香水Bizブログ

日本の香水メーカー武蔵野ワークス
香水創りのブログ (誤字脱字多し、気になる方は近づかないで欲しい)

今年、廃盤が増えました (販売終了リスト)
3月・4月は別れと出会いの季節です。学校や職場ではいろいろなドラマが展開中のことと思います。当社では一部の製品が卒業予定です(2016/03/02)

3月・4月、出会いと別れの季節
※3月・4月は出会いと別れの季節


新作と廃盤の季節


海外では、3月・4月といえば「よくやく春が来た」という喜び一色のハッピーシーズンに違いありません。日本では春の喜びとともに別れと出会いのイベントが押し寄せますから、ちと複雑な季節です。

当社では、この季節だからといってスタッフの入社や転勤があるわけではありませんが、例年、新作をリリースする季節として定着しています。一方で廃盤の製品もこの季節に多く決定されます。

製品はモノですが、長年、自分たちで制作し、自分たちで販売していると「廃盤」という事実がやや寂しく感じられることは事実です。


最新の廃盤リスト


最新の廃盤リストを更新しました。

わあー、いろいろありますね。


廃盤になる理由


廃盤をアナウンスすると

「まさかこの製品が廃盤?」

「この製品はなくさないで欲しい」

「やめてー」

といったコールをいただくこともあります。ありがたく光栄です。

おそらく、どうして廃盤になるの?という疑問を持たれる方もおられると思います。

もっとも直近では「青山路」が廃盤になりました。この製品は当社創業間もない頃からの製品で、長年愛用して下さっているお客様も存在するだけに苦しかったのですが、この製品に関しては原料の一部が入手できなくなったという事情が大きく、廃盤となりました。

香水の原料である香料の問題が、廃盤要因としては現状一番多いと思われます。

しかし、当然「あまり売れないから」というビジネス上の理由も大きな要因です。


廃盤だからダメな商品といわけではない


これが原因だと、お客様に「そんなにダメな商品だったのか」とネガティブな印象を与えかねないため廃盤理由の公開もはばかられるますが、今日は特別に販売不振が原因で卒業していった製品を少しご紹介しますね。

・空山

・菊

でも、この2品、個人的はとても好き香りでした。

「空山」は他ブランドでは見たこともない風格がありましたし、「菊」はエキゾチックなナチュラル感がたまりませんでした。「なぜ人気がなかったのだろう?」と時々思い返すこともあります。

が、作り手側の思いとマーケットの動きが正比例しないことは、ある意味、自然な現象ですよね。

これからも製品作りを通して、いろいろな香りとの出会いと別れがありそうです。


(2016-03-02)
page top:▲
切手風の新ラベル、4月の新作でお披露目
切手風ラベル
※4月の新作から投入予定のラベル


当社主力商品フローラル・フォーシーズンズのラベルは、長年、縦長のラベルでした。当社では「タペストリー」と呼んでいましたが、2016年の4月新作とリニューアル製品から、切手風のラベルに変更します。

この切手風は「スタンプ」と当社では呼ばれています。


奇抜だけど昔流行ったような・・・


このデザインはデザイナーからの自主的な提案でしたが、社内では、賛否分かれました。多くのスタッフの意見は、

「おもしろいけど、昔流行ったようなイメージがあるので、・・」

「最初はいいけど、長く愛されるにはシンプルなデザインの方がよいのでは」

「香水が雑貨風に取られるリスクも」


と言った慎重派が優勢でした。

・・・という私も最初は慎重派でした。

ネガティブと言えば、ネガティブではありますが、ムダに冒険していると体力・コストがムダに消耗しますので、小さな企業はそれほど冒険できないのも事実。

会社も悩みましたが、デザイナーの強い熱望に押されて、経営側が「冒険してみるか!」と最終的にGOとなりました。


お客様がどう感じられるのか、今後のご意見が楽しみです。



(2016-03-02)
page top:▲
年間カレンダーと20周年記念
年間カレンダー
月初に更新中


年間の イベント・カレンダー のページを作成しました。1月には作成していたのですが、遅ればせながらお知らせいたします。

毎月、月初に更新するようにしております。


小平オフィスでのセミナーは?


