和の香水

FLORAL 4 SEASONS EAU DE PARFUM

  1. ホーム
  2.   >  製品ラインナップ
  3.   >  和の香水
  4.   >  菖蒲の葉

菖蒲の葉[ Shobu ]

アロマテラピー系のグリーン&ウッディな香り

ショウブの葉のハーバルな香り、グリーン&ウッディ

配合成分

香水 = エタノール、香料

  • フルボトル(25ml・スプレー

    ¥3,800(税込)

  • キューブボトル(4ml・スプレー

    ¥770(税込)

※送料:全国一律 180円(ネコポス)、350円(宅急便)、フルボトルは[宅急便]での配送。5,000円以上で送料無料

おしらせ:キューブ(4mL) のスプレー不良に関して

香りの特徴とタイプ

香りの説明

「菖蒲の葉」は、ナチュラルさを重視するため、花やハーブ、樹木の天然香料を主体に香りの配合を組んだアロマテラピー系・天然系の香りです。

柑橘系やハーブの香りを主体としたシトラスフレッシュな香調と森林のウッディなテイストがミックスした香りです。ジンジャーのスパイシーな香りがアクセントになっています。

ナチュラルな香りは、男女ともに落ち着く香りとしておすすめします。

香りのタイプ

  • ウッディ:3
  • グリーン:2
  • シトラス:1

香りのタイプについて

香りの変化

  • トップノート:レモン、シトロネラ、ユーカリ
  • ミドルノート:ジンジャー、ローズ、ゼラニウム
  • ボトムノート:シダーウッド、サンダルウッド、ガイアックウッド etc.

原料ポリシーについて

男性度・女性度

  • 男性度:3
  • 女性度:2
  • トータル評価:やや男性よりのユニセックス

おすすめ評価

  • おすすめ度:3
  • トータル評価:おすすめします!お好きな方とそうでない方に分かれます。

製品のタイプについて

フルボトル(25ml・スプレー)

フルボトル(25ml・スプレー)

  • フローラル・フォーシーズンズ 25mLシリーズの香水瓶(ネジ式)です。
  • ミスト・スプレータイプ。
  • 女性の手のひらにちょうどなじむフォルムと大きさ。ボトル高58 x 幅45 x 奥22mm
  • 噴霧量・吐出量:ワンプッシュ0.07ml
  • 使用回数:約360プッシュ
  • ( 写真は、ボトル形状をお知らせするためのもの、同じシリーズの写真 )

キューブボトル(4ml・スプレー)

キューブボトル(4ml・スプレー)

  • フローラル・フォーシーズンズ 4mlシリーズの香水瓶(ネジ式)です。
  • ミスト・スプレータイプ。
  • 小さくカワイイ(スモカワ)フォルム。ボトル高28 x 幅23 x 奥14mm
  • 噴霧量・吐出量:ワンプッシュ0.04mL
  • 使用回数:約100プッシュ
  • ( 写真は、ボトル形状をお知らせするためのもの、同じシリーズの写真 )

お客様の感想・レビュー

ザ・生姜という香りですが、きつくなく持続性もあまりないので、さっぱりした香りを着けたいときにいいなと思いました。あまり着けないタイプの香りですが、ちょっとくせになりそうです。

清涼感のある とても良い香りでした。初めは 生姜のイメージがぽんと頭に浮かび、今年の夏に使いたい というのが最初の感想です。暫く 嗅いでいると、少し湿った林の中を思い出す様な 渋い印象を持ちました。杉・檜・もしくは 青い竹の森に居るような苦味があり、落ち着きます。

菖蒲の葉は、じかに肌につけると香りがすぐに飛んでしまうと思います。 服につけると持続時間が少し長くなりました。香りは、すごくいい感じです。天然系アロマテラピー系って感じで、本当に癒されます。

その他の感想・レビュー

香水アドバイザーのささやき

失敗しそうなポイントや誤解されがちな注意点を香水アドバイザーが辛口コメント。ご購入時の参考にご利用ください。



第一印象は、香水というよりアロマテラピーのようなナチュラル感、「然精油がいろいろ入ってな~」という印象。

最初にシトラスの爽やかさが、微かにフワっとくるものの、すぐにハーバルな香りがあふれる。

ウッディな香りが、全体を支えており「菖蒲の葉」というより、「樹木系の香り」と言うべきではなかろうか。

かすかに鼻を抜けるようなスースー感は、ジンジャーのおかげか、気持ちよくアクセントになっている・・うーん、なんか健康になりそうな香水である。

香水とはセクシーでファッショナブルなもの、そんなイメージが強いが、心を平穏にしてくれる "安らぎ系香水" も増えてきており、その流派に属する。

甘さはほぼなく、キリリとしたスパイシーさが潜んでいるものの、気持ちをアップ、元気にさせてくれるタイプではない。

心身を整えてくれるような・・「おしゃれな漢方薬」をイメージを空想してもらうと、そう遠くない。

漢方薬で思い出したが、仁丹の香りを探している人って、たまにいるが、そういう人には、気に入ってもらえるかもしれない。

まあ、仁丹のような強いパンチはない、あくまで香水としての香りだ。

自分の香りで疲れないし、周囲の人も疲れさせない香り。

ウッディ系が好きな男性には、使いやすいだろうし、女性にも使いやすい。が、セクシーさはないのでその点は注意してほしい。

「菖蒲の葉」というネーミングの香水に、セクシーさを期待する人など、たぶん、いないと思うが、念のため。

ちょっとまとまりすぎて個性やクセがあまりない点が、逆にパンチ不足か。