香水Bizブログ

日本の香水メーカー武蔵野ワークス
香水創りのブログ (誤字脱字多し、気になる方は近づかないで欲しい)

大酒飲みとライトなお酒

お酒の魅力


「人類最良の飲み物といえば母乳以外ではビール」ということわざがあったり「味わうべき酒はワイン」のようなことをおっしゃる方もいます。

お酒はふしぎな飲み物ですよね。


パワフルな大酒飲み達


昔は、酒好き同僚と飲みに繰り出す機会も多かったです。

いろいろな酒飲みがいましたが、大酒飲みの人たちは、概して、ライトでフルーティーな日本酒に批判的でした。

「水のような」酒は酔わないというのが理由でした。

そんな男達の愛するタバコは「ホープ」「ピース」「わかば」あたり。

愛する甘味料は「チクロ」。

寿司なら、重金属汚染リスクが高い「トロ」に限る。脂っこいほど旨い!に決まっている。

こういう人種はパワーがあります。


ライト香水へのご不満


中高年らしき女性の方にお電話いただきました。近年の香水は物足りないとのことです。

「ライトすぎる」という趣旨でした。お聞きすれば相当の香水通。

知らない香水についてロウロウとそのすばらしさを訴えられたのですが、どれも濃厚そうなものばかり。


ライト指向の現代


現代は、食品も酒もタバコも香水も、すべてライト指向です。

それに「小食」です。

香水のライト指向は、これは80年代後半から顕著になってきた世界的な傾向です。現代人は少し食べ過ぎただけでバタバタと糖尿病です。夜を徹して食べ続けたという本来のフレンチなどカケラさえなくなりました。

「淡泊」「ライト」「小食」には、現代人の生命力が細ってきている印象も受けます。

一方、戦乱が少なく比較的安定した社会を長く穏やかに生きるための人類の生理的な変化かもしれません。


(2018-01-17)
page top:▲
返答に窮す突然の電話
ある方からの電話です。文字通り電話を取った瞬間から再現します。

「もしもし、お尋ねします。仕事ありませんか?」

これを受けたのは私です。

「助走なしの垂直発射」という感じの質問です。

この会話の恐ろしさは、面食らったところでこの質問に素直に反応すれば、その返答は「YES」か「NO」しかありません。

「NO」の場合は、何か目的あって電話いただいたのに、何の情報も提供できないままデジタル式に会話が完了します。

現在募集をしていないという状況のため返答は「今は募集していません」でした。

「そうですか」と何かを達成したかのような声がして電話は切れました。

それきりでした。



もしも、直球でなく、自己紹介と電話の目的を簡単に説明した上での質問なら、当方の心の準備もできますし、質問の意図も読めます。

「まだましな返答の仕方もできたかも・・・」と自分の電話対応のまずさが悔やまれます。


同時に思うことは、昔なら「電話マナー」という一応のルールと形式があり、知らない人からの電話でも、その形式で会話も進行していました。

しかし、ケータイやスマホの普及で電話があまりにも身近になったせいか、イントロなしの"どストライク型"、増えましたよね。




次の例はオリジナル香水制作・OEMについての問い合わせの電話です。

自己紹介や事情説明なしに、いきなり

「もしもし、ミニボトルでオリジナル香水を作りたいわけよ、できる?」

返答に窮してようや言えた返事は・・・

「えーと、お客様、誰?」

(2018-01-14)
page top:▲
お部屋ごとに違う香りに
電話でご注文があると、まれに「どのようにお使いですか?」と香水の使い方についてお聞きすることがあります。

先日、ある奥様の場合、いくつかあるお部屋ごとに「沈丁花」や「すずらん」など違う香りをカーテンに付けるとのこと、ルームフレグランスとしてお使いらしい。

ご主人は自分の部屋に好きなブルガリ プールオムを「まいている」そうで、ご夫婦ともに香水やフレグランスを自分に付けることはあまりないそうです。

自分は庶民だと思いました。
(2018-01-13)
page top:▲
東京はバケモンでっせ
ローズウォーターとは、ローズオイルを精製する際の副産物です。

ローズの香りのエキスが溶けており、美容や化粧品の原料だけでなく、食品としてカクテルや紅茶などの味付けなどに利用されます。

ブルガリアではローズオイルの副産物ではなく、それを目的に生産することもあり、とくに品質が高いものがあります。

そんなローズウォーターからローションを生産している会社さんで高価な製品を拝見しました。社名はここではお出しできませんが、かなり高価なローズウォーターを使用されていることは事実です。


