和の香水

FLORAL 4 SEASONS EAU DE PARFUM

  1. ホーム
  2.   >  製品ラインナップ
  3.   >  和の香水
  4.   >  ホワイトフリージア

ホワイトフリージア[ White Freesia ]

フローラルな花の香り

花束を胸に抱いた時のよな心地よさ

配合成分

香水 = エタノール、香料

  • フルボトル(25ml・スプレー

    ¥3,800(税込)

  • キューブボトル(4ml・スプレー

    ¥770(税込)

※送料:全国一律 180円(ネコポス)、350円(宅急便)、フルボトルは[宅急便]での配送。5,000円以上で送料無料

おしらせ:キューブ(4mL) のスプレー不良に関して

香りの特徴とタイプ

香りの説明

シトラスの香り

白いフリージア、ホワイトフリージア。南アフリカ原産。

アヤメ科の植物の例に漏れず、剣状の葉が天に向かって垂直に伸びる姿がすがすがしい花。

海岸などで群生し、いっせいに花を咲かせる様は海辺の美しい風景となります。

フリージアは、黄色い花が多いのですが、白色やピンクなどのフリージアもあります。

香りは、甘美なフローラル。若々しく初々しい香りです。

フローラル・フォーシーズンズ「ホワイトフリージア」は、ホワイトフリージアの花束を胸に抱いた時の心地よさを表現しました。

花から漂う香りは、透明感があり、奥にのぞかせる爽やかなシトラスノートが特徴です。

ローズとグレープフルーツのアコードを核に、シアーフローラルノート(透明感があるフローラル)とオゾンノートを合わせました。

レモン、オレンジ、マンダリン、ライムを少量加えることで爽やかさをプラス。

グリーン感とともにナチュラルな香に仕上がりました。

「ホワイトフリージア」は「フリージア」の後継版です。

香りのタイプ

  • フルーティ:3
  • フローラル:3
  • グリーン:1

香りのタイプについて

香りの変化

  • トップノート:グリーンノート、グレープフルーツ、レモン、オレンジ、マンダリン、ライム etc.
  • ミドルノート:ローズ、グレープフルーツ、ホワイトフローラル、シアーフローラルノート、オゾンノート etc.
  • ボトムノート:ローズ etc.

原料ポリシーについて

男性度・女性度

  • 男性度:1
  • 女性度:3
  • トータル評価:ユニセックス

おすすめ評価

  • おすすめ度:3
  • トータル評価:おすすめします!だたし、お好きな方とそうでない方に分かれます。

製品のタイプについて

フルボトル(25ml・スプレー)

フルボトル(25ml・スプレー)

  • フローラル・フォーシーズンズ 25mLシリーズの香水瓶(ネジ式)です。
  • ミスト・スプレータイプ。
  • 女性の手のひらにちょうどなじむフォルムと大きさ。ボトル高58 x 幅45 x 奥22mm
  • 噴霧量・吐出量:ワンプッシュ0.07ml
  • 使用回数:約360プッシュ
  • ( 写真は、ボトル形状をお知らせするためのもの、同じシリーズの写真 )

キューブボトル(4ml・スプレー)

キューブボトル(4ml・スプレー)

  • フローラル・フォーシーズンズ 4mlシリーズの香水瓶(ネジ式)です。
  • ミスト・スプレータイプ。
  • 小さくカワイイ(スモカワ)フォルム。ボトル高28 x 幅23 x 奥14mm
  • 噴霧量・吐出量:ワンプッシュ0.04mL
  • 使用回数:約100プッシュ
  • ( 写真は、ボトル形状をお知らせするためのもの、同じシリーズの写真 )

お客様の感想・レビュー

「ホワイトフリージア」はお花というより柑橘系ですね。リアルな生花の香りを求める方には物足りないかと思いますが、私は大好きです。単純な柑橘系よりも苦味がなくて女性らしいので。

清楚なのにエレガント。どんな年代の方にも合いそう。爽やかな香りだと思います。 母がとても気に入っていました。次はフルボトルで買うと言っています

『ホワイトフリージア』についてですが、こちらは咲き始めのフリージアの瑞々しい香り。でもやっぱりシトラスが強く出ました。 朝の目覚めに嗅ぎたい香り。溌剌としたイメージ。 個人的には、フルーツの香りがもっと多ければ楽しいのにな、と思いました。単調な香りはつまらないかもしれませんが、瑞々しいフルーツの香りはとても魅力的だと思います。

その他の感想・レビュー

香水アドバイザーのささやき

失敗しそうなポイントや誤解されがちな注意点を香水アドバイザーが辛口コメント。ご購入時の参考にご利用ください。



当社には、フリージアの香りとして「フリージア」と「ホワイトフリージア」があった、過去形である。

「フリージア」が販売終了となり、現在では「ホワイトフリージア」のみを販売している。

フリージア自体、お客様から香り制作のご要望がとっても高い花だった。

フリージアの花は、春の高揚感を感じさせる香り。とってもよい香りで、実際に花の香りをかぐと、心の感動スイッチを押されてしまう香りだ。

思い入れがある人が多いだけに、香水であの香りの再現は不可能だろう。

私自身、自社・他社のフリージア香水で「これは!」という製品には出会えていない。

よって、どこまでも本物に近い香りを求める方には「ホワイトフリージア」を自信を持ってオススメすることはできない、残念。

しかし、「フリージアの雰囲気が味わえる香水」という程度に許容の範囲が広い方なら、ぜひお試しいただきたい。

「ホワイトフリージア」の香調は、全体的に素直なフローラルで優しい。

一点、気になる点は、シトラス・柑橘系の香りもそれなりにでているので、お気に召されない方もいるかもしれない。

こちらの香水もオススメ