和の香水

FLORAL 4 SEASONS EAU DE PARFUM

  1. ホーム
  2.   >  製品ラインナップ
  3.   >  和の香水
  4.   >  葛の花

葛の花[ Kuzu ]

グレープジュースのような香り

グレープジュースのような香り、パウダリーな甘い香り

配合成分

香水 = エタノール、香料

  • フルボトル(25ml・スプレー

    ¥3,800(税込)

  • キューブボトル(4ml・軸タイプ

    ¥770(税込)

※送料:全国一律 180円(ネコポス)、350円(宅急便)、フルボトルは[宅急便]での配送。5,000円以上で送料無料

おしらせ:キューブ(4mL) のスプレー不良に関して

香りの特徴とタイプ

香りの説明

葛の花

クズはマメ科の植物でツルを巻き付けながら茂みの中で花を付けます。

クズの根には良質なデンプンが蓄えられるため、葛粉として古来より食料として利用されてきました。

また、葛根という生薬の原料にもなるため案外身近な植物です。

クズは "秋の七草" の1つ、クズの花は初秋に開花し周囲に甘い芳香を漂わせます。

クズの花は、紅紫色の無数の小花が集まって咲く様子が、ちょうど葡萄の房を思わせるだけでなく、その芳香も葡萄ジュース(グレープジュース)のような甘美な甘さが印象的です。

オードパルファム「葛の花」は、パフューマーが旅行で青森の海岸を歩いているとき、甘い芳香に導かれ、崖一面を覆う葛の花を発見したことから開発がはじまりました。

本製品は、その時の驚きと感動を元に制作された香りです。

香りのタイプ

  • フルーティ:3
  • フローラル:2
  • グリーン:1

香りのタイプについて

香りの変化

  • トップノート:グレープ、レモン、カシス、グリーンノート etc.
  • ミドルノート:グレープ、ミュゲ、ローズ、シナモン etc.
  • ボトムノート:グレープ、ミュゲ etc.

原料ポリシーについて

男性度・女性度

  • 男性度:1
  • 女性度:3
  • トータル評価:やや女性よりのユニセックス

おすすめ評価

  • おすすめ度:3
  • トータル評価:おすすめします!だたし、お好きな方とそうでない方に分かれます。

製品のタイプについて

フルボトル(25ml・スプレー)

フルボトル(25ml・スプレー)

  • フローラル・フォーシーズンズ 25mLシリーズの香水瓶(ネジ式)です。
  • ミスト・スプレータイプ。
  • 女性の手のひらにちょうどなじむフォルムと大きさ。ボトル高58 x 幅45 x 奥22mm
  • 噴霧量・吐出量:ワンプッシュ0.07ml
  • 使用回数:約360プッシュ
  • ( 写真は、ボトル形状をお知らせするためのもの、同じシリーズの写真 )

キューブボトル(4ml・スプレー)

キューブボトル(4ml・スプレー)

  • フローラル・フォーシーズンズ 4mlシリーズの香水瓶(ネジ式)です。
  • ミスト・スプレータイプ。
  • 小さくカワイイ(スモカワ)フォルム。ボトル高28 x 幅23 x 奥14mm
  • 噴霧量・吐出量:ワンプッシュ0.04mL
  • 使用回数:約100プッシュ
  • ( 写真は、ボトル形状をお知らせするためのもの、同じシリーズの写真 )

お客様の感想・レビュー

秋に森の中の道路を走っている時に、風に乗って少し土臭くも甘くてスッとする香りが漂ってきて忘れられず、同じ香水を探していたところ、武蔵野さんの「葛の花」の香水にたどり着きました。動くと風と一緒ににおう程度の量をつけると、森の中にいるようでとても気に入っています。

葛の花を少量加えマイルドに仕上げたら一気に女性的になり、これから予定しています朱印集めの旅のお供にします。日本の薫りをありがとうございます。

葛の花は、緑の香りとブドウの香りがとても自然に感じられます。 特に緑の香りが他のどのグリーンよりも落ち着きます。 レモンと交じるとバスクリンっぽくもあります。 香りに気負ったり興奮したりすることなく、純粋に、ああ、いい香りだ~と心が安らぎます。 寝る前に付けると幸せな気持ちになりぐっすり眠れました。

その他の感想・レビュー

香水アドバイザーのささやき

失敗しそうなポイントや誤解されがちな注意点を香水アドバイザーが辛口コメント。ご購入時の参考にご利用ください。



このページでは「グレープジュースのような香り」と表現しているが、より具体的には『ファンタ グレープ』のような香りだ。

小さい頃、好きな炭酸飲料だったので、この香水をはじめて試したとき、驚き、そして懐かしかった。

本製品が醸し出すグレープジュースのような香りは、実際のクズの花にそっくりである。よいできばえと思っている。

しかし、問題はこんな香りを香水として使いたい人が存在するか、という純粋にマーケティング上の疑問があった。

そこで、製品開発ミーティングの場で私は「売れない」と断言した。

が、フタを開けると、驚くことに案外善戦しているではないか!

香りの嗜好は、個人ごとに違うが、たしかにいろいろな価値観、様々な好みがあるんだなと学ばされる。

こちらの香水もオススメ