和の香水

FLORAL 4 SEASONS EAU DE PARFUM

  1. ホーム
  2.   >  製品ラインナップ
  3.   >  和の香水
  4.   >  ジャスミン

ジャスミン[ Jasmine ]

ジャスミンをそのまま香水に

ジャスミンの花そのままの香り、ナチュラル感

配合成分

香水 = エタノール、香料

  • フルボトル(25ml・スプレー

    ¥3,800(税込)

  • キューブボトル(4ml・スプレー

    ¥770(税込)

※送料:全国一律 180円(ネコポス)、350円(宅急便)、フルボトルは[宅急便]での配送。5,000円以上で送料無料

おしらせ:キューブ(4mL) のスプレー不良に関して

香りの特徴とタイプ

香りの説明

桃の香り

初夏の夜、ふと、闇の中で香りを放出するジャスミンの花に出会うと足を止めてしまいます。

幻想的で官能的な香りが、ジャスミンの香りの特徴。

花の姿はたいてい見えませんが、まるでジャスミンは、ここで咲いているよ、と主張しているようです。

現実を忘れてしまいそうな甘美な香りにひとときの幸福感が全身を駆け抜けます。

フローラル・フォーシーズンズ「ジャスミン」は、香りがよいジャスミンの代表的品種マツリカやソケイなどをベースにジャスミンの優しい香りに仕上げました。

香水として手を加え過ぎず、ジャスミンの花が本来もっているナチュラルなテイスト・甘美さを大切にしました。

素朴で自然なジャスミンの香水をお探しの方にオススメです。

香りのタイプ

  • フローラル:3
  • グリーン:1

香りのタイプについて

香りの変化

  • トップノート:グリーンノート、ジャスミン etc.
  • ミドルノート:ジャスミンサンバック、ジャスミン、イランイラン、ミュゲ etc.
  • ボトムノート:ジャスミン、ムスク etc.

原料ポリシーについて

男性度・女性度

  • 男性度:1
  • 女性度:3
  • トータル評価:ユニセックス

おすすめ評価

  • おすすめ度:3
  • トータル評価:おすすめします!だたし、お好きな方とそうでない方に分かれます。

製品のタイプについて

フルボトル(25ml・スプレー)

フルボトル(25ml・スプレー)

  • フローラル・フォーシーズンズ 25mLシリーズの香水瓶(ネジ式)です。
  • ミスト・スプレータイプ。
  • 女性の手のひらにちょうどなじむフォルムと大きさ。ボトル高58 x 幅45 x 奥22mm
  • 噴霧量・吐出量:ワンプッシュ0.07ml
  • 使用回数:約360プッシュ
  • ( 写真は、ボトル形状をお知らせするためのもの、同じシリーズの写真 )

キューブボトル(4ml・スプレー)

キューブボトル(4ml・スプレー)

  • フローラル・フォーシーズンズ 4mlシリーズの香水瓶(ネジ式)です。
  • ミスト・スプレータイプ。
  • 小さくカワイイ(スモカワ)フォルム。ボトル高28 x 幅23 x 奥14mm
  • 噴霧量・吐出量:ワンプッシュ0.04mL
  • 使用回数:約100プッシュ
  • ( 写真は、ボトル形状をお知らせするためのもの、同じシリーズの写真 )

お客様の感想・レビュー

ジャスミンは夜寝るときにつけるのが好きです。

ずっと探していたジャスミンティーの香りに一番近いものでした! 更にここのジャスミン、セルジュルタンス アラニュイとトップノートがそっくりでしたが、ミドル以降の香りは、こちらの方が変化があって好みでした。

非常に上質なジャスミンの香りで始まる。甘すぎないスキッとしたジャスミンとすぐにイランイランが香るがイランイランも甘すぎず、とても良いです。と、思ったのですがイランイランよりもミュゲが強く感じられることがある。 香りの飛びが早いのが残念

その他の感想・レビュー

香水アドバイザーのささやき

失敗しそうなポイントや誤解されがちな注意点を香水アドバイザーが辛口コメント。ご購入時の参考にご利用ください。



ジャスミンそのままの香りに仕上がっている。

本製品は、ジャスミンの精油 (正確にはジャスミン・アブソリュート) を使用し、ワイルドな部分を少し洗練させた。

反面、香水としては「もう一ひねり欲しい」という意見もあるだろう。

ジャスミンは、香水の歴史にも必ず登場する花の一つ。

香水の元祖と言ってよいくらいで、ジャスミンやローズの花の香りを装いたいという女性の欲求が、香水を生み出す原動力になった部分がある。

それだけ憧れの香りだったわけで、この香りを花から抽出するための試行錯誤が、そのまま植物から天然香料を抽出する採油技術の歴史ともなっている。

そんなジャスミンだが、欧米ブランドさんの製品には、ジャスミンそのものの香水は多くない。

パフューマーが、そのままの花の香りを作りたがらないからではないか。

「それはクリエーションではない」と感じるパフューマーもいるようだ。

パフューマーは、芸術家・アーティストなので、創作・クリエーションを重視する人が多い印象を受ける。

それがリアルなジャスミン香水が少ない背景かもしれない。

当社「ジャスミン」は、ジャスミンの生花に近い。

そんな香水が欲しい方にはおすすめして問題ないと考えている。

しかし、Amazonのお客様だったか、「観光地で売っている安っぽい香水」という方もいた。

そういう感想を抱く方もおられることはお伝えしたい。