香水Bizブログ

日本の香水メーカー武蔵野ワークス
香水創りのブログ (誤字脱字多し、気になる方は近づかないで欲しい)

量産に矛盾する天然モノ
量産に矛盾する天然モノ、超ヒット商品は出しにくい。

マクドナルド社の食材消費量は半端ではなく新商品を開発する際、それが生態系に影響を与えないことが重要だと聞きます。

たとえば、ある魚で新商品を出そうする。全世界のマック3万店舗で毎日365日売り続けても供給可能かどうか、可能としてそれが生態系にどのような影響を与えるのか、環境問題まで絡んでくると考えると、選択可能な食材は限られてきます。



ある取材で、コンシンのジェルの目標出荷数を聞かれました。

生産力はいくらでも上げられますが、ブルガリアローズ・オイルという天然オイルの生産量は全世界で年間1トン〜1.5トンです。

わずかこれだけの量を世界の化粧品会社と食品会社で分けることになります。自ずとブルガリアンローズ・オイルの製品で超ヒットを企てることは不可能なことがわかります。

大企業さんがブルガリアローズ・オイル配合の化粧品をリリースしても期間限定にしたり、大きなプロモーションを打って大型商品に育てようとしない理由はそこにあります。

当社の場合、環境的・政治的に考慮して最大年間出荷目標数を30万個に設定しています。

工業製品としては、けなげなビジネスプランです。リリースした今年は遠く及びませんが、何年かして運良く達成できたら、そこで打ち止めです。それ以上は増産しません。




(2006-10-31)
<香辛料は奥が深い | 返答に窮するメール>
page top:▲
search
Blog2(72), ブルガリアンローズ(24), 花の香り(21), ローズジェル(21), moved(18), 香水セミナー(18), 人生(17), 香水ボトル(17), ベタガード(16), 白檀香水(15), 練り香水(12), メンズ香水(12), 香水ビジネス(11), ムスク(11), 香りの話題(11), 銀の抗菌防臭(10), 『香る生活』(10), 精油(10), モテ香水(10), アイテム(9), ローズウォーター(7), 香水ニュース(7), ベチバー(6), 体臭(6), スキンケア(5), 香りと無関係な話題(5), 調香師(パフューマー)(4), 香りと健康(4), アンチエイジング(4), ネイルケアこまめ(4), アロマテラピー(4), お茶(4), 廃盤&復刻(4), 企画・イベント(4), 香水の悩み(3), 香水カグー(3), 使い方(3), 店舗(3), 香辛料(3), メルマガ(3), 化粧品原料(3), お客さま投書(3), 安眠と香り(3), 感想(3), コスメ名言(3), OEM(3), スモカワ(2), 使用期限(2), 香料(2), 5月の贈り物(2), sns(2), ブランド(2), 香水の販促(2), 動画(2), ローズ香水(2), Amazon(2), 沈香(1), ユリ(1), 悪臭(1), 香水月桃(1), お酒と香水(1), スリーピングミスト(1), 香水「摩天楼」(1), エコ・プロジェクト(1), 犯罪(1), ローズマリー(1), ハニーサックル(1), 検索ワード(1), ジャスミン(1), 香木系の香り(1), 香水の取り方(1), ローズの贈り物(1), 香水の落とし方(1), モバイル(1), 香水市場(1), 香水展示会(1), マスコミ(1), 嗅覚(きゅうかく)(1), 社内風景(1), 商品開発(1), プチギフト(1), フェロモン香水(1), スピリチュアル(1), シャワージェル(1), ろうばい(1),