和の香水

FLORAL 4 SEASONS EAU DE PARFUM

  1. ホーム
  2.   >  製品ラインナップ
  3.   >  和の香水
  4.   >  白檀2019

白檀2019[ SANDALWOOD ]

和テイストの白檀の香り

男性/女性用オードパルファム「白檀」(サンダルウッド)。白檀をベースにレモン、墨でアレンジ。
※本製品は、長年ご愛顧いただいてきた「白檀(サンダルウッド)」の後継商品です。

配合成分

香水 = エタノール、香料

  • フルボトル(25ml・スプレー

    ¥3,800(税込)

  • キューブボトル(4ml・スプレー

    ¥880(税込)

  • ミニボトル(1ml・ノンスプレー

    ¥183(税込)

  • 練り香水(3.8g・ねりこ

    ¥630(税込)

※送料:全国一律 180円(ネコポス)、350円(宅急便)、フルボトルは[宅急便]での配送。5,000円以上で送料無料

香りの特徴とタイプ

香りの説明

サンダルウッドの樹木

白檀の香りは世界中の人々から愛されるオリエンタルな香り。

白檀精油は、インドなど熱帯地方に生育する白檀の樹木から抽出されます。

武蔵野ワークス「白檀」は、白檀の神秘的で落ち着く香りを、なるべく損なわないよう、かつ現代的でおしゃれな香りに仕上げました。

ほのかにレモンと墨を感じさせるトップノートから、白檀を中心としたウッディな香りが漂います。かすかなジャスミンの香りを内包しつつ、落ち着いたラストノートへと香り立ちます。

心鎮まる香りをご堪能ください。

本製品は、長年ご愛顧いただいてきた「白檀(サンダルウッド)」の後継商品です。

香りのタイプ

  • ウッディ:3
  • グリーン:2
  • 0

香りのタイプについて

香りの変化

  • トップノート:レモン、墨、白檀 etc.
  • ミドルノート:白檀、檜、パチョリ、ベチバー、ジャスミン etc.
  • ボトムノート:白檀 etc.

原料ポリシーについて

男性度・女性度

  • 男性度:3
  • 女性度:3
  • トータル評価:ユニセックス

おすすめ評価

  • おすすめ度:3
  • トータル評価:おすすめします!だたし、お好きな方とそうでない方に分かれます。

製品のタイプについて

フルボトル(25ml・スプレー)

フルボトル(25ml・スプレー)

  • フローラル・フォーシーズンズ 25mLシリーズの香水瓶(ネジ式)です。
  • ミスト・スプレータイプ。
  • 女性の手のひらにちょうどなじむフォルムと大きさ。ボトル高58 x 幅45 x 奥22mm
  • 噴霧量・吐出量:ワンプッシュ0.07ml
  • 使用回数:約360プッシュ
  • ( 写真は、ボトル形状をお知らせするためのもの、同じシリーズの写真 )

キューブボトル(4ml・スプレー)

キューブボトル(4ml・スプレー)

  • フローラル・フォーシーズンズ 4mlシリーズの香水瓶(ネジ式)です。
  • ミスト・スプレータイプ。
  • 小さくカワイイ(スモカワ)フォルム。ボトル高28 x 幅23 x 奥14mm
  • 噴霧量・吐出量:ワンプッシュ0.04mL
  • 使用回数:約100プッシュ
  • ( 写真は、ボトル形状をお知らせするためのもの、同じシリーズの写真 )

練り香水・ねりこ

練り香水(3.8g)

  • 練り香水とは:スキンケアクリームのようなクリーム状の基材に香りを溶かし込んだフレグランスです。指先に少量とり腕などの地肌にお付けください。穏やかに香り立ちが特徴です。
  • スティック容器は持ち運びにも便利(※写真は大きく見えますが、リップクリーム容器大です)。
  • 香水製品と同じ中身(香料)ですので、同じ香りですが、多少違った香りに感じられる場合があります。またアルコールとともの揮発する香水と違って、練り香水の香りは、華やかさは欠けます、香りの持続時間は長くなります。

お客様の感想・レビュー

ねりこの白檀は、初めて嗅いだとき、まさに運命の出会いだと感じました。

まさに、遺伝子に刻み込まれているかのような なんとも懐かしい香り。

仕事中も、ねりこ本体をクンクン嗅いでしまいます。笑

爽やかで、白檀の香りが好きな人にはいい香りだと 思います。イメージは高級感漂う紳士な中年男性に似合いそう。でも、20代後半~からの上品で落ち着いた雰囲気の女性や知的な女性にも似合う香りだと思います。

ミニボトルの蓋を開けたとたん、ノックアウト?されました!! 檸檬や白檀 パチュリの香りの中に あまやかに香る花の香り

その他の感想・レビュー

香水アドバイザーのささやき

失敗しそうなポイントや誤解されがちな注意点を香水アドバイザーが辛口コメント。ご購入時の参考にご利用ください。



白檀の英名はサンダルウッド。当社では白檀もサンダルウッドも同じ意味で使用している。

ビャクダンの木材を水蒸気蒸留すると精油が採取できる。これが高価な白檀精油だ。その香りは、深く心静まる。しかも「セクシー」さを感じさせる世にも不思議なオイルだ。

人々に愛され、5千年とも4千年とも言われる。お香の原料となり、仏壇の木材として利用されてきた理由にも納得する。

しかし、ビャクダンの樹木は採取できるまでに50年かかる。事業的にはとても厳しい。なので、30年程度で収穫する事業者も多く、白檀精油の品質は、近年、弱り気味である。

世界最大の産地であるインドでは、伐採・販売などの規制強化が厳しくなり、品質の未熟さだけでなく、入手そのものが困難になりつつある(高いカネをだしても、そもそも入手できない状況になりつつある)。

サンダルウッド(白檀)について深く知りたい方には、私が書き綴ったこちらのブログを一読されれば、白檀の凄さと歴史的な実情を感じ取ってもらえるかも → サンダルウッド物語

白檀の香りをメインにした香水は希少である。なぜなら、精油の完成度が高いだけに、香水として存在意義があるのか、という矛盾が悩ましいからだろう。

当社のオードパルファム「白檀」は、そんなチャレンジングな製品である。

本製品は、白檀精油の香りを全面に出しているが、本当に白檀精油のままの香りを求める方には、ご不満もあるかと思われる。白檀精油には絶対にかなわない点は認めざるを得ない。

白檀精油のままの香りを求める方は、香水はあきらめて、白檀精油を購入されて、自分でアルコールに溶かすなりして、自作香水を作られた方が賢明だろう。

白檀精油でなく、香水がほしいという方には、当社の『白檀2019』は、やはり、おすすめしたい。なぜなら、世の中の白檀香水は、おおむね白檀の香りが感じられないものが多く選択肢はない。