昨年は何度か、小平オフィス(東京都小平市)にて調香セミナーを開催しました。

当社は、場末の古い町工場の中にあります。人様には前向きにお見せできる事務所ではありませんが、「小平事務所で再度、調香セミナーお願いします」というご要望をパラパラといただいております。

5月末くらいでしょうか?・・・企画中です。


創業20周年


今年、当社は早くも"創業20周年"。

20周年記念として何かしなければ、とスタッフ一同、企画を思案中ですが、まだアイデアが緩いです。緩すぎでこのまま何もせず終わるかも(ちなみに10周年記念は何もしませんでした)



(2016-03-02)
page top:▲
リフィル用の香水ボトル
1ヶ月前に「香水で、リフィルってあり?」という記事を投稿しましたが、その後の進捗状況です(2016/03/01)

香水用リフィル・エコボトル
試作中のアルミキャップ


取り外しできるスプレー


今回のプロジェクトは「香水ボトルをもっとエコな方式にできないか」という発想から始まりました。

といってもリフィル(詰め替え商品)の一般的なイメージであるアルミパウチでの販売は現状考えていません。

ネジ式キャップの香水ボトルで販売し、スプレイヤー(スプレー)とキャップを自由に取り外し・交換・装着できる方式が今のところベストに思えます。


香水ボトル用のキャップがない


スプレイヤー(スプレー)タイプの香水は広く普及していますので、世界にはいろいろなスプレー・メーカーがあって、いろいろ製品があります。

ネジ式スプレーの仕入れ自体はそれほど大きな問題ではありません。しかし、キャップとなると、これが、そもそもモノがありません。

「え?」

と思われるかもしれません。香水ボトル用のネジ式キャップはほとんどありません。一つには、単純に今まで需要がなかったためと思われます。

その他、香水瓶の注ぎ口に関して、サイズや深さ、ネジの巻き数などは世界的に規格化されておらず汎用的な製品が作りにくいという事情もあるでしょう。


キャップの金型製作


そこでネジキャップ・タイプの香水瓶を作るとしたら、そのキャップは「金型から作る」ことになります。

金型は、会計上「固定資産」と見なされます。つまり、会社の財産となるだけに、それなりのお値段・初期投資が発生します。

しかも、一度製作された金型はほぼ変更はできませんので、乗るか反るかのリスクもあり、小さな会社にはたいてい腰が引ける話なんですよね。


他社様と共同で金型製作


金型製作がリスキーなので、どうしたものか、と案配していたところ、たまたま問い合わせたある大手のガラス瓶メーカーさんが当社と同じリフィル型の容器開発に関心がおありで、しかもモックアップのキャップをすでに制作されていました。

「渡りに舟」ということわざがありますが、文字通り「渡りに舟」な展開、うれしかったですね。

ガラス瓶メーカーさんとしても関心はあるが具体的な案件なしに金型製作はリスクが高いとして膠着状態だった模様です。この2週間、話し合いと折衝を通して当社が金型製作コストの一部を負担することで、このプロジェクトは動き出しました。


リフィル・エコ プロジェクト


当社では今回の案件を「リフィル・エコ プロジェクト」と呼んでリフィルタイプ香水の商品開発に入りました。

キャップの金型は1ヶ月程度でできますが、耐久性や液漏れテスト・時間加速テストなどありますので、早くても夏に初代製品をリリースできるかどうか、といったスケジュール感になりそうです。

また、仮に問題なく進行しても、すべての商品をすぐに切り替えることは不可能で、数年かけて段階的にリフィルタイプの容器に移行したいと夢を描いています。



(2016-03-01)
page top:▲
香水のリフィル
香水をアトマイザーに小分けしたいという要望は、案外多いのですが、スプレー部分をはずせない香水が多い。よってリフィルという発想もありません。思案中(2016/02/01)

リフィル香水ボトル
香水瓶のスプレー部分の例 (左がカシメタイプ、右がネジタイプ。ネジタイプは首が長くなる傾向があります。見分け方は外見だけではわかりにくく、手でひねって取り外せればネジタイプ)


香水スプレーの接合方法「カシメ」とは?


