香水Bizブログ

日本の香水メーカー武蔵野ワークス
香水創りのブログ (誤字脱字多し、気になる方は近づかないで欲しい)

2006年、新年のご挨拶
●新年明けましておめでとうございます。

今年のテーマの一つは天然香料の重視です。産地が違ったり年度が違うだけでクオリティに差が出る天然香料は、ちょっと扱いにくい原料です。

大企業のマスプロダクト製品では品質のバラつきが大きく採用しにくいものですが、逆に当社のように少量他品種生産しているメーカーこそ扱える素材。今年もよい天然香料を探しに行きたいと考えています。

また、とくに日本の天然香料にこだわるのも魅力的と感じています。国内産天然香料を使用したフレグランスや、天然香料を多く使用した限定フレグランス等創りたいと考えています。

テーマその2はフィールドワークを増やすことです。日々の業務や行事に没頭し、ついついフィールドワークを忘れがちですが自然を感じるために原点に還ることを大切にしたいと考えています。もっとお花畑に出かけようと考えています。
(2006-01-02)
page top:▲
チーズに対抗する日本の食はなんだろうか?
今年、不運にも闘病生活を余儀なくされた友人がいます。病み上がりの友人を囲んで知人達数人で退院祝いに盛り上がりました。

そこでだされたチーズ。

私を含めチーズにはとんと疎い何人かのためにいろいろ説明してもらいましたがチーズの奥深さに脱帽。山羊チーズ美味、カビチーズ最高、発酵食品万歳!という感じでさらなる盛り上り。

ふとこのチーズに対抗する日本の食はなんだろうか?と発すると「漬物」という意見が。

臭いチーズ、香りと匂いがある食品が美味 (2005-12-31)
page top:▲
キミは営業マン向きだ
仕事納めを終えて、完全にお休みモードです。骨と鼻を休めています。

ところで、こんな仕事をしていると「私さんも鼻は利くんですか?」と質問されることがあります。

フランス・グラースで初級パフューマートレーニングに参加したことがあります。さまざまな香料をスメリングして、それが何なのか当てるクイズ形式のトレーニングでしたが、ほとんどの受講生(パフューマー志望の方もいれば素人もいます)が全問正解というかなり初級編ながら、私だけがハマりました。

そのときの先生は、現役パフューマーを引退したフランス人女性の方でしたが、笑いながら、「Oh,You Sell」(キミは営業マン向きだ)とアドバイスされました。それくらいなので鼻は利かないようです。 (2005-12-31)
page top:▲
通販ベンダーの悩み、お支払い問題
通信販売のお支払い方法は様々な手段が普及しています。クレジットカードにコンビニ決済、郵便振替、代金引換、銀行振込・・・

コンビニ決済(コンビニ収納代行決済)など、実際に後払い方式通販ではお支払いを忘れられるケースがあります。

しかし、通販業者にとっては仕事ですので、お支払いが確認できないと連絡したり、お支払いのお願いをすることになります。

これが実にイヤな作業で、ごく希に行き違いや確認や管理ミス、プログラムのバグなどでお支払い済みのお客さまにも連絡することがあります。痛し。
(2005-12-30)
page top:▲
モニター結果
モニター結果がでました。新作の香りは予想通り、おおむね好評です。予定通り「白梅」「螢」は来年早々サンプルボトルリリースを行い、「菜の花」「ミラージュ」はもう少しイメージを暖めます。

新作それぞれへのご意見は、好意的なものから酷評のものまで様々です。多彩な感想や嗜好があってこそフレグランス文化は高くお客様のレベルの高さが伺えます。

現行ボトルはフタのプラスティック部分が痛みやすく、閉めにくくなるという欠点があります。それを改善すべく閉めやすいボトルを試してもらいました。

結果半数の方がニューボトルを評価する一方、残り半数が「現行ボトル」または「何とも言えない」という票に投じられました。

一つにはニューボトルのフタの開けにくさが不評だったことと、現行ボトルの「プラスティック棒」がついていること「底が平ら」の2点を評価する方が多く「欠点もあるけど利点もあるヨ」という意見と思われます。

(2005-12-28)
page top:▲
年の瀬
年末の混雑、買物に繰り出す車で渋滞する私寺駅周辺
年末の混雑、買物に繰り出す
車で渋滞する私寺駅周辺

2005年12月24日武蔵野の夕暮れシルエット
武蔵野の夕暮れシルエット (2005-12-24)
page top:▲