香水Bizブログ

日本の香水メーカー武蔵野ワークス
香水創りのブログ (誤字脱字多し、気になる方は近づかないで欲しい)

縦断中の台風、強風に混じる金木犀&銀杏の香り
台風とキンモクセイ、東京のキンモクセイは、なぜか毎年台風とぶつかりやすい
-------------------------------

この記事を書いている現在、台風が長野から高崎方面へと縦断中とのことで、東京は青空の割にはよろめくほどの強風が吹いています。

こんな日はビジネスも会社も概ねお休みモードですが、今日は待ちに待った重要な打合せが。まずは会社によって資料を取り、外出という段取りになっており、のこのこと出てきました。

国立駅からオフィスに至るルートはいろいろあるのですが、いずれもだいたい一橋大学の正面か裏道を通るルートを辿ります。

きょうは裏道コース。キャンパス内にはうっそうと巨木が繁るエリアがあり、強風に踊るキャンパスの樹木のきしむ音にはやや恐怖を覚えます。

道路には散乱した枝葉に混じって折れた大木もあり、こんな枝が頭上に落ちる運の悪さは人ごとでないのですが、実は大木より恐怖を覚えるのが栗。

東京の街路に栗の木があって、ゲジゲジの栗がところ構わず降り注ぐ様子は地方の人には想像しにくいかもしれませんが、現在でも武蔵野周辺ではありです。

一橋大学の校庭や周辺のご家庭の庭には案外栗がたわわに実っています。それどころか、栗畑さえ見かけます。ついでにブドウ畑やブルーベリー畑なども見かけます。意外でしょ?

台風の日には強風に舞う巨大な「看板」と「栗」には注意が必要です。私はハチにも刺されやすいし、栗はやや怖い。


それと何の因縁か、昨日から金木犀がいっせいに開花しはじめました。

しかも、昨日は終日の豪雨。よりによってあんな豪雨の中で咲かなくとも・・・と気の毒になる思います。運が悪いというか、逞しいというか、金木犀たちは開き直っている感じがしないでもないです。

私には、金木犀はちょっと「開き直っている」感じがあるんですよ。

その理由はまた別の機会に書くとして、複雑な思いで金木犀の開花の瞬間に立ち会っています。

今日は強風の中に金木犀の香りが微かに混じって感じられます。

この強風で開花せずに落ちていく蕾も多数あり残念です。

しかし、この後、抜けるような青空が開けるでしょう。明日、東京の金木犀は満開になる予感がしています。雨にならないことを祈るばかりです。

さらに、国立のメインストリートでは銀杏の実が大量に湿った地面へと吹き飛ばされて糞尿に似た匂いをゴージャスに放っています。

香りと匂いの競演ですね。

それもこれもひっくりめて自然。これも人生に似ていますよね。


(2009-10-08)
page top:▲
「モニタープラザ」体験談#2 スリーピングミストの場合
モニターは自社でもやれるのですが、幅広い客層の意見を収集したい場合はサードパーティのこのようなサービスは役立ちます。

とはいえ、実はモニターしていただける会員さんがどのような人か、という点がサードパーティサービス利用のハードルを高くしている理由です。

会員さんは感想を言ってくれない方も当然多いでしょう。言ってくれても「よかった」だけでは情報としたはほぼ無意味。企業サイドからすれば自分のコトバで、さらにうれしいことは自分の実体験とともに語られる情報や感想は大変貴重です。

モニタープラザの会員さんから送られてくるモニター意見や情報は、今のところ期待以上。その理由は不明ですが、もしかしたらもともとコミュニティから発展した組織がベースということに起因するのかなと分析しています。


たとえば、先日「スリーピングミスト」のモニターを募集しました。応募記事の中にこのようなものがありました。

・「薬局で働いていた時、世の中にこんなに眠れない人っているんだと思いました。ほとんど自分自身眠れないっていうことがないので、びっくり」

睡眠改善薬や睡眠導入剤が大型ヒットをとばしている事実はニュースとして知っていますが、薬局の店員さんの立場からお聞きする一言は妙に説得力があって素朴に「世の中、そんなに眠れない人がいるのか!」と私自身納得してしまいました。

素朴ですが、新鮮な驚きでした。

・「イタリアで家具用パルファン」を購入されたという方の話もありました。それだけの話で、そのまま当社が家具用パルファンを開発するという意味ではありませんが、新商品開発のマインドにちょっと刺激になったりします。

・「ローズの香りのボディークリームを塗ると、ぐっすりと眠ることができます」・・・これは、内心「そうでしょう、そうでしょう」と共感型のご意見でした。

当社製品には現状ボディークリームはないのですが、リリースすればそういう効果が期待できると感じていましたので、自信につながります(とはいえば、現状ボディークリームのリリース予定はないです。はい)。




