香水Bizブログ

日本の香水メーカー武蔵野ワークス
香水創りのブログ (誤字脱字多し、気になる方は近づかないで欲しい)

オードトワレとオードパルファム#3
パルファム・オードパルファム・オードトワレ・オーデコロンすべてを意味する便利な「香水」というコトバ
-------------------------------

下記は、前々日あげた香水の種類のリストです。

・パルファム(Parfum) -> 厳密な意味での「香水」。
・オードパルファム(Eau de Parfum) -> 香水の水。やや薄め目の香水。
・オードトワレ(Eau de Toilette) -> 化粧室の水。
・オーデコロン(Eau de Cologne) -> ドイツ・ケルンの水。

この他、「パルファンドトワレ」や「シャワーコロン」も比較的使用されます。その他にも違った種類と言い方があります。要はいくらでも命名していいのです。ただ、それが世間で一般的に広く使用されるかどうかの問題です。その言葉がデファクト・スタンダードになるかは別の問題ですので。

そういう意味では現状上記4種類(パルファム・オードパルファム・オードトワレ・オーデコロン)が、世界的にデファクトの地位にある香水の種類だと思います。日本語の場合、厳密な意味での「香水」は「パルファム」のみを差しますが、一般には上記4種類すべてを差します。

世界的に流通している主力香水はオードパルファム・オードトワレなので、香水をパルファムの意味限定で使用することは実情に合いません。「香水」を上記4種類まとめて差すコトバとして使用されることが大半でしょう。逆に「香水」という一言で全部含まれるので便利です。

さて、この香水四兄弟、実はちょっと多すぎる感があります。一応各香水メーカーは、たとえば15%以上はパルファムで8%以上はオードパルファムで・・・なんたらと香料濃度による独自のガイドラインを設けているところが多いのですが、3種類くらいでいいのではないかというトレンドが徐々に世界的に拡大中です。

具体的には、オードトワレとオードパルファムは香りの効果も濃度も違いが少なくオードパルファムに収束する傾向にあります。


(続く・・・)

オードトワレとオードパルファム#4
オードトワレとオードパルファム#3
オードトワレとオードパルファム#2
オードトワレとオードパルファム#1

(2009-06-11)
page top:▲
新作「樹海」

富士山麓に拡がる森林がテーマ


香水「樹海」は、富士山麓に拡がる森林の香りをテーマにした香りです。

「樹海」(じゅかい)というネーミングであなたがイメージする光景は?・・・青木ヶ原樹海ですか?社内でもイメージがややマイナスにブレるかもしれないという危惧の声が多かったのですが、悩んだ末決定されたネーミングです。

他に候補になったネーミングも紹介します。

「コメツガ」「モン・フジ」「マウント・フジ」「シュヴァルツヴァルト」「フジ・フォレスト」・・・


コメツガのシトラスな香り


フローラル・フォーシーズンズ「樹海」は、富士山とその森林を覆う空気を吸って受けた感動を香りに託した作品です。

大地の匂い、燻る落葉の匂い、苔の匂い、樹木の匂い・・・様々な匂いが混じり合う世界です。

特にモミの木に似たコメツガの凛々しい姿に心惹かれ、コメツガの葉のグリーン感をベースにメンズの香りへと仕上げました。

おもしろいことにコメツガの葉っぱを手のひらの上で揉んで上がる香りには優しくナチュラルなグリーン感だけでなく、グレープフルーツの香りが内包しています。

それは、針葉樹の葉にありがちなシャープなグリーン感ではなく人の心に懐かしさを呼び覚ます香りでした。パフューマーはインスピレーションを大いに刺激されました。クリエーション魂に灯が灯る香りでした。


樹木の香りをベースに爽やかに


シプレーでもないフゼアでもない、メンズフレグランスに多用されるレザー(皮革の香り)やタバック(葉巻やパイプの香り)も使用せず、とにかく「ナチュラルで爽やか」に仕上げました。

