香水biz ブログ

( 香水工場の日常 )

新年への抱負#3 手仕事工場

オール手仕事からちょっとだけアップグレードしたい


一方、当社の香水工場。製品の製造は超多種品・超少量生産、全行程が手仕事です。

まして、神経系にあたるデジタルネットワークは、電話&メールの実質的にアナログ系、急を要する場合は工場長に泣きを入れて割り込みで生産ライン確保。

これも職人芸の一つといえば言えないことも。

あくまで「人間系」「人情系」。リアルタイムな在庫管理や情報伝達、リアルタイムな需要予測など夢の夢です。

システムにサポートされない運用は、仮に職人芸的在庫管理の番頭さんがいたとしても、在庫切れの発生は免れないものです。

が、一方では、なんとブランド全体が「限定」を醸し出すイメージにもなったりして、この希少価値が逆にブランドの価値を上げている部分が否定できないところが、悩ましくも痛し痒しの部分です。

試験的に参加したQVCを撤退しから1年以上経過しますが、未だかかってくる電話では、お客様に「なぜ止めたんですか?」「もうオンエアないんですか?」という質問を何度となく受けています。

しかし、QVCのテレビショッピングに当社が出演するということには、それが好きかどうかは別として、構造的に無理がありました。

・売れない日のオンエアは巨大な商品在庫となり社業をシビアに圧迫します。
・売れた日のオンエアは30分で1000本程度行ってしまいますから、それも社業を圧迫しました。

つまり、どうしたってテレビ通販向きではなかった。

当社のロジスティックスといえば、工場で完成した製品は「よっこらしょ」と手で持ち上げて台車に乗せて人の手で倉庫に運ばれます。多めの在庫は東村山の倉庫へ。

それも夏場になれば自社工場の薄暗いエリアへ移動。すべて手仕事。まずは足腰の鍛錬が必要というのも香水ビジネスには不似合いですが、まあ実状なんです。

この手仕事風景は、のどかで味わいもあるのですが、少量すぎる生産にはいろいろ問題があります。品質の安定性という部分の悩みだけでなく、ビジネスの規模に由来する問題です。

仕入れやロジスティックスの効率性からスケールの拡大にひた走る世界のメジャーコスメやメジャートイレタリー会社流がすべて良いこととは思えません。

しかし、ある程度の規模とプレゼンスがないことにはよい商品を作り続けられない現実を噛みしめています。

巨大ビール工場を眺めてながらそんなことを考えていました。

来年は生産規模を少しだけビッグにアップグレードする抱負を描いています。

来年とはいえ、あれ、もう明日に迫りましたね。・・・



今年一年、お客様、そしてこのブログを読んでくださった読者の方々に心よりお礼申し上げます。

素敵な年末年始をお過ごしください。


この記事は#3

#3 手仕事工場
#2 回り続ける輪転機
#1 巨大ビール工場

(2009-12-31)
search
月一メルマガ

TOP