香水Bizブログ

日本の香水メーカー武蔵野ワークス
香水創りのブログ (誤字脱字多し、気になる方は近づかないで欲しい)

天然資源の高騰、どこまでいくローズオイル?
今年のお正月は「1バレル、100ドル越え」の騒がしいニュースで目覚めたことを覚えています。正確には1月2日のNYMEX(ニューヨーク商品取引所)で付けた原油の先物取引価格です。

もはやお正月の初夢など吹っ飛び、「冗談でしょ」という気持ちと「大変な年になりそう」という予感でちょっと緊張感のある年明けになりました。

現在原油価格は120ドル前後ですがさらなる高騰が予想されています。

世界中の膨大なマネーが一斉に株式や債権から「資源」や「モノ」にシフトしている感じです。

資源ナショナリズムの台頭もチラチラと明白になりはじめています。世界の民族紛争も本音は石油利権だったり鉱山利権だったりしますが、近年では隠されることなく露骨なバトルへと突入していく雰囲気が濃厚になってきています。

多くの国々とその国民が豊かになり今までの先進国並、とくに米国のウルトラ大量消費生活を地球上の多くの人々が享受するようになれば、限りある資源が争奪戦になることは考えてみれば当然のことかもしれません。

今はタダみたいな水でさえ世界を支配する戦略物資になる時代が来るかもしれません。

当社の場合、仕入れる天然香料は、数年前からほとんどジワジワと上昇曲線を描いています。そして価格上昇は今年さらに加速しています。

とくに毎年秋に仕入れるブルガリア産ローズオイルは、今年2008年版クロップがどうなるか、今から気を揉んでいます。

大手輸入元に電話してみました。

唖然とする返答でした。

「あまりにも値上げ幅が大きいため輸入しない可能性もある」

現在価格交渉中とのことでプライスは未定でした。

仮にその会社さんがブルガリアでの買い付けを断念された場合でも輸入ルートはいくつか確保されているので入手できないことはないのですが、プライスは見物です。

好調な『コンシンのジェル』を今年も問題なく生産できるのか・・・気を引き締めて対策を練る必要がありそうです。


(2008-08-29)
page top:▲
弱者の香水ビジネス8
「弱者の香水ビジネス」最終回。肩肘張らずにサラリとした終わり方が好感が持てます。オリジナル香水を開発し、お店で販売するということは、実際大きなプロジェクトとも言えるし、そうでないとも言えます。それは人によって違うのでしょうが、ダンさんにはそれが生活のすべてになってしまったようです。

「自分の子供をビューティコンテストに出場させるような感じです」(entering a child in a beauty contest)には彼女の気持ちがよく表れています。と同時に実は私たちにも共感を覚える部分です。大量生産ではないのです。ダンさんの製品もおそらく企画したダンさん自身が工場に出向き、実際の製造にも参加されたのかもしれません。

もし時代が10年早ければダンさんの香水は日の目を見なかったでしょう。というのもEllieは、香水ファンが集う有名なブログ、aromascope.comnowsmellthis.blogharbor.comなどで好評を博し、それがいくつかの有力ショップのバイヤーの目に留まることで販路を拡げてきたからです。

数千万から数億円といわれるテレビCMはもちろん、数十万から数百万円の雑誌広告も打てないスモールビジネスの経営者達にとってインターネットはチャンスをもたらすパワーとなっています。

最後の翻訳に行く前に私のコメントを少々。この取材は百貨店のチョコレートバーで行わたとありました。ということは、ダンさんのオフィスはまだ自宅なのかもしれません。

米国のベンチャー・スピリットは「ガレージからはじめる」のが流儀です。かのアップルもYouTubeもガレージやその類の場所からはじまりました。米国最強の化粧品ブランド、エスティーローダーも自宅裏庭の納屋からはじまりましたし、日本のソニーも、戦後の焼け野原に残った掘っ建て小屋から・・・

