香水Bizブログ

日本の香水メーカー武蔵野ワークス
香水創りのブログ (誤字脱字多し、気になる方は近づかないで欲しい)

うんち寺?
香りと糞尿臭の深い関係 (2020/09/02)


( 「temple of poop」(うんち寺) = コンポストトイレ image via zeltini )



「temple of poop」(うんち寺)


おもしろい記事を読んだので、ご紹介 →

人間の排泄物も無駄にしない。花の香りが吹き込むコンポストトイレ

'temple of poop' is a compost toilet

コンポストとは堆肥。糞尿をバクテリアなどの発酵で堆肥に変えるトイレ。

北欧ラトビアの「zeltini」社が制作したトイレ・ユニット。

その名は「temple of poop (テンプル・オブ・プープ)」。

poopはうんち。temple = お寺は、意味を間違えている気がする。

もしボクが日本で同じようなトレイを開発中で「church of poop (チャーチ・オブ・プープ、うんち教会)」と命名したら、ヨーロッパの人は、ちょっとchurchの意味を間違えていると指摘されそう。

でも、今日はそのへんは問わない。

特徴は、屋根の花壇と堆肥生産システム。

自然の中で、美しい景色を眺めながら、おもいっきりサスティナブルに排泄!というコンセプト。

すばらしいの一言である。

糞尿を堆肥にするアイデアは昔からあった。

我がニッポンでは、糞尿を堆肥にするだけでなく、江戸時代には、商品として流通させていたのだから、循環社会(サスティナブル)先進国だった。


臭いがなくなるコンポスト


コンポストは、微生物の力で有機物を発酵させる。

うまく行くと嫌な臭いは、なくなり無臭となる。そして、ブツは、さらさらの土のようになる。

それを屋根の花壇に利用しようという発想で、その花壇の香りを室内に取り込む吸気口も設置してある。


( 花壇から空気を吸入し、顔に吹きかける、どうかな?・・ image via zeltini )



予想される問題点


ここからは、この記事を読んで、ボクが感じたこと。

すばらしいコンセプトだが、いろいろ問題を感じる。

花壇の香りを取り込むっていっても、香りが薄すぎてどうかなと思った。

堆肥を屋根まで上げる労力も厳しい、いろいろありそう。

建築コストは、個人では厳しいだろう・・ネガティブなことを言えばキリがない。

しかし、最大の心配は、うまく発酵してくれるかどうか。

たぶん、生とのお付き合いになる。

逆にここの部分の覚悟さえあれば、あとの部分は、それほど問題でないかもしれない。


糞は宝


昔どこかで読んだ記事に、奥多摩に移住して田畑を自分で耕す家族の話があった。

畑に使う肥料は一家のマイ糞尿。

都会育ちの奥さんは、それが最初嫌だったが、糞で育てた野菜のおいしさ・香りの強さにすっかり魅了される。

スーパーでは野菜を買わなくなったこと、そして、今では「糞を捨てることがもったいない」とまで言っていたこと。

記憶に残った。


香りの対極にある糞尿のニオイ


このブログでも何度か取り上げているが、糞尿に含まれるインドールやスカトールといったニオイ成分は、実は香水の重要な原料でもある。

(香水に糞尿が配合されるという意味ではない、糞尿から採取された成分が配合されるという意味でもない、お下品な空想は、絶対にしないでほしい)

インドールやスカトールは、ジャスミンやユリなどの花の香りにも含まれる成分である。

香りの奥深さ、そして、セクシーさの演出に、インドールやスカトールは、他では代えがたい役割を果たすことがある。

「香り」の対極にあるはずの「糞尿の臭い」が、実は花や香水の重要な香りの元だとは驚き。

本当は、もっとよく観察しニオイを確かめるべき対象かもしれない、とたまに思う。



(2020-09-02)
<止まっていたVOICEの再開 | Bon Scent ヘアオイル>
page top:▲