香水ボトルでネジ式のスプレーは非常に少なく、大半の香水はスプレー部分はずせない仕組みになっています。

スプレーの金属部分を圧着して接合する方式を「カシメ」と呼びます。漢字では「加締め」と書きます。カシメる機械や器具が加締器や加締機です。

カシメは香水用語ではなく、金属パーツを圧着や溶接で接合するものは一般に広くカシメと呼ばれます。

たとえば、鉄骨や鉄板を接合するネジに似たリベットは胴体部分をハンマーなどで叩きつぶして金属同士を接合します。

皮革製品の穴などを補強するハトメ(真鍮金具)もカシメの一種と言えます。それを言えば、ホチキスだってカシメですね。

香水のスプレー部分の底辺は、おおよそスカートのような形状のアルミ素材で、これをガラス瓶の口にかぶせてスカート周囲を専用装置で圧着してできあがります。

香水瓶とスプレー部分の接合タイプは、カシメ式かネジ式の2種類で他はあまりありません。


世界ではカシメ式が優勢


香水のスプレー部分をカシメにする理由は主に2点です:

(1)香水の液体漏れ防止
(2)異物混入防止

ネジ式だと配送中に緩むリスクがあります。実際、当社も以前はネジ式の香水ボトルを使用していた時期がありますが、このトラブルは多少経験があります。

香水メーカーの人間からすればネジ式は若干心配ですね。

また、ネジ式には輸送中や商品の展示中に悪意ある第三者による異物混入リスクもあります。

それを回避するためにもカシメ式が好まれます。とくに欧米の大手ブランドさんでは、だいたいカシメを採用しています。


日本ではネジ式が好まれる


一方、日本のマーケットではネジ式が一般に好まれます。その理由は:

(1)小分け需要があること(スプレー部分をはずせること)
(2)分別廃棄の需要

日本ではゴミ廃棄に関して分別廃棄しやすいことが消費財製品の条件の一つとして求められます。

以前、アメリカ人に聞いた話ですが、日本の分別廃棄をみて「アメリカではありえない!」と言っておられました。不要なモノは、なんでも丸ごとゴミ箱に「直行」らしいです。


世界的なエコ意識の高まり


当社は、香水ボトルの使い捨てに以前からモヤモヤしたものをもってきました。

しかし、香水ボトルの主要生産国であるヨーロッパでは日本のような分別廃棄の意識がまだ高くないのか、ネジ式ボトル自体があまり作られていません。

一つには、ネジ式は一般にボトルの首が長くなりがちで、デザイン的に美しくありません。香りだけでなく見た目も格調高くなければならない香水ボトルですので、多くのクリエイターからノーと言われやすい事実もあります。

しかし、近年、世界的なエコ意識が加速・浸透してきており、さまざまなコスメ商品にもエコ・ムーブメントが見られるようになってきました。たとえば、リフィル方式もそのムーブメントの一つです。

香水におけるリフィルは、自然、ネジ式ボトルへの移行を意味します。


現状、チョイス可能な香水ボトルがない


「香水にもリフィルがあってもいいのでは?」という意見は、まだ一般的ではありませんが、考えている香水メーカーはあるはずです。

当社もその一社です。

しかし、実際、チョイスできるボトルは今のところほとんどありません。ここが悩みどころです。

国内外の香水ボトルメーカーさんに問い合わせてみても、リフィル可能な香水ボトル(かつ、デザイン的・機能的な条件を満たすモノ)を取り扱っているところは今のところ見いだせません。


オリジナルボトルはリスクが高い


ガラスボトルは、お金をかければオリジナルでも作れるのですが、完成度という点でこちらも悩ましい。

ボトルの原型となる金型の製作には、最低100万円は必要です。

その上、液漏れリスクやデザインの完成度の問題を考えると、大手さんでさえ、オリジナルの香水瓶を制作するところは非常に少ないのが現状なんです(商品サイクルが短くなり、オリジナル制作をする余裕がなくなっているという事情もあり)。

またオリジナルボトルは、タイム・ツー・マーケット(デザイン・設計から品質が安定し市場投入可能になるまでのリードタイム)が、1年や2年かかることもあり、たかが香水瓶なのに案外苦労させられる点で、オリジナルボトルに対して腰が引ける要因となっています。


