香水Bizブログ

日本の香水メーカー武蔵野ワークス
香水創りのブログ (誤字脱字多し、気になる方は近づかないで欲しい)

肌に付ける以外の香水の使い方
移転しました(Moved)

(2008-11-20)
page top:▲
テレビを食らう携帯電話
先日のブログでは私たち日本人が「テレビ離れ・新聞離れ」で米国と同じ方向へ流れ行く浮き世の姿を、私も一消費者として固唾を飲んで見守っている様子を報告しました。

今日は、さらに子供達の「テレビ・新聞よりケータイ」に突進している姿を書きます。

思うに、メールも電話も個人宛(person-to-person)への通信にはおカネがかかってもいいけどマスメディア情報はタダでないとイヤン!という姿。

情報革命が起きた結果「情報は無料当たり前、コミュニケーションは有料OK」という今時の世相が浮き上がる気がしまいます。

取り上げられたら困るのは「ケータイ」

ある会社さんが実施したアンケート結果です。アンケート対象は15歳〜39歳の全国のケータイユーザー300名、男女比率は50%対50%。

「ケータイ」「パソコン」「ゲーム機」「テレビ」のうち「取り上げられたら一番困るのモノは?」

・1位「ケータイ」半数以上で断トツ。
・2位「テレビ」20%
・3位「パソコン」20%

やはりケータイ!。ケータイは今となってはテレビ、ブッチギリです。

ちなみに「ゲーム機」は1%。ほとんど重要でないようです。まあゲームは、簡易版ですがケータイにもパソコンにも付いていますので。もはや「ゲーム機」という機器の存在価値が失われつつあるのでしょうか。月並みな意見で恐縮ですが、発送の転換を図ったwiiは正解だったんですね、

注意を要するのはこの結果が10代から30代まで平均した結果ということ。もし、10代だけをみれば、さらに驚くべき結果が・・・

・1位「ケータイ」70%以上で断トツ。
・2位「パソコン」20%
・3位「テレビ」8%

10代の大切なモノ優先順位は明快です。なんとテレビは8%です。

「ケータイがあればテレビはいらない!」という意味ではありません。

が、昭和の原動力だった「三種の神器・テレビ」の地位下落はとどまるところを知りません。若者にとってテレビはもはや陰の薄い存在。

米国では子供達のテレビ離れが急速進行中ですので世界的な傾向なんですね。アメリカでも中国でもインドでも、テレビでなくモバイルかPCなんですね。

テレビ氷河時代の突入前夜、予兆が続いています。

世界一の自動車メーカーにしてテレビをはじめマスコミに対して広告費用を豊富に拠出・供給しているトヨタ自動車は、この夏、新聞やテレビなどマスメディア広告・宣伝費の大幅削減を発表。

「2009年3月期、新聞やテレビなどのマスメディア向け広告・宣伝費を、前期比で3割削減」(時事通信)

トヨタが動けば他の自動車メーカーも動きますし、すべての産業に影響を与えます。

それどころか、そんな折り、トヨタ自動車の奥田碩氏は、マスコミの過剰な厚生労働省批判に対して「個人的な意見だが、本当に腹が立っている」「何か報復でもしてやろうか」とマスコミに対するスポンサー降りを示唆。

本当に異例のことです。

コトバ通りに受け取るマスコミ関係者はいないのでは?むしろ、暗にトヨタからさらなる広告宣伝費カットのノロシが上げられた!と解釈する方がなんか自然。

すわ、一大事。マスコミに激震が・・・

テレビにスポンサーが付かなくなる時代。テレビ局にもテレビ番組制作会社も次第に高額なキャスターやタレントを起用できなくなるのでは?

実際すでに始まっている現場での制作費カット、ギャラ相場の地滑り的下落。悲鳴が業界関係者から聞こえてきます。

それもこれも人々が「テレビ」から「ケータイ」へと優先順を変えていることが遠因なんでしょうね。

しかし、新聞もテレビもなくなることはありません。影響力の程度の問題であり「唯一無二・圧倒的存在」だったテレビの世論支配力が若干揺らぐ程度です。逆にいえば世論形成の民主化が進むことかなのもしれません。

また、個性的ながら小規模な企業にとっては、まったく縁遠かったテレビCMが、なんか現実感を帯びた媒体に見えてきます。電通さん抜きで行きましょう。

ある意味、戦後半世紀以上既得権でガッチリ固められてきた現体制が揺らぎ、第二のソニーや第二の松下が登場できる舞台が出現しているのかもしれません。

時代は変わるんですね。

(2008-11-18)
page top:▲
新聞三昧、日曜日の朝の贅沢な過ごし方
名古屋タイムズが先月末に休刊しました。10月初旬「名古屋タイムズ休刊へ/創刊62年の夕刊紙」というタイトルがにいろいろなニュースサイトで踊りました。