あまりにもナチュラルでユニセックスとしても充分に使用可能です。

コメツガとは、ツガ(栂)という樹木の仲間。葉っぱが小さいので「米粒のツガ」という意味でコメツガ(米栂)と呼ばれるそうです。

マツ科ツガ属の樹木。高地でも低地でもない山岳地帯を好んで生育する日本固有の針葉樹です。

松の木同様、しゃがれた樹皮はいかにも厳しく触りがたく、見る人に近寄りがたい印象を与えます。

とくにコメツガは岩肌がむき出しになった崖や急傾斜地、土壌の薄い尾根や稜線など険しいところもモノともせずに這いつくばって巨木に成長します。そんな様がオトコの強さや逞しさのような安らぎ感を与えます。


別のメンズフレグランス構想から着想を得る


この香りにはちょっとした思い入れとテーマが紛れ込んでいます。

数年前、遊び心ではじまったオードパルファム「土方歳三」という商品開発プロジェクト。

以前このブログで書きました。オードパルファム「土方歳三」のアイデアは、新宿のあるレストランでオヤジ達のトグロから飛び出したものでした。

その後、資料館になっている土方の生家やゆかりの土地に行ったり(もともと多摩地区の人ですから生家もゆかりの地も武蔵野に点在)、資料を集め読んだりしましたが、開発プロジェクトそれ自体は頓挫しました。

そのとき集め溜めた「土方の香り」のスケッチブックは、ずっと頭の中に残っていて、それが形になったものが『樹海』です。

完成したモノは「鬼の副長・土方」には、とても似合わないナチュラルで優し香りですが、森林のような深みは共通しています。

・格調高くナチュラル

・爽やか

・大人の男女におすすめ



樹海
(2009-06-10)
page top:▲
新作「スイカズラ (ハニーサックル)」

スイカズラとは?


スイカズラ、別名ハニーサックルは、芳香性のあるツル性植物。

案外街中にも咲いていて園芸で植えたものが、あれよあれよと増えて、近所の川辺などで野生化してしまうイメージがあります。放置しておくとうっそうとした森を作る逞しさです。

このスイカズラ(ハニーサックル)は、フランス語でChevrefeuille(シェーヴルフイユ)と呼ばれます。フランス人が大好きな香りの花です。

フランスではChevrefeuilleの香りをテーマにしたシャンプーやシャワージェル、ローションなど様々な製品が作られています。フランスで人気がある香りは日本でも好まれる傾向があります。


花から香りのエッセンスが採れないスイカズラ


このスイカズラ(ハニーサックル)は花から精油があまり採取されません。一部アブソリュートとして採取されハニーサックルオイルとして市販されています。

しかし、スイカズラ(ハニーサックル)のアブソリュートは重油のような黒い粘着性の液体となります。香りも花の香りとはかなり違ったものです。

その代わりスイカズラ(ハニーサックル)の香りは比較的入手しやすい成分(香料)と素直な組成(処方)で花の香りに近い香りが再現できます。


フランスでも調香の代表的な実技対象


フランスで香水の勉強を始めるとスイカズラ(ハニーサックル)の調香実習が組み込まれているパフューマー用訓練校やスクールも少なくないようです。

これほどポピュラーなスイカズラ(ハニーサックル)ですが、しかし、何でもそうですが、花とまったく同じ香りを再現することは不可能です。そこに各香水メーカーや香水ブランドのテイストが加味されます。


スイカズラ製品


フランスでパフューマリーやコスメショップをブラブラすると様々なスイカズラ(ハニーサックル)のフレグランスやトイレタリー製品を見つけます。

何点か買い込んでホテルに持ち帰り試すと、これがスイカズラ?(悪い香りという意味ではありません)というものからかなり近いものまで同じスイカズラ(ハニーサックル)でもいろいろです。

(また、現地で買い込んだものを日本に持ち帰るとさらに違った印象を受けることは多々ありますよね)


