香水Bizブログ

日本の香水メーカー武蔵野ワークス
香水創りのブログ (誤字脱字多し、気になる方は近づかないで欲しい)

イチョウ並木は匂いもサイコー
東京はまさにイチョウ並木が燃える季節になっています。

昨日、仕事ででかけた青山で、ついでにイチョウ並木で有名な神宮外苑を歩いてきました。

紅葉がちょうどピークを迎えており、そこに立てば、シンフォニーのような圧倒的ビジュアル感に唸ってしまいます。

神宮外苑イチョウ並木

ロマンチックなイチョウ並木は、沿道のカフェで恋人とコーヒーかワインをすするのがとっても似合いそうな雰囲気ですが、如何せん、すごい人混み。

大型バスで乗り付ける観光客らしき団体。

焼きそばやおでんの屋台まででてお祭り状態と化しています。

しかし、イチョウ並木それ自体の美しさは圧巻です。

私はイチョウの落ち葉から発せられる匂いがことのほか好きです。サクサクと踏みしめる落ち葉が靴の底で砕け、干し草のような匂いを発します。

乾燥ハーブのようなものです。ビジュアルだけでなくイチョウの匂いを堪能すること楽しみです。

干し草といってもどちらかといえば漢方薬のような匂いで、とても心癒されます。

人が多いので、沿道に敷き詰められた落ち葉は時間とともに粉末状となり匂いはさらに周囲を満たします。

掻き集めて持ち帰りたくなるほどです。

(煎じて飲んでしまいたい・・・)


その後、新宿に移動し仕事を終えちょっと一息。マクドナルドに入りました。久しぶりに入るマック、やや驚きました。

こちらのマックでは店内の雰囲気が、照明なども抑え気味で、なんか高級感があります。

壁に掲げられた「パウンダー」なる新商品のポスターは、今までのテイストと明らかに違います。高級感ある色遣い、コーヒーの紙コップさえデザインがお洒落になったとしげしげと眺めました。

高級路線に今後カジが切られていくのでしょうか。

日本マクドナルド創業者藤田田氏の本があまりにも強烈だったので、ずっとそのイメージでいましたが、マクドナルドも変化しているとまたまた浮き世の流れを感じさせられました。




コーヒー程度で、そんなちょっぴり贅沢な時間を楽しんでいるとどうもクサイ。そのくささは、なんというか牛糞のような・・・

そっと、足を上げて靴の底を見ると案の定、ギンナンの実が踏みつぶされ靴底の溝の中に埋没していました。

イチョウは心を癒す匂いも発すれば、心乱す匂いも発するかなり凄い樹木です。

周囲のお客さんに迷惑をかける前に居心地のよかったマックを出て昨日の仕事は終了、帰路につきました。


(2008-12-01)
page top:▲
香水「柑橘系」
柑橘系の一瞬の幸福感を閉じ込める


香りの好みは人それぞれ


食品の場合、案外、人の嗜好は似ています。

レストランに入り連れの女性でも男性でもが「これ、おいしい!」というものは、だいたい自分にも「おいしい」と感じます。

ところが、香りはそうはいきません。電車の中で「まるで理解できない香り」を発散している人に出会うことがあります。

空間を曲げてしまうような香りでも、ご本人は好きでたまらない「これ、命!」の香りだったりします。


誰からも愛される香り


香りは個人ごとに嗜好性の強いもの。好き嫌いが両極端に分かれることしばしば。だから、香水に「必ずすべての人に愛される香り」という製品は存在しません。

しかし「比較的多くの人に愛される香り」ならあります。

その代表的な香りが柑橘系の香りです。


新鮮な柑橘系の香り


もぎたての新鮮な夏みかんを手で割ったことはありますか?

皮から元気よく飛び散るエッセンシャル・オイル。

ミストとなって空間に放出され一瞬にして爽快な香りを周囲に満たしてくれます。あの幸福感。感動的な幸せの瞬間です。

私はずっとあの香りを捜しています。

(余談ですが、柑橘系の香りは世界的に見れば地中海沿岸、フランス、日本で特に愛されると言われています。北方の方々にはむしろアニマル系などのやや「濃厚系」が好まれるようです)