「ついに来たか」という感じです。

米国では一歩先に中小の新聞社の休刊やネット特化型への移行がかなりのスピードで進行しています。キーボード文化が伝統的に普及している欧米ではPCも日常生活の中にすんなり受け入れられ、インターネットでニュースを読む人が急増していることが理由です。

日本はまだまだ大丈夫。紙媒体愛用者がはるかに多いと思います。

しかし、若者のテレビ離れ・新聞離れが確実に顕在化しており、米国と同じ方向を向いていると多くの人が感じています。

新聞社からすればネット媒体の最大の悩みは「無料」の部分。

ネットは黎明期の頃から「無料文化」が際立っていました。無料ブラウザでフリーソフトを無料ダウンロード。捜すときの検索エンジンも無料で利用できます。

ニュースのネット配信も基本的に無料です。消費者にとってありがたい無料も、反面、新聞社にとっては死活問題。

インターネットのニュース配信で収益を上げる方法はいかに?

ニューヨーク・タイムズは去年、それまで有料だったアーカイブサービス(過去の記事検索・閲覧サービス)を無料化しました。ウォール・ストリート・ジャーナルも無料化へと検討中とのことです。検索エンジン対策がその背景にあるようです。生き残りの方策はやはり広告収入モデルのようです。

朝、通勤電車の中で読まれていた新聞も今ではケータイに取って代わられた印象があります。


朝、喫茶店で新聞を読むのが好きでした。

とくに、私にとって日曜日の朝、喫茶店でさまざまな新聞を読むのが贅沢な過ごし方の定番でした。

ページをめくる指先が新聞のインクでかすかに汚れていたあの頃が今となっては懐かしい。


(2008-11-16)
page top:▲
移り香、防虫剤の匂いでカップ麺回収騒動
最近「防虫剤などと一緒に保管しないようお願いします」というテレビコマーシャルが流れていることをご存じでしょうか?

日清食品が流しているコマーシャルです。

事の発端は、カップヌードルを食べた神奈川県の女性がおう吐や舌のしびれを訴え、スープから防虫剤成分の「パラジクロロベンゼン」が検出されたことに始まります。

カップ麺に防虫剤成分 女性軽症 日清50万個回収へ

このニュースは10月24日発。そして10月下旬には「防虫剤などと一緒に保管しないようお願いします」というテレビコマーシャルが流れ始めました。

このスピード感!圧倒的です。リスクマネジメントの確かさが証明され日清食品、むしろ株を上げた印象さえ。

それにしても一週間程度でコマーシャルを制作し、テレビのCM枠にはめ込んでしまうとスピード感は、意志決定が遅々として進まない日本の大企業さんの中にあっては目の覚めるような離れ業、前準備されていたのかな?


報道によれば、日清食品は当初から「製造工程でのパラジクロロベンゼンの商品への混入はありえない」と一貫して主張。

一方で、日清カップめん 佐賀でも防虫剤成分 高濃度検出(西日本新聞10月29日)とかいう報道も出てきて混乱気味でした。

が、結果的にこの騒動の原因はタンス防虫剤の「移り香」ということで事態は急速に収束に向かっています。

(えー、移り香で、パラジクロロベンゼンが他のプラスティックで完全包装されている製品内に浸透するもの?と驚きを禁じ得ません)

パラジクロロベンゼンはタンスの防虫剤として需要の高い成分、日常的に家庭内で使用され毒性は低く、強い匂いがするものの多少体内に取り込んでも危険ではないとされています。

(なのに「おう吐や舌のしびれ」? ナゾはナゾを呼ぶ)

結果的に防虫剤と食品を一緒に保管したために防虫剤の「移り香」(うつりが)が食品に移り「残り香」(このりが)となったという判断で騒動は急速に終息に向かっています。


しかし、私にとってより大きな問題は、今年は中国ギョーザ事件や汚染米事件など続いてきたためマスコミも過剰に反応して必要以上に大きな事件のような盛り上げられた印象も。

日清食品はカップヌードル50万個の自主回収を発表されましたが、本当にされるのでしょうか?もしされたらそれら膨大な食品の行く先はどうなるのかと思うと同じメーカーとして心が痛みます。



(2008-11-14)
page top:▲
やせ香水やモテ香水などの機能性香水

機能性香水って何?


