香水biz ブログ

( 香水工場の日常 )

ボンセント・ハンドクリーンの作り方
ゴメンナサイ、自作しか・・ (2021/02/28)

アルコールジェル
( この記事を書くに当たり自分でも自作。製品の「ボンセント・ハンドクリーン」は、工場の機械で製造するのでちょっと違うが、基本は同じ・・ )


完全に在庫切れ


3ヶ月前の年末キャンペーン用に「ボンセント・ハンドクリーン」というプレゼント製品を制作。

オレンジ精油とその他の香りで、香り付けを施したアルコール製品だった。

ブログ記事 → 「Bon Scent ハンドクリーン」。


ハンドクリーン


世の中、アルコール消毒液は、たくさん販売されているが、香りがね・・

アルコール臭か、不自然な香りのものが多い。

なので、こんなアルコールリキッドがあれば楽しいかも、ということで制作した。


販売しないのか?


配布完了で、もはや一本も残っていないが、販売して欲しいという要望を2、3いただいた。

ありがとうございます!

しかし、再制作も販売予定もないんです。

申し訳ない、小さな会社で、在庫する場所もなく、管理する人間もなく、製造すれば、本業に響くという状況で・・

どうしてもほしい人は、うーん、申し訳ない、自作しかないのだ。

簡単な作り方なので、処方を公開します、というか「公開」と言えるほどのモノでもない、やや後ろめたいレベルの処方である。


作り方は、カンタン


市販のアルコール液か、アルコールジェルを買ってくる。

そして、ここが一般の人々のハードルだが、精油を買ってくる。

精油は、街のアロマグッズ店やネットショップにあるが、少々お高い。

ボンセント・ハンドクリーンでは、主にバレンシアオレンジ精油を使用したが、お好きな精油をお使いいただければと思う。

精油をちょっとアルコール内にたらして、よく撹拌(かくはん = 混ぜること)しておわり。


精油の注意点


注意点は、精油は、天然 100% の植物オイルだが、直付けは危険。

精油濃度は、おおむね 1%以下の配合(本当に薄く使うでしょ?)をオススメしたいが、中にはもっと薄くしたほうがよいものもあるので、それぞれ精油のガイドラインに注意して欲しい。

あと、もしオレンジ系の精油を使用するならば、ベルガプテンフリーというタイプを選んで欲しい。


自作は大変だけど、愛着もわくよ


材料用意して、計量して、実際に作業・・というと案外大変。

しかし、作ってしまえば、愛着がわくのが、このアルコールリキッドに限らず、マイコスメの楽しさ。

興味わいたらお試しください。


【関連記事】
ボンセント・ヘアオイルが戻ってくる?
ボンセント・ハンドクリーンの作り方
ボンセント・ヘアオイルが余っているので・・
金木犀の季節がせまってきた!
Bon Scent ヘアオイル
新ヘアオイル、ボンセント ( Bon Scent )



(2021-02-28)
search
月一メルマガ

TOP