柑橘系香水を試作した子供の頃


小学生の頃、自宅の庭に自生していた夏蜜柑の木は毎年、蜜柑の実をたわわに付けていました。

実がまだ青いうちから採り皮から精油を絞っては柑橘系香水の手作りを試みました。

両親に笑われ、友達にからかわれ、作り続けましたが、どれもイマイチ。

子供の遊びです。

そのうち香水作りの熱は冷め、作り貯めた試作はいつしかビンの中で茶色く干からびて、どこかにいってしまいました。


天然の香りの弱点


レモンやグレープフルーツ、蜜柑などの柑橘系の皮から採れる天然の精油は、強い幸福感を伴う香りですが、持続しないこと、保管できないこと、変質しやすいことなど特徴があます。

香水の原料としてはそのままでは難しい素材です。子供の香水作りが頓挫したのは、今から思えば無理もないこと。

柑橘系


柑橘系精油の応用


柑橘系精油は、香りよりも毛生薬など実用性製品・機能性製品へ転用されるものが少なくありません。

柑橘系の香りは、香り自体にダイエット効果が認められています(現実的ではありませんが)。

加齢臭にも効果があります(精油はみんそうですが)。


すぐに香りが飛びやすい


このように御利益多き成分には間違いないのですが、香水としての柑橘系は「一瞬の幸福感」系の香り。

あっという間に香りが「飛ぶ」性質のため幸福感はすぐに終焉を迎えます。

花火のようなはかなさです。


数多い柑橘系の香水


柑橘系の香りは大多数の人に愛される香りゆえに柑橘系の香水は無数にあります。

どれもがその「一瞬の幸福感」を固定するための調香を重ねた苦悩の跡が見え隠れします。

中には、柑橘系とは少しほど遠くなった製品もあります。

私たちが望んだことは「天然の柑橘系そのままで」香りを閉じ込めること。


天然の香りをそのまま閉じ込める


それにはなるべく高濃度に天然の柑橘系精油を配合すればよいのですが、天然の柑橘系精油は揮発性が非常に高い。

さらに、そのままでは皮膚に刺激があったり、光毒性といって太陽光などに含まれる紫外線や放射線によって皮膚にダメージを与える場合があります。

光毒性成分を除去したベルガプテンフリーの精油を使用するなど毒性や刺激の軽減を図り、それでいて柑橘系そのままの香りでを香りが持続する香水がテーマでした。

柑橘系


愛称「Kay」(ケイ)の由来


イタリア産ベルガモット、シシリーレモン、ブラジル産オレンジ、アルゼンチン産マンダリン、メキシコ産ライムなど多彩な柑橘系エッセンシャル・オイルをギュッ!と閉じ込めました。

そして、出来上がった香りは「柑橘系の香りそのまま」でした。

深呼吸をしたくなるような幸福感です。

だから、柑橘系の中の柑橘系という意味で、当社ではこの香りにたんにズバリ、そのまま「柑橘系」と命名しました。

社内では「ケイ」と呼ばれています。「カンキツケイ」のケイです。英語表記では「Kay」。

英語圏では人名として使用されることがあります。発音は「カイ」ではなく「ケイ」。

「柑橘系」は、香りのバランスと調和(これをパフューマーはアコードと呼びます)は、しごく高い製品に仕上がりました。

柑橘系(Kay)

(2008-11-27)
page top:▲
クリスマスシーズン到来
近所の駅前商店街や一部お宅ではクリスマス・イルミネーションが燦々と輝く季節となりました。

いよいよ2008年も最終月に入ろうとしています。1年があっという間に巡っていくスピード感に圧倒されます。

しかし、12月は一年でももっとも活気のある季節。大好きな季節です。

米国の小売りでは年間売上の3分の1がクリスマス商戦で叩き出されるそうでクリスマスパワーは圧倒的です。

特に米国では10月のハロウィーン、今月のThanksgiving、そして12月のクリスマスと完全お祭りモード「スイッチオン!」状態のはずです。サブプライムローン恐慌が依然進行中ですが、まずは生き延びていることに感謝し生命を燃やそうとする人々で溢れているのではと想像しています。

ハロウィーン、Thanksgiving、クリスマス。すべて宗教上のお祭りですが、今となってはアメリカ人も日本人も、そして多くの国の人々にとって、それはあまり関係なさそうです。

昔、あるアメリカ人が言っておりました。
They are now all commercial
(現在のクリスマスは全部、商売だからね〜)。

浮き世のクリスマス事情に対するやや否定的なニュアンスでしたが、ビジネスが絡むと言うことは、それだけ真剣、生きるか死ぬかの闘い。メルヘンチックな雰囲気にカモフラージュされたクリスマスというビジネス戦線を逞しく生き抜く全世界の人々。