ダンさんのブランドが大きく羽ばたいて欲しいと思います。NYタイムズの記者もそういう思いなんだろうなと感じさせる文章だと思います。またダンさんのようなプロジェクトを計画している人には、さりげなくちりばめられた数字は時間や予算の規模を語ります。参考になると思います。しかし、やり方は10人いれば10様あると思います。成功をお祈りしたいと思います。

では、最後の訳です・・・

「Ellieは2007年、ヘンリ・ベンデルでめでたくお披露目となりました。しかし、市場調査会社NPD社によれば昨年1,160もの有力フレグランス商品がひきしめく世界。Ellieはそういう厳しい市場での一商品です」

「フレグランスの有名なブログサイトaromascope.comやnowsmellthis.blogharbor.comは、Ellieに対して好意的なレビューを行いました。それが縁で有力ショップ、たとえば、サンタモニカのthe Studio at Fred Segal社などがEllieを取り扱うようになりました」

「2ヶ月前、ダンさんは2番目の製品、Ellie Nuitをリリースしました。調香は同じくルドニッカ氏です。オリジナルEllieより、さらに今風でさらに優しくクールになっています」(訳者注:「lace doily」はレース製のドイリーですが私には意味不明です。カンで「メルヘンチックなもの」くらいに訳してみました)

「Ellie、Ellie Nuitともに初回ロット2,000本はまだ完売していませんが、ダンさんにとってはEllieプロジェクトは今や完全にフルタイムジョブとなってしまいました。目下彼女の課題はディストリビューションチャネルの開拓や販売店の獲得です。また、毎日Ellieのウェブサイトwww.elliedperfume.comに送られてくるメールの対応に追われています」

「『個人的なプロジェクトとして始めましたが、いまではこの世界にどっぷりです』と彼女は見せてくれたサンプルを包み直してハンドバックにポンと投げ込みながら言いました。『子供をどこかのビューティコンテストに出場させるような感じですね。他の人たちが好きかどうかわかりませんが、多くの人に見てもらうことが仕事になりました』」


---------------QUOTE--------------
Ellie went on sale at Henri Bendel in early 2007, one of 1,160 prestige fragrances available at beauty counters last year, according to NPD.

Blogs like aromascope.com and nowsmellthis.blogharbor.com gave it favorable reviews; a handful of stores like the Studio at Fred Segal in Santa Monica started selling it.

Two months ago, Ms. Dunne introduced her second scent, Ellie Nuit, also designed by Mr. Roudnitska. More contemporary than the original, it is more velvet and less lace doily.

Although her initial production run of 2,000 bottles of each of the two fragrances has yet to sell out, Ellie has become Ms. Dunne’s full-time job. She spends her days pursuing additional retail outlets and personally answering every e-mail message sent to www.elliedperfume.com.

“I had made it as a personal project, and now it is out there in the world,” Ms. Dunne said, as she repackaged her vintage perfume miniatures and popped them into her handbag. “It is like entering a child in a beauty contest, putting it out there for other people to like or dislike.”
---------------QUOTE--------------



弱者の香水ビジネス8
弱者の香水ビジネス7
弱者の香水ビジネス6
弱者の香水ビジネス5
弱者の香水ビジネス4
弱者の香水ビジネス3
弱者の香水ビジネス2
弱者の香水ビジネス1



(2008-08-27)
page top:▲
弱者の香水ビジネス7
「弱者の香水ビジネス」の七回目。「弱者の香水ビジネス」も長くなってきました。今日を含めあと2回です。

ルドニッカ氏はどんなふうにダンさんの香水を創り、そして彼女がどのようにそれを選択するか記述されています。ここに書かれた内容は、香水の開発過程では比較的、標準的な手法とプロセスではないかと思います。

「1年間かけて40種類のバリエーションを試した」とありますが、香水のバリエーションの場合、種類の数え方は微妙です。オリジナルで40種類を制作することはクリエイターにとってもかるく限界を超えますので、ライブラリーやマイナーチェンジが多数含まれると推測されます。

また、1年間を長いとするか短いとするかはプロジェクトによって違いますが、やはり1年くらい簡単にかかるかもしれません。

また、パッケージング(パッケージ開発制作)は、香水に開発には重要なテーマの一つですが、あまり突っ込まれていないというか意図的に省かれているかもしれません。ここで商品開発全体のコストが大きく左右に振れます。欲を言えばもっと突っ込んで書いていただければ、オリジナル香水開発を目指す読者にはより具体的になったでしょう。

