香水Bizブログ

日本の香水メーカー武蔵野ワークス
香水創りのブログ (誤字脱字多し、気になる方は近づかないで欲しい)

ヘアオイル Bon Scent の話
こんな感じのヘアオイル (2020/08/30)


( 滑舌が今ひとつな国分がお届け.. [動画:4分54秒] )


金木犀キャンペーンのプレゼント「Bon Scent」


今年の金木犀キャンペーンプレゼントはヘアオイル「ボンセント」となった。

この辺の事情は、先のブログ新ヘアオイル、ボンセント ( Bon Scent )に書かせてもらった。

サロンさんで販売するとしたら、容器はもっと豪華にしないといけないが、中身的には、2千~3千円程度のクオリティーとなるだろう。


特徴1:ほぼ植物オイル


メイン成分は、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル。

これにオリーブオイル、ホホバ、アルガンオイルなどをブレンドした。

カプリル酸やカプリン酸とは、ココナッツから採れる脂肪酸で、近年では「MCT = 中鎖脂肪酸」として話題性がある。

中鎖とは、分子構造の話だが、分子サイズが、やや小ぶりということ。

食べると、消化しやすく、エネルギーになりやすく、ダイエットに効くなどと喧伝されている。

とはいえ、今回商品化しているボンセントは、食べ物や飲み物ではない、飲まないでほしい(念のため)。

日清オイリオさんが、数年前から、MCTオイルをプロモートしているので、注目度が上がってきているようだ。

コスメ業界では、以前から "クセが少なく使いやすいコスメ原料" としてよく使われている。


特徴2:香り


ボンセント(Bon Scent)は、よい香りという意味。

香り付けは、ローズマリー、ラベンダー、オレンジ、ユズの精油で行った。

天然精油なので、香水のようにメリハリがある香り立ちではないが、付けたとき、幸せが瞬間的に舞い降りる。


特徴3:あえてノン・シリコン


特徴の3番目は、シリコン無配合。

これは、メリットであり、デメリットである。

シリコンは、髪の毛をサラサラにする効果の点では最強だ。

シャンプー、リンス、トリートメント・・これらで、シリコン無配合という製品は多くない。

数年前、ノン・シリコンのヘアケアが流行した。

しかし、髪の毛をサラサラにする成分って、シリコンに勝るものはない。

大ブランドさんは、このブームで、どう動くかな、と見守っていたが、まったく動じなかった。

沈黙を守り、粛々とそれまでのシリコン入り製品を曲げることなく販売し続けた。

それだけ、様々な点でシリコンは支持されているということだろう。

ボンセントは、シリコンを配合していないので、配合製品と比較すると、ベタベタ感は避けがたい。

しかし、髪の毛や地肌にシリコン皮膜ができないので、植物オイルは、吸収されやすく、髪の毛にはツヤ・コシが増す。地肌を守る効果は言うまでもない。

そういう部分はメリットである。


使い方


・タオルドライした髪の毛に適量をなじませてからドイヤーで乾かす

・シャンプーの前に頭皮に塗布してマッサージ後、いつも通りにシャンプー

・乾いた髪の毛のスタイリング剤として

・スキンケアとして全身に


オイルの廃棄方法


・使い切れず不要になった場合、オイルは新聞紙などにたらして、燃えるゴミとしてお出し下さい
・オイルはよく燃え、有害な成分は発生しません


成分


トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、ブドウ種子油、ホホバ種子油、スクワラン、オリーブ果実油、アルガニアスピノサ核油、ラベンダー油、オレンジ果皮油、ローズマリー葉油、ユズ果実油、トコフェロール




(2020-08-30)
<うんち寺? | パンフの話>
page top:▲