武蔵野ワークスのスイカズラ


香水「スイカズラ(ハニーサックル)」は、日本のスイカズラ(ハニーサックル)をベースに調香しました。調香を担当したのはフランスの方です。

東京の街中を散策中に出会ったスイカズラ(ハニーサックル)の香り触発されて制作しました。


香りのフィールドワーク


パフューマーは1千近い単品香料の匂いを記憶していますので、香りを嗅ぐとその香気に含まれている成分をある程度見分けることができます。

さらにその匂いを感覚として記憶できます。記憶された香りをラボで再現するのですが、一気にできあがる場合もありますし、はまる場合もあります(そして、ついに出てこれないことも)。

ある程度試作ができると、香りを確かめる(評価する)ために再度同じ場所に行き同じ花の香りと嗅ぎくらべますが、悲しいことにだいたい試作ができあがる頃には、花は散り、もう一年待つことになります。

そうやって1年〜2年は軽く経過していきます。


何年も通うことになる花畑


私が企画し開発依頼をかけている「菜の花」は構想からすでに3年。ラベル制作まで完了していますが、作品自体が完成しません。

今年ようやくリリースできた「れんげそう」も3年程度かかりました。

もっとも「れんげそう」は花自体に香りがないのでフィールドワークはあまり意味がなかったのですが、レンゲソウ畑に通いました。

香水「スイカズラ」の特徴


ところで、本製品ですが、香水の宿命の香調変化(トップノート・ミドルノート・ボトムノート)は、比較的少なく、トップからボトム(ラスト)まで案外的安定したスイカズラ(ハニーサックル)の香りをお楽しみ頂けます。

清潔感があるフローラルな香りの中に含まれる、ちょっぴり、なんというか「カワイらしいセクシーさ」もお気に入りです。

目を閉じればカワイイく香ることに共感いただけるかもしれません。

ライトでナチュラル、グリーン感があるフローラルを愛する方におすすめです。



スイカズラ(ハニーサックル)
(2009-06-10)
page top:▲
オードトワレとオードパルファム#2
「香水」を意味するようになった「オーデ」や「オード」
-------------------------------

「オーデ」や「オード」は文字通りには「〜の水」という意味です。しかし、香水用語としての「オーデ」や「オード」は「やや薄めの香水」程度に理解して差し支えありません。香料濃度の問題です。

もちろん「オーデ」や「オード」が純粋に「水」を差す場合もあります。たとえば、パリ水道局が何年か前から実施している「水道水を飲もう!キャンペーン」では、パリの水道水のことを「Eau de Paris」(オードパリ)と命名していました。

我が日本では東京都が「水道水を飲もう!キャンペーン」を打ち出しています。ペットボトルの製造・流通・回収・廃棄(埋め立てやリサイクル)に投入される環境負担は大きいと思います。ブランド系ペット飲料水でご飯を炊いていると自慢している人の話を聞いたことがあります。ご本人のメリットはもっともなことながら第三者的にはやり過ぎ感がありました。

「水道水を飲もう!キャンペーン」はニューヨークではブレイクしており、高級レストランが有料ミネラルウォーターの代わりに無料水道水を出すサービスが人気などと先日、朝のNHKニュースが取材していました。ロンドンも「水道水を飲もう!キャンペーン」を展開中ですし、イタリア、ドイツでも・・・

日本の優しくおいしい水(軟水)と違って、ヨーロッパはたいてい硬水(カルシウムやマグネシウムの含有量がてんこ盛り)。慣れない人が彼の国へいくと3日程度で髪も肌もガサガサ・ボロボロになる話はよく聞きますよね。それでもそれを飲もうということで凄い話です。環境問題はそこまで来ているんですね、と感じます。

ところで、東京都の「水道水を飲もう!キャンペーン」で仮に東京ブランドの水道水にネーミングを与えるとしたら?・・・パリのように「Eau de Tokyo」(オードトウキョウ)と銘打つと、やはりどうも水道水ではなく香水をイメージしてしまいます。

フランス人には水のイメージも残るでしょうが、世界的に「オーデ」や「オード」は今や「香水」のイメージになっています。英語圏で開発される香水もフランス語風に「オーデ」や「オード」が冠されることが多いのもうなづけます。

(続く・・・)