さっそく内容に行きます:

「2005年の8月、ダンさんはグラースのルドニッカ氏のラボへ飛びます。そこでルドニッカ氏は数十種類のシングルノートの香りを詰めたサンプル瓶(バイアル瓶)と調合途中の作品を彼女に嗅かせます」

「ルドニッカ氏自身はスパイシーな香りを好んで制作しますが、ダンさんの希望を具体化するにはチャレンジがあったと言います。ダンさんはある意味、逆説的なビジョンを自分の香りに求めていました。それは『激しさと女性らしい控え目さがあり、清潔で、それでいてフローラルな香りであること』(A scent at once intense and demure, clean yet floral)。」

「翌年一年かけて、ダンさんはルドニッカ氏に結果的に40種類の香りのバリエーションを送ってもらいますが、甘すぎたり重すぎたりする香りの連続でした」

「その年の終わり、混雑する地下鉄の中で知らない人間が彼女に『すばらしい香りだ』と話しかけられたことを契機に、彼女とルドニッカ氏はその香りでEllieの最終レシピー(処方)を決定しました」

「ダンさんはその後パッケージ開発に腐心します。古風な香水瓶にしっくりマッチするようなアトマイザー(訳者注:スプレー部分。ここでは香水瓶全体を差すと思われる)は避けました。さらにボトルの首に巻くグログラン製のリボンを捜すために生地ショップを回りました。比較的シンプルなリボンとパッケージを選択し、装飾としてフレンチドット(水玉模様)を加えました」

「結果的に生まれた製品は、古典的なボトルにモダンで現代風アレンジが施こされた印象を与えます。女性らしいさを感じさせる作品です。もしEllieがブロードウェイのミュージカルとするな、おそらく『徹底的 モダン・ばーちゃん』と呼ばれるかもしれません(*1)」

(*1)Modern Grannieを訳せません。Grannieはおばあちゃんの愛称と思われますが、ブロードウェイの何かの有名な作品かもしれません。


---------------QUOTE--------------
In August 2005, Ms. Dunne traveled to Cabris, where Mr. Roudnitska presented dozens of vials, each containing a single note, and had her smell them, as well as some partly finished fragrances on which he had already worked. The perfumer, who prefers spicier juices in his own creations, said it was a challenge for him to incarnate Ms. Dunne’s paradoxical vision: a scent at once intense and demure, clean yet floral.

Throughout the next year, Mr. Roudnitska sent Ms. Dunne about 40 variations of the scent, she said. Some were too cloying, others too heady.

By the end of 2006, after a stranger on a crowded subway train told Ms. Dunne she smelled great, she and Mr. Roudnitska finalized the recipe for Ellie.

Then Ms. Dunne turned to the packaging. She eschewed an atomizer in favor of an old-fashioned glass bottle with a stopper. She trawled fabric stores in search of grosgrain(グログラン、にぶい光沢のあるうね織の一種) ribbon narrow enough to slip around the bottleneck. She chose simple graphics for the bottle and gift box, adding tiny French dots for feminine detail.

The result is a modernist rendition of old-school perfumes with a vintage ladylike properness to it. If Ellie were a Broadway musical, it could be called “Thoroughly Modern Grannie.”
---------------QUOTE--------------


弱者の香水ビジネス8
弱者の香水ビジネス7
弱者の香水ビジネス6
弱者の香水ビジネス5
弱者の香水ビジネス4
弱者の香水ビジネス3
弱者の香水ビジネス2
弱者の香水ビジネス1


(2008-08-27)
page top:▲
弱者の香水ビジネス6
現在のグラースは、むしろバイオ関連のハイテク産業が盛んであり、映画『パフューム』で描かれたようにラベンダーやミモザの畑が丘陵を埋め尽くすようなことはなくなりました。

香水産業のメッカとは、実質的には言いがたくなりつつありますが、グラースには香水産業の長い歴史があり、著名なパフューマーの実家が多く点在し、また多くのパフューマーの方々も実際に暮らされているため現在でもシンボル的に「香水の聖地」であり続けています。

そのグラースで活躍されているあるパフューマーに、ダンさんはメールを送ります。さて、似たようなメールを多数受け取るそのパフューマーは、ダンさんのメールにどのように対応するのでしょうか?