(余談)この時のテーマは「香りでよく眠れた体験ありますか?」

投稿内容を要約すると・・・

・洗濯物や布団に残った太陽(お日様)の匂い
・アロママッサージ
・アロマキャンドル
・アロマポットやアロマディフーザー
・香りのよいボディークリーム
・香りのよいシャンプーや石鹸
・畳の匂い



「モニタープラザ」体験談#2 スリーピングミストの場合
「モニタープラザ」体験談#1 裏事情

(2009-10-06)
page top:▲
「モニタープラザ」体験談#1 裏事情
きょうは久々、ビジネスの話です。

「モニタープラザ」というサービスがあります。アライドアーキテクツ社という会社さん提供しているサービスです。

体験談といえば多くは会員さんサイドの話が多いと思いますが、きょうの記事はモニターをお願いする企業サイドの話です。

アライドアーキテクツさんから電話をもらったときはあまり関心がなかったのですが、社用でJR恵比寿駅近くに行く際、帰り道、たまたま近くにあったアライドさんを訪ねて担当者とミーティングルームでインターネットマーケティングについて話が盛り上がり、その勢いのまま、社内で検討して数ヶ月間加入することになりました。

企業でマーケティングを担当されている方なら同じ意見かもしれません。マーケティングは本気でやれば「カネはいくらあっても足りない!」。費用対効果がはっきりしないまま湯水のようにあっという間にきれいに消え行く膨大な広告費も体験が多い話。

「何か効果あったのかな?」

・・・とは上層部に説明しにくくて、それらしきデータを掻き集め分厚いレポートにして会社に提出した経験があります。

昔の話ですよ。

しかし、武蔵野ワークスは広告費をほとんどかけない会社。

モニタープラザさんは大企業さんの加入もちらほら見受けられる割には、マーケティング費用としては、かなりのお値打ち。懐具合の実状も合致して、モニタープラザで商品を数点モニター募集させていただいています。

現在開催中のモニタープロジェクトは「ローズ・エッセンス コンシンのジェル」。


(続く・・・)


「モニタープラザ」体験談#2 スリーピングミストの場合
「モニタープラザ」体験談#1 裏事情


(2009-10-06)
page top:▲
テレックスとFAXと電子メール#2
会社のカフェテリアでコーヒーを飲んでいると、メンテナンスで訪問中だったテレックスの業者さんがたまたま正面に座り、顔見知りだったこともあり自然と世間話を始めました。

話題がテレックの話に及んだとき、まだ若造のアホだった私は不覚にも「テレックの時代は終わりましたね。今はFAXですかね?」なんて、のーてんきに発言してしまいました。

失礼なことを言ったもんです。本当に申し訳ない。

彼は形相を変えてファックスに対するテレックスの優位性について朗々と話し始めました。怒濤の解説といった感じで、ただならぬ気配に圧倒されたものです。

要約すればテレックスは裁判の際、送受信の証拠能力があり物証として認められるものの、ファックスは認められない。

そういう裁判判例があるのか、法律があるのか、世界的にそうなのか私にはわかりませんが、彼の持論は「企業はテレックスを使うべき!」という固い信念でした。

テレックスを駆逐したFAXは、今度は逆にメールによって自らの存在が脅かされています。まるで諸行無常の『平家物語』を地で行く状況です。

ただ、FAXはテレックスと違って一般家庭に相当数普及していますので、FAXはこれからも相当長い期間生き延びる予感がしています。とくにタイプライター文化がなかった日本や中国では、もともとキーボード人口が圧倒的に少ないことも大きな背景。

企業でさえまだ電子メールに対応しないところも多いものです。今時の取引先の名刺にはメールアドレスがすべからく刷ってあるものですが、電子メールで送信したものに対して担当者から電話があります(しかもケータイに)。

「パソコンがちょうどクラッシュして調子が悪いんですよね。ウイルスかな?念のため同じ内容をFAXで送ってもらえませんか?」

というご依頼も少なくありません。企業戦士といえども、おじさんたちはまだまだ「電話&紙」なんですね(しかもケータイ)。

OK、ノープロブエム!