香水のリフィル、イメージも大きい


リフィルとは「詰め替え」のことですが、「詰め替え」といえば、たいてい安価なプラスティック袋に入った液体で、お買い得プライスになっているイメージがありますよね。

これも、高級化粧品がリフィルタイプへ移行する際の大きな障害になっています。

リフィルに移行する行為自体が、商品イメージを損なうのではないかという恐れがあるためです。

しかし、エコな製品を今後作っていかなければ「環境に対して優しくない企業」というイメージは避けがたく、将来大きな打撃になるだけに、どこの化粧品メーカー・ブランドさんにとっても大きなテーマとなってきました。

そこで展示会などでは、エコ型コンセプト商品が出始めています。

2015年はエコ型コンセプト商品の小出しがちらほらと始まった年だったと私は感じています。


今年はリフィルタイプの香水瓶を投入したい


当社も長年の課題であるリフィルタイプの商品を、今年は、テスト投入できないかと現在準備中です。

まだかなり緩いレベルで具体的な内容をおしらせできませんが、同じフルボトルを年間10本や20本購入されるヘビー級のお客様向けとなるでしょう。

リフィルタイプの香水なんて、香水には、ちょっとなじまないかもしれませんが、そんな部分も含めて、消費者のみなさまからどのように評価されるのかチャレンジしていきます。


※(2016/02/29)続報 → 「リフィル・エコ プロジェクト」

(2016-02-02)
page top:▲
ボトル入荷と「白檀」の再開予定
資材(香水ボトル)の欠品で、いくつかの商品で在庫切れが発生中ですが、今月末には再開できそうです(2015/01/04)


「白檀」、今月末再開予定です


在庫切れ中の「白檀(サンダルウッド)」は今月末、再開予定です。重要なパーツであるボトルが欠品を起こし、生産できずにおりました。今月ボトルの入荷が決定しましたので、入荷次第「白檀」の生産を開始いたします。



カネさえ出せば買えるというわけでない


昨日の記事 去年もいろいろありました にも書きましたが、去年は香水ボトルの入手で一苦労しました。

現代社会はモノがあふれています。だから注文すれば、何でもすぐ買えるとばかり思いがちですが、そうでもない場合もあります。



大震災で体験したモノ不足


個人的には、2011年の東日本大震災は、記憶に新しい「買いたくても買えない」体験でした。

化粧品業界では、あのとき被災したエリアの工場が操業停止に追い込まれて、原料が入手できない、容器が入手できない、などかなり大騒ぎをしていました。

カネは払うからと言っても「ないものはない」という状況が数ヶ月から半年。事態は穏やかに改善していきましたが、あのときはわずかに残っている資材や原料を売ってもらえるかどうかで、工場(メーカー)とバイヤーの関係が微妙に逆転して、なかなか新鮮でした。



大企業さんはスモール企業の都合では動いてくれない


今回は瓶メーカーさん(仏SGD社)の都合で納期が半年にも及ぶ結果となりました。

こちらの会社さん、世界のハイブランド向け香水瓶を世界規模で出荷する会社さんだけに当社のようなスモールカンパニーはそれほど関心がないのは当然のことです。

今回のように1万本程度の発注でなく、100万本と言えばすぐ制作してくれたと思いますが、当社規模ですとそんな巨大ロット、逆立ちしても回せません。スモールカンパニーはひたすら待つのみです(といっても今までは長くても3ヶ月)。

世界中のオーダーがある程度のバルクになるまで生産できなかったという事情もあるでしょう。ガラス瓶工場の仕組みをある程度、私も知っているのでこの事情わかります。

この種の工場は一度、火を入れると24時間・365日体制で作り続けることが一番効率がよいのです。たとえば、リポビタンDのボトルのように年間数億本単位で作ることが工場側の理想です。



在庫切れ商品、今月末から順次、再開予定です


昨年後半から在庫切れを起こすアイテムがちらほらでてきていましたし、昨年末には毎日継続的に売れている「白檀」がついに尽きて「在庫切れ」となっていました。

お客様からの問合せにも「いやー、いつに再開できるか、わからないんですよ」とは言えずに悶絶気味でした。

ようやく「1月末再開」をお知らせできます。

ながらくお待たせして恐縮です。今しばらくお待ち下さい。


(2016-01-04)
page top:▲