「はじめに、ダンさんは百貨店などですべての香水を試しました。それからルドニッカ氏が運営するWEBサイト『www.art-et-parfum.com』にて勉強しました。ルドニッカ氏は、グラース近郊のCabrisという土地の絶壁の上にフレグランスのラボを構えています」

「このフレグランス・ラボは、ルドニッカ氏の父親、エドモン・ルドニッカ氏が20世紀初頭の『クリスチャン・ディオール・クラッシック』と呼べる名香を次々と生み出した場所です。その中にはDiorissimo(ディオリッシモ)やEau Savage(オー・ソバージュ)があります。エドモン・ルドニッカの息子さんもパフューマーで、彼はフランスの有名なブランド、フレデリック・マルの調香を担当したことがあります」

「ダンさんは、ルドニッカ氏にメールを送りました」

「『こんにちわ。私はニューヨーク在住の若い女性です。フレグランスや香水開発のバックグラウンドがあるわけではありませんが、アイデアがあります・・・』」

「日常的に多数の似たような提案や要望を受け取るルドニッカ氏は、そのような手紙やメールには、時間的制約やコストのことを説明して冷静になるように説得することが普通です」

「『しかし、彼女は他人なら99%が断念するすべての厳しい条件をのみました』と先週の電話取材でルドニッカ氏は返答しました。『彼女には毅然とした決意がありましたね』(*2)と」

(*1)エドモン・ルドニッカは大変著名なパフューマーで、その作品「ディオリッシモ」や「オー・ソバージュ」は長い年月を経た現在でも人気の香水です。特にフランス人の国民性に合うとされ、フランスでは絶大な人気を誇ります。日本人の香りの嗜好はフランス人に近く日本でも人気の香水です。

(*2)ここで言う「決意(was determined)」とは、情熱の問題ではなく実際のお金と時間の投資の準備(ダンさんの場合は結果的に1千万円と3年間)を差すと思われます。

---------------QUOTE--------------
First, Ms. Dunne schooled herself in fragrance by sniffing every perfume in department stores.

Then, she tracked down www.art-et-parfum.com, the Web site of Mr. Roudnitska, a perfumer who runs a fragrance laboratory in the vertiginous hills of Cabris, a French village near Grasse, the world’s perfume capital. This is the same lab in which Mr. Roudnitska’s father, the master perfumer Edmond Roudnitska, produced some of the grand Dior classics of the 20th century, including Diorissimo and Eau Savage. His son designed a scent for Frederic Malle, the French perfume impresario.

Ms. Dunne sent an e-mail message to Mr. Roudnitska.

“I wrote: ‘Hello, I am a young woman in New York. I don’t have a background in fragrance, but I have an idea,’ ” she said.

Mr. Roudnitska, who receives dozens of such requests annually, usually tries to dissuade amateurs with Dior dreams. He discourages them by explaining the time commitment required of such a collaboration, as well as the cost, he said.

“But she accepted all of the conditions which discourage 99 percent of the others,” Mr. Roudnitska said last week in a phone interview. “She was determined.”
---------------QUOTE--------------


弱者の香水ビジネス8
弱者の香水ビジネス7
弱者の香水ビジネス6
弱者の香水ビジネス5
弱者の香水ビジネス4
弱者の香水ビジネス3
弱者の香水ビジネス2
弱者の香水ビジネス1


(2008-08-27)
page top:▲
弱者の香水ビジネス5
「弱者の香水ビジネス」の五回目です。きょうはダンさんへのインタビュー記事です。聞き手はNYタイムズの記者。場所はベンデル百貨店のチョコレートショップ。