(私)「どこで売るんですか?」


(取引先)「あるエステサロンさん向けです。贅沢に使うらしいですよ」


そのサロンではこのローズウォーターを使用したコースは1回10万円とのこと。

しかし、人気があるそうです。社長さんはニッコリと付け加えました。


(取引先)「国分さん、東京はバケもんでっせ。そんな大金を払える人がゴロゴロしていますから」


(2018-01-13)
page top:▲
香水通販ですか・・・
「香水の通販ですか・・・世界的なブランドならまだしも、オリジナルブランドを通販でね・・・」

といった内容です。ベンチャーキャピタルさんは化粧品分野への投資はご関心薄なようで。まして、香水はカスのように思われています。

いえいえ、当社がどこかに出資をお願いしようとして聞いたわけではありません。ベンチャーキャピタルや投資会社さんとは昔の縁あってお話する機会があります。

香水ビジネスの話をしてみると、おおむねこのような態度です。

日本では香水市場はまったく無視されたマーケットではあるものの、しかし、競合が少ないニッチな市場ですから逆に狙い目な部分はあると思いますけどね。

(2018-01-13)
page top:▲
香水の量り売りって素敵、でも難アリ
味噌でも酒でも、最近のデパ地下では量り売りがあります。新鮮そうだし、高級そうだし、なんとなくお洒落に感じます。

樽から焼酎や酒、ワインをボトルについでくれる気の利いた酒屋も増えてきました。空瓶ぶらさげて夜道を買い出しに行くおとうさんの姿は、ちょっと風情があります。

・・・という発想で、香水の量り売りをしてみたいな、と感じています。店に入れば、ちょっとバーみないな感じで、詰替ボトルに希望の量だけ詰める、ってのはクールかな?

環境的には理にかなったシステムですが、薬事法違反なのでこういったお店が実現することはないですね。たぶん、先進国ではたいていやれません。
(2018-01-13)
page top:▲
search
Blog2(72), ブルガリアンローズ(24), ローズジェル(21), 花の香り(21), 香水セミナー(18), moved(18), 香水ボトル(17), 人生(17), ベタガード(16), 白檀香水(15), 練り香水(12), メンズ香水(12), ムスク(11), 香りの話題(11), 香水ビジネス(11), 銀の抗菌防臭(10), 精油(10), モテ香水(10), 『香る生活』(10), アイテム(9), ローズウォーター(7), 香水ニュース(7), 体臭(6), ベチバー(6), 香りと無関係な話題(5), スキンケア(5), 香りと健康(4), 企画・イベント(4), 調香師(パフューマー)(4), ネイルケアこまめ(4), アンチエイジング(4), アロマテラピー(4), お茶(4), 廃盤&復刻(4), 使い方(3), 店舗(3), 香水の悩み(3), 香水カグー(3), 香辛料(3), OEM(3), コスメ名言(3), メルマガ(3), 安眠と香り(3), 感想(3), 化粧品原料(3), お客さま投書(3), ブランド(2), 使用期限(2), 動画(2), 5月の贈り物(2), Amazon(2), 香料(2), sns(2), スモカワ(2), ローズ香水(2), 香水の販促(2), エコ・プロジェクト(1), 香水「摩天楼」(1), スリーピングミスト(1), 沈香(1), 香水月桃(1), 悪臭(1), モバイル(1), ローズマリー(1), ろうばい(1), 犯罪(1), ローズの贈り物(1), 香水の取り方(1), ユリ(1), ハニーサックル(1), プチギフト(1), フェロモン香水(1), 商品開発(1), 社内風景(1), 香水展示会(1), 香水市場(1), 検索ワード(1), スピリチュアル(1), 香水の落とし方(1), お酒と香水(1), 嗅覚(きゅうかく)(1), ジャスミン(1), シャワージェル(1), マスコミ(1), 香木系の香り(1),