FAXソフトで、メールソフトからそのまま再送信させていただきます。3クリックくらいでFAX送信は完了です。

時代が激流のように移ろいで行きます。


テレックスとFAXと電子メール#2
テレックスとFAXと電子メール#1


(2009-10-03)
page top:▲
テレックスとFAXと電子メール#1
10月に入りましたね。一日一日気候の変化が感じられる季節です。素敵な秋をお過ごしください。

きょうは、私のテレックスとFAXと電子メールの思い出話でお付き合いください。

自宅の押入を整理していたらFAXがでてきました。動くには動きそな気配ですが、使う当てもなく「燃えない粗大ゴミ」としてお金をかけて業者に引き取ってもらうしかなさそうです。

電子メールが日常的な通信手段となっている私の場合、今となってはFAXは手書きお絵書きの送信くらいしか必要なくなりました。

手書きお絵書きでさえスキャンして電子メールに添付できますので、相手がメールを使っていればFAXは、完全に無用の長物。

昨年実家に帰省したおり、古びた巨大なFAXを目撃。姉が友人から譲り受けたものでした。「まだ動く」と満足げで、内心、彼女はどうかしていると思いましたね。彼女も職場では電子メールを使用しているのですが、レトロなんですね。

私が社会人になった頃、会社にはテレックスが置いてありました。タイプライターにロール紙がくっついた、いかついヤツです。

朝、出社するとテレックスルームには海外からの電信文で吐き出されたロール紙の紙が散乱していたものです。

内容は全部、英文・大文字テキスト。それまで海外にでたことがない私には、ちょっと「インターナショナル」な雰囲気を味わえたものです。

が、数年でFAXにとって代わられました。時代はテレックスからFAXへの移行期。日増しにロール紙の散乱は少なくなっていき、ついに数日に一回程度、あまり重要でないメッセージが打ち込まれる程度にまで落ち込みました。

たまにくるのはテストメッセージ。海外のスタッフがテレックスの動作テストしているようでした。


テレックスとFAXと電子メール#2
テレックスとFAXと電子メール#1

(2009-10-03)
page top:▲
サンダルウッドフレークの香り#3
サンダルウッドの木片が到着しました。たんなる木片ですが・・・
-------------------------------

サンダルウッドの樹木に戻ります。

サンダルウッド樹木にオイルの乗りがよくなるのはモンスーンがはじまる頃。インドではモンスーンの頃、計画的にサンダルウッド樹木が収穫されます(密猟被害もあるとのこと)。

サンダルウッドオイルが採取される部分は樹芯部。

いつくかのオイル採取方法がありますが、多くは樹芯部を冷却粉砕して水蒸気蒸留にかけます(この冷却粉砕する際の工場は、サンダルウッドの芳香が充満し、恍惚とめくるめく魅惑の世界らしい。マイソールに見学に行ける日を企んでいます)。

樹芯部周辺の木材は、残念ながらオイルの含有量が少なくオイル向けでなく調度品などに当てますが、それでも余る端材が、一部ランクが低いお香用香料原料になったりしますが、実のところあまり使い途がありません。

サンダルウッドオイルが含まれていますので廃棄するにはかなりもったいない!

世界的に希少で年々高騰するサンダルウッドですが、この部分だけは比較的安価に入手できます。とはいってもコストメリットは享受するにはコンテナ単位で買い取ることになります。

生産者もコンテナ単位のビジネスを望むでしょう。しかし、一般人はもちろん、企業でさえ、20フィートコンテナで横浜港に荷揚げされても、保管する場所さえないのが実情でしょう。

今回、ある商社さんからこのサンダルウッドの端材を、段ボール箱一個分だけですが、わけてもらえることになりました。

到着したサンダルウッドが写真のもの。私たちは「サンダルウッドチップ」や「サンダルウッドフレーク」と呼びます。

フレーク(flake)とは、発音は「フレイク」がいいと思いますが、チョコフレークのように薄い薄片を差します。

サンダルウッドフレイクは、必要ない人には道端に落ちている木片、たんなるゴミですが、サンダルウッド(白壇)ファンには、いろいろ使い途があります。

サンダルウッドフレイクは、焚けばそのまま無調整の天然白檀の香りがしますし、洋服タンスにいれておけば衣服が魅惑の白檀テイストの香りに変化します。

・枕元に置けば安眠への誘い・・・爆睡の可能性
・クローゼットに入れておけば、天然の防虫剤・・・特に和服はいけてます!
・お香として焚けば魅惑のお部屋の演出・・・瞑想にいいですね。

11月に「サンダルウッド(白壇)キャンペーン」を計画しています。詳細はまだですが、プレゼントとして、希望者にこの「サンダルウッドフレーク」をお付けする予定です。


サンダルウッドフレーク

武蔵野ワークスは、サンダルウッド(白壇)にかなり前向き&意欲的。
サンダルウッド(白壇)ファンのみなさん、ご期待下さい!

サンダルウッドフレークの香り#3
サンダルウッドフレークの香り#2
サンダルウッドフレークの香り#1
(2009-09-25)
page top:▲