オードトワレとオードパルファム#4
オードトワレとオードパルファム#3
オードトワレとオードパルファム#2
オードトワレとオードパルファム#1
(2009-06-10)
page top:▲
オードトワレとオードパルファム#1
「香水」という一語では足りないフランスの香水文化
-------------------------------

きょうは香水用語のトピックです。「香水」という日本語はよくできている言葉です。短くて的確。英語の「Perfume」(パフューム)やフランス語「Parfum」(パルファム)の和訳として当てられた漢字です。

中国語でも「香水」が使用されますので「香水」という漢字が日本人によって漢字訳されたのか、中国人によってなされたのか私には定かではありません。

一方あちらの「Perfume」(パフューム)や「Parfum」(パルファム)は、どちらもともにラテン語の「Per Fumum」(煙を通して)が語源。これは香水の教科書や歴史書の一番最初に出てくる内容です。

古代の人々が香料を焚いて神様に祈りを捧げた光景が目に浮かびますね。香水の起源がどんなものだったか、強く印象づけられます。やはり香水とは宗教とは切り離せない何者かだったんですね。

ところで、日本語では「香水」と「香料」の間には明確な違いがあります。香水とはカラダにつけて楽しんだり自己演出するための化粧品です。「香料」とは香水の原料になったり、食品の香辛料を意味し料理の材料や隠し味に利用されます。

ところが、英語の「Perfume」(パフューム)は、香水とその原料である香料の境が明確でありません。会話や文意の前後から香水なのか香料なのか、判断するしかありません。「Brother」や「Sister」と同じで兄か弟か姉か妹か、訳しにくいですよね。英語圏の人々が香水に関して時としてフランス語を使用する理由はここにあると思います。

一方、世界でもっとも香水文化が発展したフランスでは「Parfum」(パルファム)といえば、やはり香水を意味します。しかし、この国では「Parfum」(パルファム)だけでは足りなくて、パルファム以外にオードパルファム、オードトワレ、オーデコロンなど同じ香水ながら微妙に違う使い分けをします。

「オーデ」や「オード」は「Eau de」の日本語読みですが、鼻に抜けるような「de」の音が日本語にないので、便宜上「デ」や「ド」を当てていますがどちらも同じ意味。人によって「オーデ」や「オード」になります。意味は「〜の水」(Water of 〜)です。

・パルファム(Parfum) -> 厳密な意味での「香水」。
・オードパルファム(Eau de Parfum) -> 香水の水。やや薄め目の香水。
・オードトワレ(Eau de Toilette) -> 化粧室の水。トイレの水や芳香剤という意味ではありません。
・オーデコロン(Eau de Cologne) -> ケルンの水。ドイツのケルンで売り出された香水。

(続く・・・)

オードトワレとオードパルファム#4
オードトワレとオードパルファム#3
オードトワレとオードパルファム#2
オードトワレとオードパルファム#1

(2009-06-09)
page top:▲
米eBay、フェイク訴訟の行方
インターネット時代のブランド攻防戦を象徴する争い
-------------------------------

日本のオークションサイトでは有名ブランドの製品が破格な価格で販売れていることがあります。訳あり本物もありますし、贋物・フェイクの場合もあります。フェイクの場合、あえてフェイクであることを前提の場合もありますし、落札者を欺くためのフェイクもあります。

世界最大のオンラインオークション会社、eBayでも事情は同じで、ここ数年、ティファニーやロレアル、LVMHなど世界の大ブランドさん次々と対eBay訴訟に踏み切り法廷での闘いが続いています。

訴えの内容は、多くの場合、そういうフェイクを取り締まる努力がeBay社に不足しており、eBayのマーケットプレイスは不正取引会場化し不正取引を増長しているというものです。一方、eBay社の主張は個人の自由な取引に制限を設けることは経済全体の発展を損なうと反論しています。

あなたはどちらが正しいと思いますか?

