香水biz ブログ

( 香水工場の日常 )

サンダルウッド物語#2

世界のサンダルウッド事情


古来より銘木の誉れ高い樹木に「黒檀」と「紫檀」があります。

それらはチークやマホガニー、ウォールナットのように硬く重く、虫などに浸食されない耐久性と木目の美しさから、最高級木材として珍重され、仏像や仏壇、贅沢な調度品などに利用されてきました。

同じく仏像や仏壇などに利用された木材が「サンダルウッド」です。

サンダルウッドの耐久性は黒檀・紫檀に及びませんが、その代わり甘く深い芳香を放ちます。


そのままで香る木材・サンダルウッド


香木は多くの場合、火にくべたり焚いたりして熱を加えないと香りを発しないため、お香や線香に加工されてはじめて香りを楽しめます。

しかし、サンダルウッドはそのままで香る香木です。正倉院に納められたサンダルウッドの仏像は現在でも香ります(だそうです、私は試したことがない!)。


千年香るサンダルウッド


そのことから「サンダルウッドは千年香る」と言われます。要は何年香るかわからないといのが実情です。

サンダルウッドの香りの実体は、木材に含まれる精油(エッセンシャル・オイル)です。サンダルウッドの数珠や扇子をお持ちの方も多いでしょう。

扇ぐ度に奥ゆかしい香りを漂わせるサンダルウッドの扇子は、中国や日本で古来より貴婦人たち御用達のオシャレ小物です。


サンダルウッドの多様な呼び方


サンダルウッドの英語名は「Sandalwood」。フランス語では「Santal」(サンタル)。

インドのメジャーな言語・ヒンディーでは「チャンダン」。

日本語では「サンダルウッド、ビャクダン、白檀、サンタル、チャンダン」と非常に多彩な呼び名で呼ばれます。愛用者が多いことの証です。


原産地


サンダルウッドの産地として、現在では世界的にインドが圧倒的に有名ですが、原産地はインドネシアとされています。

サンダルウッドはインドネシア、オーストラリアなどで産出されるほか、ニュージーランド、ハワイ、フィジー、ニューカレドニアなど太平洋諸島には広く生息しています。


(続く・・・)

サンダルウッド物語 #7
サンダルウッド物語 #6
サンダルウッド物語 #5
サンダルウッド物語 #4
サンダルウッド物語 #3
サンダルウッド物語 #2
サンダルウッド物語 #1


香水「白檀」(Sandalwood)

(2009-05-17)

TOP