香水biz ブログ

( 香水工場の日常 )

調香実習拝見#1 香りの調香実習
ある専門学校の調香実習を見学
-------------------------------

先日雨の中、とある専門学校の見学に行ってきました。パフューマー(調香師)のための調香実習がある学校で、それは希有な存在。昔から一度話を聞きたいと思いつつ数年、ようやく実現しました。

東京バイオテクノロジー専門学校

「DNAコース」や「医薬品開発コース」「醸造発酵コース」など文字通り生命科学に関する多彩なコースの中の一つ「化粧品開発コース」に目的の調香実習があります。

東京大田区、京浜急行「梅屋敷」駅下車。10分程度海岸の方向に向かってる歩くと辿り着きます。対応頂いた職員の方に自己紹介などして教室に向かいます。

教室に入った瞬間、バラの香りの制作実習であることはすぐにわかりました。

馴染みのある香りで、職員の方から「ちょっと匂いがきついですが」と言ってドアを開け入室を勧められましたが、もちろん、嫌いなはずがありません。

慣れた香りだし懐かしい匂いです。教室は豊かな香りで充満していました。

・フェニルエチルアルコール
・ゲラニオール
・シトロネロール
・ネロール

これらはバラの香りの主成分です。バラだけでなく花全般で観察される成分です。豪華にしてふくよか、恍惚とした香りです。

教室内では、白衣姿の7〜8名の学生さんがスケール(デジタル秤)の上の小瓶になにやら香料を数滴落としてムエットで匂いを確認する作業が続いていました。これも見慣れた風景です。世界中で見ることができる普通の調香光景ですよね。

若いパフューマー達の感性を激しく刺激する香り作りがまさに進行中でした。

(続く・・・)

この記事は#1
調香実習拝見#8 パフューマー余談話
調香実習拝見#7 問合せの返答
調香実習拝見#6 パフューマー就職率
調香実習拝見#5 パフューマーの適正
調香実習拝見#4 ビジネスの現実
調香実習拝見#3 実践トレーニング
調香実習拝見#2 激動する教育界
調香実習拝見#1 調香実習
(2009-11-23)
search
月一メルマガ

TOP