和の香水

FLORAL 4 SEASONS EAU DE PARFUM

  1. ホーム
  2.   >  製品ラインナップ
  3.   >  和の香水
  4.   >  柑橘系

柑橘系[ Kankitsukei/Kay ]

シトラス

はじける柑橘の香り

配合成分

香水 = エタノール、香料

  • フルボトル(25ml・スプレー

    ¥3,800(税込)

  • キューブボトル(4ml・スプレー

    ¥770(税込)

※送料:全国一律 180円(ネコポス)、350円(宅急便)、フルボトルは[宅急便]での配送。5,000円以上で送料無料

おしらせ:キューブ(4mL) のスプレー不良に関して

香りの特徴とタイプ

香りの説明

シトラスの香り

愛称は、Kay(ケイ)。新鮮な夏みかんの皮をむくとき周囲を満たす爽やかな香りは至福のひとときです。

香水「柑橘系」は、シシリーレモン・イタリアンベルガモットなど柑橘・シトラスの天然精油をメインに調香しました。柑橘そのものの香りを楽しめる香水です。

シトラスオイルは果物本来の自然な香り立ちが特徴ですが、すぐに消失する点が香水原料としての難点です。

シトラス特有の揮発を穏やかにしシトラス本来の爽やかさを引き出しました。

柑橘の匂い立ち、渋み、果肉のフルーティさの凝縮をお楽しみください。ユニセックスとして男女ともにご愛用いただけます。

香りのタイプ

  • シトラス:3

香りのタイプについて

香りの変化

  • トップノート:シシリーレモン、ブラジル産オレンジ、アルゼンチン産マンダリン、メキシコ産ライム etc.
  • ミドルノート:ジャスミン etc.
  • ボトムノート:ホワイトムスク etc.

原料ポリシーについて

男性度・女性度

  • 男性度:3
  • 女性度:3
  • トータル評価:ユニセックス

おすすめ評価

  • おすすめ度:3
  • トータル評価:おすすめします!だたし、お好きな方とそうでない方に分かれます。

製品のタイプについて

フルボトル(25ml・スプレー)

フルボトル(25ml・スプレー)

  • フローラル・フォーシーズンズ 25mLシリーズの香水瓶(ネジ式)です。
  • ミスト・スプレータイプ。
  • 女性の手のひらにちょうどなじむフォルムと大きさ。ボトル高58 x 幅45 x 奥22mm
  • 噴霧量・吐出量:ワンプッシュ0.07ml
  • 使用回数:約360プッシュ
  • ( 写真は、ボトル形状をお知らせするためのもの、同じシリーズの写真 )

キューブボトル(4ml・スプレー)

キューブボトル(4ml・スプレー)

  • フローラル・フォーシーズンズ 4mlシリーズの香水瓶(ネジ式)です。
  • ミスト・スプレータイプ。
  • 小さくカワイイ(スモカワ)フォルム。ボトル高28 x 幅23 x 奥14mm
  • 噴霧量・吐出量:ワンプッシュ0.04mL
  • 使用回数:約100プッシュ
  • ( 写真は、ボトル形状をお知らせするためのもの、同じシリーズの写真 )

お客様の感想・レビュー

ずっと探していた柑橘系の香りを身にまとえて最高にハッピーです。オレンジベースの柑橘系はあまり市販されていなくて,妥協の香りを身にまとっていました。アマゾンで見つけたのが,武蔵野ワークスさんの商品で今回はまさしく私のお気に入りNo1になりました。

なんとなく付けたくなる香りで、気がついたら毎日付けてました。 爽やかに上品に香るのがたまりません。トップの目が覚める柑橘類まんまの香りから、ほんのりジャスミンが混ざる上品な香りにシフトします。

自分が気に入った匂いは「すみれ」「柑橘系」です。海外製の香水とは違い、きつくなく、優しい匂いだと思います。人によっては不快になってしまう香水もこちらなら安心してつけられるのも嬉しいです。

その他の感想・レビュー

香水アドバイザーのささやき

失敗しそうなポイントや誤解されがちな注意点を香水アドバイザーが辛口コメント。ご購入時の参考にご利用ください。



このコーナーは、自社製品の弱点やネガティブ面をお知らせすることも目的だが、この製品に関して言えば、自分が好きだから一方的にオススメしたい。

私が試した世の中の柑橘香水・シトラス香水でイチオシと思う。これ以上の柑橘系を私は知らない。

しかし、そもそも柑橘・シトラスの香りが苦手な方にはハナからおすすめできない。

また、柑橘系香水も、とことん「本物シトラス搾りたて」の香りを探されている方も、残念ながら、そこまでリアルではない。

そういう部分を期待される場合は、たとえば、レモンをかじれば、真の柑橘系が味わえるが、香水では厳しい。

この製品は、あくまで香水としての柑橘系の香りであることをご注意いただきたい。

あと、これも好みの分かれ目だが、ムスクも多少配合されている。

ムスクがないと香りの残り方が淡泊で、あっというまに飛び去ってしまう。

欧米の製品は、私たち日本人からすると、強烈にパワフルなムスク・アレンジされているものが多いが、そこまでのパワーはない。

控えめなムスクである、しかし、ムスクは、それなりに感じられる。嫌いな方もおられるので、念のためお知らせしたい。

こちらの香水もオススメ