日本でもこの時期は伝統的に活気がありました。クリスマスがなかったころから師走の取り立てなど切羽詰まった人間模様が、壮絶に、しかし活き活きと展開される時期でしたよね。色沙汰・人情沙汰・事件沙汰など生命を燃やすクリスマシーズン・年末にはそれだけパワーを感じぜずにはおれません。

楽しいクリスマシーズンをお過ごしください。

(2008-11-26)
page top:▲
2008年版「ローズの贈り物」
フローラル・フォーシーズンズ ローズの贈り物(Bulgaria Rose)とは武蔵野ワークスが、毎年11月〜12月にかけてその年に収穫されたブルガリアローズのローズオイルで制作する数量限定のオードトワレです。

去年は地中海地方から東欧・ロシアは春・初夏にかけて異常な熱波に覆われました。東欧に位置するブルガリアでも例外ではなく様々な被害が出ました。バラの不作もその一つでした。

(2007年の異常気象は東欧・ロシアだけでなくヨーロッパ全体に影響を与えました。英国の大洪水、ロシアの暴風雨、フランス・スペイン・イタリアでの熱波による山林火災などテレビで見ていても痛々しいものでした)

私自身、2007年産ローズオイルを数カ所から仕入れ嗅ぎ較べましたが、どれも確かにローズオイルだけど「華やかさ」が例年より少し弱いかな、と感じたものです。

製品にしてしまえば、はっきりわかるような差にはなりませんが、ローズオイル原液のままで最高のものが欲しいのは、やはり人情です。

今年のクロップ(作物の収穫物)はどうでしょうか?10月に入荷しすぐにテストしました。オイルにパワーがあります。すばらしい出来映えです。ほっと一安心しています。

さっそく『コンシンのジェル』の生産に取りかかりました。そして、残りのオイルの一部を使用して『ローズの贈り物』を製造します。

秋も押し迫り枯葉が舞う晩秋に、その年のローズオイル・クロップで『コンシンのジェル』と『ローズの贈り物』を製造するのは、当社にとってすっかり秋の風物詩になっています。


カード「ローズの贈り物」2008
 ※30ml商品に添付されるカード

「ローズの贈り物」2008年の処方は、2007年版とほとんど変化していません。いつものようにローズオイル本来の香りを大切に調香しました。

今年のローズオイルの特徴は、パワーがあるのに素直、という印象です。

冬が近づき気温が下がってくるとローズオイルは固まり出します。凝固してしまうと香水の原料としては非常に扱いにくし、香水として溶かし込んだ後でさえ簡単に再結晶化したり成分凝固を起こします。

「澱」(オリ)と呼ばれる現象です。

ワインの醸造でもオリは大きな問題で、ワイナリーではオリの処理は重要なテーマです。

(しかし、余談ですがオリはとてもおいしい上にポリフェノールが高濃度に含まれており黄金のワイン成分なんて考えている人もいるようです。オリを食べてみたい!)

「ローズの贈り物」はできるかぎり高濃度にローズオイルを配合しますが、問題は頑として溶けてくれないことです。

エタノールに溶かした後、冷温処理しそれで生成したオリをフィルタリングしますが、それでも数日後、数ヶ月後、そして数年後に白いオリや透明のウニュウニュした「ナゾの物体」となり香水瓶の中で沈殿したり浮遊(浮遊物)したりすることはよくあります。

オリを恐れ無理矢理界面活性剤などで溶かし込むのは当社のスタイルではありませんので、「オリは出たらゴメンね」というスタイルで販売していますが、数量も少ない上に、お客様も常連さんが多いので慣れておられる方が多く、なんとか大きなクレームもならずに毎年販売できております。

今年の「ローズの贈り物」、さて、みなさまのお気に召す香りになったでしょうか?お気に召す香りであることを祈ります。




※「女性向けメディア『MYLOHAS』(マイロハス)」さんのバラ特集にて本製品はご紹介いただきました。

内側から輝く、バラ美容のすすめ


(2008-11-23)
page top:▲
2008年版「サンタの贈り物」ミントの香り
フローラル・フォーシーズンズ サンタの贈り物(A Gift from Santa Claus)とは武蔵野ワークスが、クリスマスシーズンに数量限定でリリースしている香水。

毎年、同じネーミングで違うテーマの香りをリリースしています。

サンプルボトルはリリース済みです。30mLボトルは12月1日リリースを目指して現在急ピッチで準備中です。

(※12月1日から盛りだくさんなキャンペーンを入れております。数日後「2008年を閉めるキャンペーン」の全容を発表できると思います。ご期待下さい)


