香水Bizブログ

日本の香水メーカー武蔵野ワークス
香水創りのブログ (誤字脱字多し、気になる方は近づかないで欲しい)

ローズジェル復刻の続報
2月1日から販売します・・ (2020/01/05)

ブルガリアンローズ ローズジェル
( 本物のブルガリアンローズをどうぞ!・・と言っても、お好きかどうか・・・ )


製造日が決まった、1月14日


前回の「ローズジェル、復刻300個」のその後の経過報告です。

おかげさまで、すべての資材も入手でき工場のラインも押さえた。

今回製造してもらう工場は、スキンケアの少ロット生産ができる工場さんにスポットで依頼した。

今回、私は製造現場に行けない、そのかわり工場長が立ち会う。


練り方がポイント


このローズジェルは、練り方に特殊なノウハウがあって、練りすぎると「ジェル」から「クリーム」に変化する。ここが一番の心配だ。

これは社内のノウハウ、説明すると長いので、簡単に言えばこんな感じである・・

オムレツは、火が完全に通った卵より、ふわとろ半熟の方はおいしい。ローズジェルも、練りすぎない方がローズの香り立ちが華やかだし輝く。

(理由はわかんないけど)

これが当社ローズジェルのウリだと信じている。ただし、ジェルからクリームになったとしても、スキンケアとしての効能に変わりはない。

むしろ、クリームになった方が油分にパワーが付くので、スキンケアとしては、こちらがやや有利かもしれない。


2016年製のブルガリアンローズ・オイル


今回使用するローズオイルは2016年製。

ブルガリアの蒸留所さんから直接引いてきた上物である。実はここ数年では、2017年が当たり年だったが、この2017モノは量を集められなかった。

「え、2016年の古いオイル使うの?」と思ったアナタ、違いますよ。

本物のローズオイルは、100年経っても酸化しないし、劣化しない。

あちらでは銀行融資の担保にもなる。担保になったローズオイルは、銀行の金庫に何年か入れられても価値が落ちないんだな。




ところで、3点、みなさまに、お願いがあります。


(1) パッケージはナシ


外箱がない。透明フィルム・シュリンクのみでお出しすることにした。

ローズジェルは、配合成分が本物のブルガリアンローズ・オイルだけに、内容的にはプレステージ帯のコスメに相当するが、外箱がない。

プレステージコスメに付きものの金銀パールの外箱は作らなかった。


(2) 個数制限:お一人さま 2個まで


この製品のファンは多くないが、中には熱いファンの方がおられて、一度に50個、100個と購入されたこともある。

(なんでも親戚・郎党一同で分けるとのことだった)

それを考えると、限定300個は、軽く壊滅する、それが恐ろしくて、ここは個数制限させてもらうことにした。

(熱いファンの人、すみません!)

お一人様2個までで、よろしくお願いしたい。


(3) メルカリ転売ヤーの方へ


メルカリ転売ヤーさんは「限定モノ」が大好き。

しかし、これは特殊な製品だ、しかもフェイスクリーム、ロイヤルティーがないと一般の人は買わない、メルカリで売っても売れないと私は思う・・ですので、お願いしたい。


ローズジェル販売ページ
限定ローズジェルのできばえ (2020/02/13)
ローズジェル復刻の続報 (2020/01/05)
ローズジェル、復刻300個 (2019/12/14)


(2020-01-05)
<2019年の人気ランク | 「コンビニ決済」が攻撃されている>
page top:▲