世紀の話。戦後しばらくは大変だったらしい。

絶え間なく商品で埋め尽くされた棚は、生産・運輸・小売の人々による絶え間ないエネルギーを消耗するし、環境負荷もそれだけ高い。

ときに品薄という現象もナチュラルなことではないかと思う。


エタノールがないと当社は危ない


香水のメインの成分はエタノール、エタノールに香料を溶かしたものが香水である。

エタノールは、現在、入手が困難な物資の一つになっている。

ということは、我社も一大危機に陥っているのではないかと不安を感じる。

現状、当社のエタノール調達は、納期が長くなっているが、まだ問題はない。

が、この先、コロナ騒動が収束しないと、どうなるのか、と夢に出てくることがある。

しかし、これも自然の摂理と感じる部分はある。

ダメなときはダメ、そこまで逼迫する状況になれば、戦後の闇市同様、なんらかの闇ルートもできるだろうよ、と感じている。

(闇ルート経由の原料を使うことはないにしても、ウソでもルートがあるということは、モノはどこかにあるという証拠)

その時はその時、と今はまだ気持ちに余裕あり、である。


(2020-05-10)
<5月の花が咲いている | 5月の贈り物 (芍薬) ミニ、終了しました>
page top:▲