香水は化粧品業界ではファッションと見なされています。つまり、香水はお洒落のためのアイテム、自分自身の演出や楽しみのために用いられる小道具です。

だから、香水がアロマテラピーのように何らかの効果や機能性を追求して開発されることは欧米では多くありません。

世界的に香水はそいうものとして作られていますし、そいうものとして人々に楽しまれています。


香水にも機能性を求める日本


ところが、日本ではファッションとして楽しむ人も当然多いのですが、それだけではモノ足りず機能性を求める消費者の多さに海外のマーケッターたちは驚きます。

・ダイエット香水
・やせる香水
・結婚できる香水
・フェロモン香水
・スピリチュアル香水

たとえば、数年前は「やせる香水」や「ダイエット香水」が大流行でした。

これはグレープフルーツやラズベリーの香りに中性脂肪を燃焼させる働きがあることが研究発表されたことがキッカケでした。

「結婚できる香水」の大ブレイクも記憶に新しいですよね。


モテることはないフェロモン香水


永遠の定番「フェロモン香水」はネット販売の隠れたヒット商品です。香りはどうでもよく、完全に「モテる」ことがターゲットの機能性典型香水ですね。

香水である必要はありませんが、伝統的に「香水」として商品化されやすい。

私が知る範囲では、フェロモン香水で本当にモテるといった話は聞いたことがありません。


特別な人に受けるスピリチュアル系香水


スピリチュアル系香水も根強いファンがいます。

スピリチュアル系香水の制作に熱を上げる教祖の方々もおられます。「チャクラが開く香水」「宇宙エネルギー注入香水」などが存在します。

香りは心に影響を及ぼすモノなので私はスピリチュアル系香水はアリだなと感じる方です。


オー・デ・マジック


一時のブームに乗っかっただけの安易な製品でなければ、多種多様な香水が出てくることはよいことです。

それらが切磋琢磨して完成度の高い製品が生み出される可能性があり、香水の本当に凄い時代が来るかもしれなせん。

本来の香水とは境界線が限りなく微妙になりますが、まさに「魔法の水(オー・デ・マジック)」の時代です。意識改革がここでも起こるかも?

(2008-11-13)
page top:▲
2008年版コンシンのジェル
2008年版ローズ・エッセンス コンシンのジェル

バラの収穫は6月


2008年版だから、2008年のはじめに製造すればいいのですが、ブルガリアでのバラの収穫は6月。その年のローズオイルが私たちの工場に届くのはそれからずっと後になります。

収穫されたバラの花びらは蒸留されローズオイルとローズウォーターが採取されます。多くのローズオイルは、ブルガリアの首都ソフィアにある国立バラ研究所に集められます。


国立バラ研究所


ブルガリア中から集められたローズオイルは、熟練のブレンダーたちの鼻と手でブレンドされ、ヨーロッパ向け、米国向け、日本向けの3タイプのブルガリア産ローズオイルに分けられます。

ヨーロッパや米国向けというのはもともと意図した分類ではないのですが、結果的にそれぞれの国のバイヤーさん達が好んで同じタイプのオイルを買う傾向にあることから、3リージョン名が付いているそうです。

今後、中東や中国、インド、ロシアなどからの需要も増加するでしょうから、それぞれの国のバイヤーさんたちがどのタイプのローズオイルを選択されるのかちょっと関心があります。


日本と海外で違いがあるローズへの関心


ちなみに日本人のバラ好きは大変強く需要も高いのですが、韓国や台湾の方々はローズ系香水やローズ系スキンケアに対する関心は日本人ほどではありません。ローズのすばらしさを考えれば驚くほど無関心かな、と個人的に感じています。

中国では特に富裕層の間でバラが漢方薬の一成分として需要があるようです。中国の方々は日本人とはまた違った理由でバラを愛しているように感じています。


国立バラ研究所の役割


ブルガリアの国立バラ研究所で行われるブレンド作業はとても大切な工程です。ブルガリアンローズオイルの品質の安定化・一定化及びブランドの維持に大きな貢献をしていると思います。成分証明書(Certificate)の発行もブルガリアンローズオイルのブランディングに役立っています。

当社が仕入れるローズオイルは国立バラ研究所経由がベースで、プラス各地の蒸留所から直接仕入れることがあります。どちらがよいとは一言では言えませんが、同じローズオイルでもそれなりに違うことは確かです。天然物ですので。


世界中に出荷されるオイル


このようにブレンドされたローズオイルが一般の市場に出回るのは夏から秋になります。

結局、その年のローズオイルを使用して製造する『コンシンのジェル』はだいたい晩秋になります。といっても初冬を境にローズオイルは常温でも固まりだしますのでその前のタイミングで製造に入れるようスケジュールを組んでおきます。

2008年版『コンシンのジェル』ができ上がったのは11月初旬です。

今年も『コンシンのジェル』をお届けします。


(2008-11-12)
page top:▲