香水biz ブログ

( 香水工場の日常 )

調香実習拝見#6 パフューマー就職率
パフューマーはひそかに人気の職業?
-------------------------------

世界のパフューマーを多く輩出する香水の本家フランス。しかし、フランスでもパフューマーへの道は狭き門と聞きます。

フランスでは、パフューマー稼業はそもそも多くの場合、世襲で受け継ぐファミリービジネスの傾向があり、一方、化粧品会社や香料会社のパフューマー募集枠は世界的に縮小傾向にあることが難点です。

そのためヨーロッパ、特にフランスやイタリアなど伝統的にフレグランスビジネスが盛んな地域では、独立系のパフューマリーや化粧品会社、あるいか香り関連コンサルティング会社を立ち上げる若き事業家パフューマーたちも多く存在します。

独立系パフューマーによる新興ブランドも続々と生まれています。現在、香水業界はメゾンフレグランスの全盛期を迎えていますが、それはこういう独立系パフューマーの活動とも重なります。


日本でもパフューマーを目指す方がおられます。日本もフランス同様、化粧品会社さんのパフューマー募集枠は少ないため、独立する方がむしろ現実的かもしれません。企業に就職するにしろ、ベンチャービジネスを起こすにしろ、最初の一歩は、プロや専門家にある程度の指導を受けることがおすすめです。

それは正しい知識を得るためだけでなく、業界との接点・コネクション・パイプを獲得する早道だからです。

今回見学させていただいた調香実習は「化粧品開発コース」の中のコースであり、所属する学生さんたちの勉学はパフューマーの勉強だけではありません。化粧品開発に必要な化粧品原料や皮膚科学や分析技術・品質管理など広範囲に学び、就職も化粧品や香料会社など幅広いとのことです。


(続く・・・)

この記事は#6
調香実習拝見#8 パフューマー余談話
調香実習拝見#7 問合せの返答
調香実習拝見#6 パフューマー就職率
調香実習拝見#5 パフューマーの適正
調香実習拝見#4 ビジネスの現実
調香実習拝見#3 実践トレーニング
調香実習拝見#2 激動する教育界
調香実習拝見#1 調香実習

(2009-11-28)
search
月一メルマガ

TOP