香水Bizブログ

日本の香水メーカー武蔵野ワークス
香水創りのブログ (誤字脱字多し、気になる方は近づかないで欲しい)

白檀、一時休止とリニューアル
長年、ご愛用いただいた「白檀」の香りが少しだけ変わります (2019/06/08)

サンダルウッド(白檀)
( オードパルファム「白檀」 )



「白檀」一時休止とリニューアルのおしらせ
・販売休止:在庫が切れ次第(1ml/4mlはすでに在庫切れ)
・リニューアル:2019年9月1日
・新名称:「白檀2019」(Sandalwood 2019)


人気の「白檀」


当社の「白檀(サンダルウッド)」は、白檀の香りをテーマとした香水で、2004年にリリースされました。

(15年前ですね。長い間、販売しているんだな)

白檀らしい香りを重視し、そこに墨の香りを加味した、とっても和的な印象の香水です。


香水と白檀オイル


香水には、案外、白檀オイルが隠し味やその他の目的で使用されています。

香りの持続性をよくしたり、セクシーさの演出でも、ムスクとはまた違った味わいが出せる原料であり、たいへん人気があります。

ところが、白檀オイルの香りを比較的そのままストレートに出している香水は、あまり多くないようです。

たとえば、"白檀香水" のカテゴリーでリリースしてるものでも、白檀の香りがしないものも多く、その分、当社の「白檀」は珍しいのか、おかげさまで好評をいただいております。


「白檀」一時休止


このブログでも、何度かお伝えしていますが、近年、原料の調達が厳しさを増してきており、それが原因で、製品そのものが廃盤になるケースも増加中です。

実は「白檀」も一部の原料が、調達不可能となり、数年前から、やがてこの製品はリニューアルせざるを得ないことはわかっていました。

その「一部の原料」は、白檀オイルのような主要な原料でないため製品そのものの廃盤でなく、リニューアルという形になりました。


リニューアルは、くせ者


しかし、リニューアルってなかなか、くせ者なんです。

当社製品内では非常に人気がある香りで、リピートのお客様が多いだけに、ちょっとでも香りが変わると、お客様を失う可能性があります。

(実に悩ましい)

本当は、このままこの香りを守り続けたいというのが本音。しかし、仕方ありません、原料が手に入らないのですから。

現行の製品は、これを書いている6月8日の時点で、キューブとミニボトルがすでに在庫切れ、あと25mLのフルボトルが多少残っていますが、これが終了すると「白檀」は販売休止となります。


「白檀」リニューアル


処方を組み直す作業は終了しています。香りを確かめましたが、ほぼ「白檀」の香りながら、ほんの少しライトなテイストになりました。

しかし、リピートのお客様には、ひどく変わった印象を受ける方もおられるのではないか、と予想しています。

(香りが変化しない場合でも、何かのはずみで、「香りが変わった」と感じる人は、香水の場合、常に一定数存在しますので)


また、処方が若干変化したことを明示するために、ネーミングも変更します:

(日本語表記) 「白檀」 → 「白檀2019
(英語表記)  「Sandalwood」 → 「Sandalwood 2019」




「白檀」一時休止とリニューアルのおしらせ
・販売休止:在庫が切れ次第(1ml/4mlはすでに在庫切れ)
・リニューアル:2019年9月1日
・新名称:「白檀2019」(Sandalwood 2019)




リニューアル・アナウンス遅れのお詫び


近年では、転売目的のバイヤーさんも多く、リニューアル・アナウンスだけで買い占めが起きるケースがあります。

本来なら、半年や1年くらい前にはアナウンスしたかったのですが、お許しください。


【関連記事】
白檀2019、リリース (2019/08/31)
一時休止とリニューアル (2019/06/08)



(2019-06-08)
<「白檀 2019」ラベル案アンケート | 綺麗すぎるシャクヤクの香り>
page top:▲