香水Bizブログ

日本の香水メーカー武蔵野ワークス
香水創りのブログ (誤字脱字多し、気になる方は近づかないで欲しい)

ビタミンE、"有添加化粧品"の実力
「有添加化粧品」というコトバを聞いたことがありますか?

グーグルとヤフーで"有添加化粧品"というワードで引いても一つも上がってこないところをみると、おそらくネットでは私がはじめて使用するコトバなりそうです。

超カンタンに、化粧品の作り方を解説すると、

「ベースに有効成分を溶かすこと」。

これだけです。

ベースとは、ローションですと水、クリームですとオイルなどです。

有効成分とは、ビタミンやアミノ酸やQ10などです。

つまり、すべての化粧品が「有添加化粧品」です。

化粧品である以上、すべて化粧品は有添加化粧品ですから世界のブランドやちゃんとした化粧品メーカーなら自社製品を「無添加化粧品」と呼ぶことはありません。



ところで、手作りビタミンオイルを試作しました。

ホホバオイル、オリーブオイル、大豆油、マカデミアナッツ、小麦胚芽油の混合オイルにトコフェロールを5%添加したオイルでもって、自分の四十肩にすり込むテストをしています。一回0.3g程度を指先に取り、直径5cmの範囲で朝夕患部に塗ります。

激しい痛みで手を上げられない状態でしたが(3ヶ月以上)、一週間程度で腕が上がるようになる回復ぶりです。まだ後ろに回せませんが、この調子なら行けそうな気配です。この一例をもってトコフェロールが関節炎に効く、などという主張をすることはサラサラありません。

また、四十肩オイルを開発して売り出そうなんているケチは仕込みでもありませんからご安心ください。それに若干湿疹が観察されますので副作用もありそうです。

この試験は抗酸化成分として有効なトコフェロールをオイル製品に多用したいのが第一の目的です。しかし、トコフェロールにはひどい独特の薬品臭があります。さらにオイル状のトコフェロールはそれ自体は肌に塗ると重たくベタベタになります。

薬事法で許される範囲で高濃度にトコフェロールを添加したいと考えている私には大きな問題です。そこで匂いのマスキングと感触をよくするテストを繰り返しているとき、自分の苦しい四十肩に処置してみたらどうよ?と思いついた次第です。

トコフェロール(ビタミンE)以外にも添加したい成分候補がまだいくつかあります。ビタミンC誘導体やカロチノイドなど。アスタキサンチンは現在チューインガムとして開発中ですが、特許の関係で当社が化粧品に使用することは不可能です。

有添加化粧品の実力は、時間をかけて読者のみなさんに報告していく予定です。
(2007-07-09)
<シングルフローラルの香り | 日本の精油、ヒバ油>
page top:▲