世界の大ブランドさんたちは、ブランド商品が本物・フェイクに関係なくそもそもオークションサイトにて取り扱われないことをの究極の目標に設定していると推測されます。この話題は昨年も取り上げさせて頂きました。

闘い続くeBay対ブランド各社とのフェイク訴訟

eBay社はさまざまなブランドさんと法廷訴訟中ですが、ことロレアル社が2007年に起こした5カ国での対eBay社5件の訴訟に関しては3対1で勝利、1件は審議中です。

今日のニュースはこの4件目、英国高等法院が下した判決です。eBay社は「A victory for consumers」(消費者にとっての勝利!)と判決を歓迎するコメントを発表。

eBayが英国でL'Orealに勝利
UK Court Clears eBay in L'Oreal Fakes Case

--------------(引用)--------------
米メディアの報道(Internetnews.com)によると,L'Orealは,同社ブランドの香水やフェイス・クリームの偽造品がeBayのネット・オークション・サイトで販売されていることについて,eBayに責任があるとして提訴した。偽ブランド品の売買を防止するため,eBayサイトにおけるL'Oreal製品の販売を禁止するよう求めていた。しかし英高等法院は,eBayに責任はないとの判断を下した。
--------------(引用)--------------

---------------QUOTE--------------
A high court in the United Kingdom has ruled that eBay cannot be held accountable for the sale of counterfeit L'Oreal perfumes and face creams.

The cosmetics maker had argued that knockoffs were rampant across eBay's (NASDAQ: EBAY) marketplace, and sought to bar the sale of its products on the site to cut off the counterfeit trade.
---------------QUOTE--------------

ブランドの育成と保護は国策であり国家戦略という考え方があるフランスは、ややブランド有利の政治的判決が多い印象を私は持っていたのですが、そのフランスでも本件はeBay勝訴で幕が引けました。

eBay社勝訴:
・ベルギー
・フランス
・イギリス

ロレアル社勝訴:
・ドイツ

審議中
・アメリカ

商業裁判に上告制度があるのか、彼の国々の司法の仕組みがどうなのか不明ですが、法がどうであれこの闘いはまだまだ続きます。きょうのニュースはeBay社対ロレアル社の闘いでしたが、数多あるブランドさんが続々とeBay社提訴の構えを見せており、eBay社としても包括的な活路を見出す手法を模索されているに違いありません。


(2009-05-28)
page top:▲
search
Blog2(72), ブルガリアンローズ(24), ローズジェル(21), 花の香り(21), 香水セミナー(18), moved(18), 香水ボトル(17), 人生(17), ベタガード(16), 白檀香水(15), 練り香水(12), メンズ香水(12), ムスク(11), 香りの話題(11), 香水ビジネス(11), 銀の抗菌防臭(10), 精油(10), モテ香水(10), 『香る生活』(10), アイテム(9), ローズウォーター(7), 香水ニュース(7), 体臭(6), ベチバー(6), 香りと無関係な話題(5), スキンケア(5), 香りと健康(4), 企画・イベント(4), 調香師(パフューマー)(4), ネイルケアこまめ(4), アンチエイジング(4), アロマテラピー(4), お茶(4), 廃盤&復刻(4), 使い方(3), 店舗(3), 香水の悩み(3), 香水カグー(3), 香辛料(3), OEM(3), コスメ名言(3), メルマガ(3), 安眠と香り(3), 感想(3), 化粧品原料(3), お客さま投書(3), ブランド(2), 使用期限(2), 動画(2), 5月の贈り物(2), Amazon(2), 香料(2), sns(2), スモカワ(2), ローズ香水(2), 香水の販促(2), エコ・プロジェクト(1), 香水「摩天楼」(1), スリーピングミスト(1), 沈香(1), 香水月桃(1), 悪臭(1), モバイル(1), ローズマリー(1), ろうばい(1), 犯罪(1), ローズの贈り物(1), 香水の取り方(1), ユリ(1), ハニーサックル(1), プチギフト(1), フェロモン香水(1), 商品開発(1), 社内風景(1), 香水展示会(1), 香水市場(1), 検索ワード(1), スピリチュアル(1), 香水の落とし方(1), お酒と香水(1), 嗅覚(きゅうかく)(1), ジャスミン(1), シャワージェル(1), マスコミ(1), 香木系の香り(1),