「スリムな体型にブランドの髪をなびかせてバレリーナのように仕草が美しいダンさんに、Ellie立ち上げ話を聞きました。場所はヘンリ・ベンデル3階にあるチョコレートバーです。彼女のフレグランスへの想いは子供の頃にさかのぼります」

「近所の子供達がお小遣い稼ぎにレモネードのスタンドを開いていた頃、ダンさんはハニーサックルやベリー類や様々な花をつぶして手作りで作った香水を売っていました。同じ年頃の女の子たちが人形集めに夢中だった頃、彼女は希少なビンテージ香水瓶集めに励んでいました」

「ゴヤールのトートバッグから装飾用のボトルを抜き取ったり、Cotillionと呼ばれるエイボンの年代物香水シリーズを集めたり、手作りのベネチアングラス(ベネチアで伝統的に作られてきた吹きガラス・人工瓶)のコレクションだったり・・・」

「『小さい頃の思い出はベッドに座ってお母さんのおめかしを見ていたことです』。彼女が特に好きだったことは母親が手首や耳の後ろに香水をちょんと付ける瞬間でした」

「ダンさんはクレディ・スイス・ファースト・ボストンでアシスタントトレーダーとして働いた経験があります。アート史専攻で卒業後はニューヨークでアートギャラリーを運営しました。ギャラリー経営はニューヨークで4代続く彼女の家族のファミリービジネスでもあるのです。このような独立性のある家庭環境が彼女を起業へと誘ったのかもしれません」

「彼女は、ついに優しくて女性らしい香水を自分で創ろうと決心しました。それは、数々の名香が積み重ねて置いてあったおばあちゃんの化粧台をイメージしたものでした」

-------------------------------
Ms. Dunne, a slim blonde with ballerina-like bearing, met a reporter last week to recount the story of Ellie. Sitting on a white tufted-leather banquette in the Chocolate Bar on Bendel’s third floor, she said her interest in fragrance originated in her childhood.

When the other neighborhood children set up a lemonade stand, Ms. Dunne sold homemade perfume made out of mashed-up honeysuckle, berries and other flowers, she said. And while others collected dolls, Ms. Dunne amassed a modest collection of vintage perfume bottles.

From her monogrammed Goyard tote, Ms. Dunne extracted some of the tiny bottles of her collection, carefully unwound them from bubble wrap and arranged them on a cafe table: a quartet of vintage Avon scents including one with the name Cotillion; a set of tiny handblown Venetian glass beakers collected on a college tour of Europe.

“My earliest memories were of sitting on a bed watching my mother get dressed,” Ms. Dunne said. She especially liked how her mother used the perfume stopper to dot perfume behind her ears and on her wrists.

Ms. Dunne had a peripatetic early career: working as a sales assistant on a trading desk at Credit Suisse First Boston, doing graduate work in art history and managing an art gallery in Manhattan that had been in the same family for four generations. That kind of independent family ownership inspired her to start thinking about her own project.

She resolved to create a perfume, a soft ladylike scent that would remind her of her grandmother’s dressing table, laden with bottles of Joy, Shalimar, and Chanel No. 5.
-------------------------------


弱者の香水ビジネス8
弱者の香水ビジネス7
弱者の香水ビジネス6
弱者の香水ビジネス5
弱者の香水ビジネス4
弱者の香水ビジネス3
弱者の香水ビジネス2
弱者の香水ビジネス1


(2008-08-27)
page top:▲
弱者の香水ビジネス4
「弱者の香水ビジネス」が続いています。今日は四回目。あと3〜4回行けそうです。

私の場合、海外でビジネスを展開したことがないので、ヘンリ・ベンデルの"OPEN SEE"は驚きでした。ビジネスマンとしては常識かもしれませんが、転職組の私には流通はまだまだ未知の世界です。香水に限らずファッションでも電気製品でも食品でもニューヨークで自分のブランドを立ち上げるには「まずは老舗百貨店に電話するんだな」が私の発見です。

