和の香水

FLORAL 4 SEASONS EAU DE PARFUM

  1. ホーム
  2.   >  製品ラインナップ
  3.   >  和の香水
  4.   >  野ばら

野ばら[ Wild Rose ]

素朴なグリーン感

みずみずしく微かなフローラル

配合成分

香水 = エタノール、香料

  • フルボトル(25ml・スプレー

    ¥3,800(税込)

  • キューブボトル(4ml・軸タイプ))

    ¥770(税込)

※送料:全国一律 180円(ネコポス)、350円(宅急便)、フルボトルは[宅急便]での配送。5,000円以上で送料無料

おしらせ:キューブ(4mL) のスプレー不良に関して

香りの特徴とタイプ

香りの説明

ノバラの花

ワイルドローズ。現代バラの姿は、無数の品種改良が繰り返された結果生まれたものですが、野バラは、バラの原種か原種に近いバラです。

豪華な現代バラと比較して、野バラは小さく素朴な花です。小さく可憐で、純白やピンクの花を散らすように咲きます。

芳香も素朴で、ややグリーン感があります。可愛らしいフローラル感もあります。

オードパルファム「野ばら」は、野バラの爽やかな甘さと、みずみずしく透明感がある香りをナチュラルなままに閉じこめました。

グリーンアクアノートとフレッシュなローズノート、エンディングはウッディノートが穏やかに香ります。

香りのタイプ

  • フローラル:3
  • グリーン:2
  • 0

香りのタイプについて

香りの変化

  • トップノート:レモン、グリーンノート etc.
  • ミドルノート:ローズ、アクアノート、ミュゲ etc.
  • ボトムノート:ウッディノート etc.

原料ポリシーについて

男性度・女性度

  • 男性度:1
  • 女性度:3
  • トータル評価:やや女性よりのユニセックス

おすすめ評価

  • おすすめ度:3
  • トータル評価:おすすめします!だたし、お好きな方とそうでない方に分かれます。

製品のタイプについて

フルボトル(25ml・スプレー)

フルボトル(25ml・スプレー)

  • フローラル・フォーシーズンズ 25mLシリーズの香水瓶(ネジ式)です。
  • ミスト・スプレータイプ。
  • 女性の手のひらにちょうどなじむフォルムと大きさ。ボトル高58 x 幅45 x 奥22mm
  • 噴霧量・吐出量:ワンプッシュ0.07ml
  • 使用回数:約360プッシュ
  • ( 写真は、ボトル形状をお知らせするためのもの、同じシリーズの写真 )

キューブボトル(4ml・スプレー)

キューブボトル(4ml・スプレー)

  • フローラル・フォーシーズンズ 4mlシリーズの香水瓶(ネジ式)です。
  • ミスト・スプレータイプ。
  • 小さくカワイイ(スモカワ)フォルム。ボトル高28 x 幅23 x 奥14mm
  • 噴霧量・吐出量:ワンプッシュ0.04mL
  • 使用回数:約100プッシュ
  • ( 写真は、ボトル形状をお知らせするためのもの、同じシリーズの写真 )

お客様の感想・レビュー

野ばらは少しグリーンっぽい香りがあるのですが、爽やかで、一年中使いやすい香りだと思います。個人的にはなんとなく洋梨っぽい香りにも感じられます。

これは野ばらだ!感動さえ覚える香りでした。ローズの贈り物のように華やかに香りはしませんが、控えめに、ややグリーンの香りを伴って香るさまは、まさに野ばらの香りだと思います。大変良い香り。気に入っています。

そうしたらあったんですよ!どつぼの香りが!!野ばらです!!!・・・ローズ香水に本物のバラの香りはあきらめているので、ローズ系はあまり試しておらず、野ばらに出会うまで一年以上かかってしまいました…。

その他の感想・レビュー

香水アドバイザーのささやき

失敗しそうなポイントや誤解されがちな注意点を香水アドバイザーが辛口コメント。ご購入時の参考にご利用ください。



ローズ香水は、香水の一大カテゴリーで、香水ブランドならローズをリリースしないブランドは存在しないほどの定番。

しかし、野バラをテーマにした香水は少ない。

その点、本製品は希少な存在でおもしろい、そして、香りも比較的、野バラの雰囲気が伝わってくる。

実際の野バラの香りだが、私が確認した範囲では、素朴で切なく香るものが多い。

シューベルトが「野バラ」を作曲した気持ちもわかる。素朴でいじらしい香りなのだ。

実は、同じ野バラでも日本とヨーロッパでは、似ているものの若干、違う品種をさすようだ。

本製品は日本の野バラをモデルにしている。

野バラからは香りの成分も精油も採取されない、少なくとも工業的には。よって、本製品も他の香料で再現を試みている。

「みずみずしい透明感」と説明に書かれているが、文字通り水のような香り(香水業界ではウォーターノートやマリンノートとか呼ぶ)が若干配合されているが、その部分を指している。

しかし、これは好みが分かれる。

私はマリンノートが強い香水嫌いなので、そういう製品(一時期流行していた)をかぐと、ゲロゲロしてしまう。

本製品はそこまで強くないので、マリンノートが嫌いな人でも許容範囲かもしれない。

しかし、マリンノートが全然ダメな人は手を出さない方が安全だろう。

ところで、花のイメージのかわいらしさから、フルーティ感を期待される方もおられるかもしれない。

甘さやフルーティ感より、グリーンでナチュラルな印象が強い、注意してほしい。