なんか急に寒くなりましたよね。

東京でも日に日に冷え込みが増してきており、紅葉が一気に加速中です。

燃える紅葉、ひらひら舞い落ちる紅葉、大気の透明感が高まって朝夕には東京からも富士山の威容を見ることができる日が多くなってきました。

事務所の窓からも時折、富士山を遠望することができます。

夕日にシルエットを残して消えていく富士山を見ていると旨い日本酒が飲みたくなるので、まだ勤務中の時間ながら、これまたたまりません。




さて、「サンタの贈り物」2008が完成しております。

2008年のテーマは、「クリスマスを彩るミント」

え〜っ、ミントって、お菓子みたい〜 なんてざわついている方もおられるかも。

そうなんです。チューインガムのような爽やかさ・・・ではなくけっこう行けているクールな香りに仕上がっていますよ。

カード「サンタの贈り物」2008
 ※30ml商品に添付されるカード


ミントとは、ペパーミントやスペアミントなどのハーブ類の総称。ミントの草は、端から見るとたんなる雑草です。その姿は、若干、大麻に似ていたりして(^_^;)。

しかし、葉っぱを一二枚ちぎって料理に使えば、あら不思議、肉料理も煮込み料理も行けているディナーに大変身!。

欧米では、どちらかというとクッキーやパイなどお菓子系に使用されることが多いでしょうか。

爽快感が、とっても「夏向き」ながら、武蔵野ワークスはこれをクリスマスにぶつけてきました。いやはや、パフューマーが考えることは常人の私の常識を越えています・・・

私も、製品リリース前の儀式・"社内スメリング大会"(製品リリースの「最終GO!」を出す前に社員全員で香りを確かめるミーティング) = 官能試験に参加しました。


「サンタの贈り物」2008の私の印象は・・・都会的で現代的。チューインガムのようなおいしさを残しながら、香水としての上品さや華やかさがあります。

セクシーというより、自分自身と周囲明るく楽しくする香りです。

パーティーや都会の夜に彩るクリスマス・イルミネーションのイメージにぴったりです。ただし、ミントが好きな方でないと、やはり好きになれないかもしれませんのでご注意。

ミントを配合した香水は西欧ブランドさんにも世の中にもありますが、あくまで隠し味、ミントの香りをそのまま前面に出したものは私の知る範囲ではかなり珍しいと思います。

私的には楽しく親しみやすく元気になる香り、といった感想をもっています。

好きな方もおられると思います。

お気に召す香りであることを祈ります。


(2008-11-22)
page top:▲
怖いニュース
きょうは香水ネタがないので、とっても怖いニュースをご紹介します。

ビジネスを一瞬で瓦解させるいたずら


動画投稿サイトが大流行ですが、中には注目を浴びたいだけで、実に恐ろしい投稿に踏み切る人間も。

「ゴキブリ揚げ」(2007年12月06日)
--------------(引用文)--------------

「ケンタッキーフライドチキン」元アルバイトという男が、自身のmixi日記上で「店内でゴキブリを揚げた」などと書き、「気持ち悪い」などと騒動になっている。

運営する日本ケンタッキー・フライド・チキンは12月6日、「事実無根の内容。5日夜に本人が、『いたずらで嘘を書いた』と保護者同伴で謝罪に来た」と説明した。

--------------(引用文)--------------



「テラ豚丼」(2007年12月03日)
--------------(引用文)--------------

吉野家のアルバイト店員とみられる人物が、豚丼を山盛りした「テラ豚丼」を作った様子を撮影して動画投稿サイトに投稿し、ネット上で「不衛生だ」などと騒動に。

--------------(引用文)--------------



経営者を震い上がらせる


お店やレストランなどの経営者には、震え上がるニュースです。

どんなビジネスも同じですが、商売とは、何十年もかけて信用を築いていくもの。

アルバイトさんは、軽い気持ちの「ちょっとした悪乗り」だったと思います。しかし、お店にとっては数十年の信用と苦労が瓦解しないともかぎりません。


無邪気な行動でビジネス瓦解


子供たちに悪意がないだけに、防ぎようがない点がビビります。

ネット時代のリスクマネジメントは、悪意あるネットテロだけでなく、子供達や大人達の無邪気に対するリスクマネジメントも考えておかないと、痛恨のボディブローをモロ受けしかねません。

ブランドオーナーたちにとってはサブプライムローン問題より恐ろしかったに違いない。




(2008-11-21)
page top:▲