さて、きょうのセグメントでは、ダンさんの香水がうまくヘンリ・ベンデルの棚に収まった背景が分析されます。では・・・

「ニッチフレグランスの強豪の中にあって、約2万円の香水がすでに数百本も売れた香水。一人で何でもやる『ドゥ・イット・ユワセルフ フレグランス・ハウス』(do-it-yourself fragrance house)としては快挙なサクセスストーリーです。ペンシルベニア州の片田舎から、アメリカで最も目利きの効くと評されるヘンリ・ベンデルの香水カウンターに商品を並べるまでの軌跡は、努力と幸運とクチコミと、そして絶妙なタイミングのなせる技」

「Ellieにとって幸運だったことは最近の美容トレンドの変化です。消費者は今や他人や友人がつけていないニッチな香水を捜していますし、ノスタルジックなものへの憧れも強くなっています」

「『安心感を感じさせるノスタルジック志向テイストやフィーリングを持ったフレグランスに惹かれる女性が増えてきました』と市場調査会社NPDグループのビューティ部門シニアアナリストであるグタントさんは分析します。『こんな不安定な時代ですから。人々の心理が古き良き時代に回帰していることがうかがえます』」

---------------QUOTE--------------
Indeed, even among such rarefied(希薄な) fragrances, the advent of a one-woman do-it-yourself fragrance house that has already sold several hundred $180 bottles of perfume is an unlikely success story. Ms. Dunne’s trajectory(弾道) from Villanova to the shelves of one of America’s most discerning perfume counters is a tale of pluck, luck, word of mouth and exquisite timing.

Fortuitously for Ellie, it plays into two recent beauty trends: consumers looking for niche products their friends don’t have; and scent nostalgia, the fragrance equivalent of comfort food.

“Women are gravitating toward fragrances that have a nostalgic feel, that have a bit more comfort,” said Karen Grant, the senior beauty analyst at the NPD Group, a market research firm that tracks cosmetics sales. “In unstable times, people go back to things that are more familiar.”
---------------QUOTE--------------


弱者の香水ビジネス8
弱者の香水ビジネス7
弱者の香水ビジネス6
弱者の香水ビジネス5
弱者の香水ビジネス4
弱者の香水ビジネス3
弱者の香水ビジネス2
弱者の香水ビジネス1


(2008-08-27)
page top:▲
search
Blog2(72), ブルガリアンローズ(24), ローズジェル(21), 花の香り(21), 香水セミナー(18), moved(18), 香水ボトル(17), 人生(17), ベタガード(16), 白檀香水(15), 練り香水(12), メンズ香水(12), ムスク(11), 香りの話題(11), 香水ビジネス(11), 銀の抗菌防臭(10), 精油(10), モテ香水(10), 『香る生活』(10), アイテム(9), ローズウォーター(7), 香水ニュース(7), 体臭(6), ベチバー(6), 香りと無関係な話題(5), スキンケア(5), 香りと健康(4), 企画・イベント(4), 調香師(パフューマー)(4), ネイルケアこまめ(4), アンチエイジング(4), アロマテラピー(4), お茶(4), 廃盤&復刻(4), 使い方(3), 店舗(3), 香水の悩み(3), 香水カグー(3), 香辛料(3), OEM(3), コスメ名言(3), メルマガ(3), 安眠と香り(3), 感想(3), 化粧品原料(3), お客さま投書(3), ブランド(2), 使用期限(2), 動画(2), 5月の贈り物(2), Amazon(2), 香料(2), sns(2), スモカワ(2), ローズ香水(2), 香水の販促(2), エコ・プロジェクト(1), 香水「摩天楼」(1), スリーピングミスト(1), 沈香(1), 香水月桃(1), 悪臭(1), モバイル(1), ローズマリー(1), ろうばい(1), 犯罪(1), ローズの贈り物(1), 香水の取り方(1), ユリ(1), ハニーサックル(1), プチギフト(1), フェロモン香水(1), 商品開発(1), 社内風景(1), 香水展示会(1), 香水市場(1), 検索ワード(1), スピリチュアル(1), 香水の落とし方(1), お酒と香水(1), 嗅覚(きゅうかく)(1), ジャスミン(1), シャワージェル(1), マスコミ(1), 香木系の香り(1),